漫画で人生にワクワクを

暁のヨナ【第22巻ネタバレ】真国の姫との新たな出会い

花とゆめで連載してる草凪みずほ先生の『暁のヨナ』第22巻を読んだので、ネタバレありで感想&レビューしていきます。

花ちゃん

ついにハクへの恋心を自覚したヨナ♡

前回の話は、以下の記事でまとめてるので、読んでない方は先にご覧ください。

直近ネタバレ
23巻 全話まとめ 21巻
前回あらすじ

処刑台に吊るされたリリを救出に向かう高華国の面々。間に合わないと思われたその時、ハクとスウォンが共闘したことで、リリは助かります。ヨナが無事だったことに安堵をみせるハク。ヨナは自分がハクに特別な感情を抱いていることを自覚するのですが…。

[トップ用(まんが王国)]

文字のみのネタバレになるので、漫画をちゃんと読みたい!!という方は、まんが王国なら『暁のヨナ』を初回半額&お得に読むことができますよ。

以下、『暁のヨナ』第22巻のネタバレが含まれています。

暁のヨナ 第22巻ネタバレ

斉国との一件も一段落し、水の部族領に帰ってきたリリ。

英雄となったリリに会いたいと助けられた人たちが大勢押しかけてくる中、スウォンが直々にお見舞いやってきます。

2人がいるところへ、ちょうど見舞いにやってきた地の部族長・グンデ。

グンデはスウォンとリリがイイ仲だと誤解したまま帰っていきますが、リリの憧れの人は実はグンテなのでした。

ガールズトーク

夜、ヨナらがリリの所へ会いに来ます。

会えたことを心から喜ぶ2人。

リリはグンテがお見舞いに来てくれて、いい女になったと褒められたと嬉しそうに報告。

そんなリリに、グンデは既婚者だと冷静に諭すヨナ。

既婚者であることを承知の上で、それでも好きなのだと言うリリ。

その流れでヨナも、ハクに格好良い女だと褒められたことを照れながら話します。

楽しそうに恋バナを楽しむ2人なのでした。

かんざし

奴隷の所持品を回収したリリによって、ヨナの例の簪は取り戻されていました。

その荷物をリリはハクに託します。

その簪を鬱蒼な表情でみつめるハク…。

 

翌日。

ハクはその簪をユンに渡しヨナに返しておくように頼みます。

しかしユンはその簪を誤って崖下に落としてしまいます。

危険を冒しても簪を拾い上げに行こうとするハク。

四龍はその簪がスウォンからヨナへの贈り物で、ヨナはスウォンに想いを寄せていたことを知ります。

 

ハクは簪を拾いに行きながら考えます。

スウォンはなぜヨナに簪を贈っておきながら、イル王を殺せたのか…。

ハクが一番許せないのはそのことなのでした…。

真国のタオ姫

山中を歩くヨナ一行は突然、何者かに囲まれます。

警戒するハクと四龍たち。

しかし彼らは自分たちの主・真国のタオ姫に会ってほしいと言います。

高華国と真国の未来のためと懇願され、真国へ行くことにするヨナたち。

 

真国は今、第一王女・コウレンの開戦派と、第二王女・タオ姫の非戦派の2つの派閥に分かれていました。

タオ姫は真国の戦闘力を考えた結果、高華国の属国になることを決意していました。

四龍とヨナたちに会いたかった理由は、真国と高華国の戦争を回避すべく、高華国の王スウォンに取り次いでもらいたかった為。

しかし自分たちはスウォンの配下にないと説明するヨナに、タオ姫は客人として歓迎することにするのでした。

・・・・・

ヨナ一行は、ご馳走でもてなされます。

しかし急に腹痛を感じるヨナ。

ヨナが女子特有の不調を、男どもしかいない一行の誰にも言えないことを察したタオ姫。

ヨナを寝室へ連れて行きます。

タオ姫の気遣いに、安心と温もりを感じるヨナ。

奇襲

夜、タオ姫は奇襲を受けます。

住まいに火が付けられ、燃やされます。

タオ姫の周りはすでに火の海。

絶望的なところへゼノが駆けつけ、自分が柱になるから逃げるように言います。

自分は死なないから大丈夫だと言うゼノ。

驚くタオ姫…。

 

『暁のヨナ』第23巻ネタバレに続く

スポンサーリンク

暁のヨナ第22巻の考察・感想

ヨナ、ハクが好きだとはっきりと自覚しはじめましたね♡

これでヨナハクの恋も少しずつ動きそうな気がします!!

ヨナが好きにならないことにはこの恋は何一つ進展しないので…。

ヨナのリアクションが可愛い♡

まぁこじらせハクさん相手なので、なかなか伝わらないんでしょうね。

 

さて1話から登場しているヨナの簪。

当時、後々こんなにキーとなる代物だとは気づかず…。

思った以上の活躍に、驚いてます…!

 

簪によって垣間見できたハクさんの思考。

スウォンはなぜ簪をプレゼントした直後にイル王を殺したのか。

この行動が許せない気持ち、よく分かります!!

ここの行動の不可解さは、物語の序盤からある疑問。

スウォンの言動の全てはイル王を暗殺する為で、ヨナやハクに対する言動は全て偽りだったと…。

簪を贈ったのも、ヨナを喜ばせた挙句に地に落とす為。

実はヨナを憎んでいたから。…ぐらいしか普通に考えると、この行動の理由が予想できません。

しかしその後、物語を読み進めても、そうは描かれていないスウォン像。

そしてハクとヨナに対しては、今でも愛情を持っている描写が何度も出て来ています。

案外素直な男だというふうに描かれているスウォン。

なのに何故あのような行動になったのかという疑問…。

この辺の答え合わせは、まだまだ先な気がします。

なんだかんだでもう22巻ですが、未だに事件の真相に直接辿りつくようなヒントをほとんどくれないんですから…!

どんと構えて待ってるしかないと言うか…。

 

けれどスウォンのことで、現時点でわかってることが一つ。

スウォン、ヨナ好きですよね。

作中、スウォンが女性として意識している描写が見られるのは、ヨナだけ。

同じ年頃の女性でも、リリには一切見せませんよね。

読者的にもヨナ的にも今更だよとも言いたくなりますが…。

でも確かにスウォンはヨナへ恋心を抱いてると思います!

このスウォン自身、当然認めれないし、絶対に他言する気などないでしょうね。

でも自分の気持ちなのに、ままならなくなってしまうのが恋愛というもの。

物語の終盤にかけて影響をみせるのでは?!と個人的に期待してます!

 

さて、新キャラがぞくぞくと登場♡

真国の姫様・タオ姫と、ヨナが仲良くなれそうでよかった!

最近、リリやらヨナに女友達と呼べる子の登場が増えて、嬉しい限りです。

そんなタオ姫のピンチに、駆けつけたゼノ!

ゼノの能力を知らないタオ姫ですから、身体を張って自分を守ろうとするゼノに、当然驚いてます。

ゼノは大丈夫だとは思いますが、続きが気になりますね!!

『暁のヨナ』ネタバレ一覧【最新話更新中】

『暁のヨナ』を初回半額&お得に読む方法

[暁のヨナ訴求]

まとめ

以上、『暁のヨナ』第21巻のネタバレになります。

文字のネタバレだと、細かい描写などは伝わらないし、面白さも半減してしまいます。最近は電子書籍のおかげで場所を取らず、安く漫画を読めるようになってますよ。

『暁のヨナ』を集めようか迷ってる方は、こちらも参考にしてください。

『暁のヨナ』関連記事