漫画で人生にワクワクを

暁のヨナ【第197話ネタバレ】亡きヨンヒへ向けたイルの手紙。

花とゆめで連載してる草凪みずほ先生の『暁のヨナ』第197話を読んだので、ネタバレありで感想&レビューしていきます。

花ちゃん

今回で回想が終わります!

前回の話は、以下の記事でまとめてるので、読んでない方は先にご覧ください。

直近ネタバレ
198話 全話まとめ 196話
前回あらすじ

ユホンが亡くなってから、ヨンヒはショックのあまり食事も喉を通らない日々を送っていました。ある晩。ヨンヒはスウォンが護兵たちとユホンの死の真相を探っていることを知ってしまいます。ユホンの最後を見届けたケイシュクの話によると、ユホンにカシを殺されたイルが復讐のために背後から剣で刺したとのこと。真実を知ってしまったヨンヒに、スウォンは“自分が父上に代わりになる”と告げるのでした。

[トップ用(まんが王国)]

文字のみのネタバレになるので、漫画をちゃんと読みたい!!という方は、まんが王国なら『暁のヨナ』を初回半額&お得に読むことができますよ。

以下、『暁のヨナ』第197話のネタバレが含まれています。

暁のヨナ 第197話ネタバレ

ヨナは残りわずかとなったヨンヒの手記を読み進めます。

隠された手紙

自身が大神官に偏見を抱いたせいで、多くの命を奪ってしまったと苦しんでいたヨンヒ。

手記の最後には、この死の連鎖を何とかして断ち切りたい、どうか和解の道を探してほしいという願いがイルに向けて記されていました。

ヨンヒは、将来スウォンとヨナが憎み合うことを恐れていたのです。

・・・・

手記をすべて読みえたヨナは、父上はどんな気持ちで読んでいたのだろう…と考えます。

その時、手記に挟まれている栞の中に何か入っているのを発見したヨナ。

それはイルがヨンヒに宛てて書いた手紙でした。

イルの想い

ヨンヒに届くことはなかった、イルの手紙。

そこには、兄・ユホンやカシに対しての想いが綴られていました。

幼い頃から性格も思想も自分と違い、民に愛される兄に劣等感を抱いていたイル。

緋龍王の血筋のヨンヒがあらわれたことで、長年ガマンしてきた“妬み”が一気に噴き出してしまったのだと言います。

イルが最後にユホンに伝えたかったのは、ユホンがヨンヒを大切に想うように、自分もカシを1人の女性として愛していたということ。

決して騙されている訳ではないということを理解してほしかったのです。

王に向いていない自分は、いずれスウォンに殺されるだろう。

自身の運命を受けいれていたイル。

自分が死んだあと、スウォンはヨナを切り捨てるかもしれない…

イルがヨナの相手にスウォンを選ぶことができなかったのは、そんな不安があったからでした。

何があってもヨナを裏切らない者をそばに置いてあげたいと、イルは考えていたのです。

・・・・

ヨナは手紙を栞の中にもどし、手記を胸に抱きしめるのでした。

 

『暁のヨナ』第198話ネタバレに続く

スポンサーリンク

暁のヨナ第197話の考察・感想

ヨンヒがどんな思いでイルに手記を託したのか、想像すると胸が痛いですね。

せめてイルの手紙がヨンヒのもとに届いていたならば、少しは救われたはずなのに…

カシもヨンヒも、そしてイルも、みんな大切な人を残し亡くなったんだと思うと、いたたまれない気持ちになってしまいます。

ユホンとイルは決して憎み合いたいわけじゃなかったのに…

兄弟だからこそ、分かり合えないもどかしさや葛藤があったのかなぁと思いますね。

執務室に手記があったということは、スウォンはすでに読んでいるということでしょうか。

栞の中のイルの手紙にも気づいているかもしれません。

自身が母・ヨンヒと同じ緋の病を発症した今、スウォンは何を思っているんだろう…?

“父親の代わりになる”ことを目標に生きてきて、誰にも弱音を吐けずに苦しかったんじゃないかなぁ。

スウォンを救ってあげることができるとしたら、ヨナ以外にいないですね。

真実を知ったヨナはスウォンを許すことができるのでしょうか…?

『暁のヨナ』ネタバレ一覧【最新話更新中】

『暁のヨナ』を初回半額&お得に読む方法

[暁のヨナ訴求]

まとめ

以上、『暁のヨナ』第197話のネタバレになります。

文字のネタバレだと、細かい描写などは伝わらないし、面白さも半減してしまいます。最近は電子書籍のおかげで場所を取らず、安く漫画を読めるようになってますよ。

『暁のヨナ』を集めようか迷ってる方は、こちらも参考にしてください。

『暁のヨナ』関連記事