漫画で人生にワクワクを

暁のヨナ【第182話ネタバレ】キジャとジェハが大暴れする意味とは

花とゆめで連載してる草凪みずほ先生の『暁のヨナ』第182話を読んだので、ネタバレありで感想&レビューしていきます。

花ちゃん

武術大会が始まりました!

前回の話は、以下の記事でまとめてるので、読んでない方は先にご覧ください。

直近ネタバレ
183話 全話まとめ 181話
前回あらすじ

武道大会とはいっても明らかに八百長をしようとしているジュドとグンテに対して個人的にはちょっとショックを受けてしまいました。そんなことする2人じゃなかったはずなのに、スウォンにはここまで尽くすんだなと。そして、この気配を察しているキジャ・ジェハとどんな試合をするのでしょうか。

[トップ用(まんが王国)]

文字のみのネタバレになるので、漫画をちゃんと読みたい!!という方は、まんが王国なら『暁のヨナ』を初回半額&お得に読むことができますよ。

以下、『暁のヨナ』第182話のネタバレが含まれています。

暁のヨナ 第182話ネタバレ

ジェハとグンデの戦いを見て、違和感に気づいたスウォンはケイシュクに問います。

十分な謝礼を用意してお願いをしたと答えるケイシュク。

グンデが勝負に水を差されることを最も嫌うことを告げ、スウォンはやんわりと不快感を露にします。

それまで黙っていたヨナが、なぜケイシュク参謀の勝手を許しているのか尋ねます。

武道大会は、しばらく催してなかったので必要だと思ったからだと答えるスウォン。

続けて、隣に座らせた事が気に障ったのなら別の席を用意させるとスウォンは言いますが、ヨナは案内された椅子に腰かけてるだけで大したことではないと表情を変えずに答えます。

ケイシュクが、客席で見ている雷獣はそう思っているでしょうかと口をはさんできますが、ハクはあなたの思い通りになんかならないと、ヨナは斜め下をむいたまま返答します。

しかしハクが動くと予想しているケイシュク。

従う気がなければ生かしてはおけないと思い、兵にハクを監視させるのでした。

戦いの行方

キジャが右手で地面を割り、凄まじい威力でジュドを猛追します。

闘技場がボロボロになっていくのを見て、圧倒されている観客たち。

必死に受け身に徹するジェドは大暴れするキジャを見て、なぜここまでやるのかと理解ができません。

舞台のかけらが客席に飛ばすキジャ。

・・・

今度ジェハが右足を使って地割れを起こすほどの一撃を打ち込むと、舞台はバキバキと音を立てて広範囲に崩れます。

もしこの一撃を受けたら体が砕けると感じ、驚きを隠せないグンデ。

地割れで打ちあがった岩を蹴り飛ばしてジェハは攻撃を続けます。

止まらない攻撃

2人ともが激しく暴れるので、スウォンがいる観覧席のところにまで岩が飛んできます。

スウォンをかばうように前に出たケイシュク。

ジュドとグンテは顔色を変えますが、スウォン達にはけがはありませんでした。

観客からグンテとジュドに四龍を止めろという文句の声が上がりますが、当初の計画とは大きく違い、防戦一方のジュドとグンテにはどうすることもできせん。

観客席にいるユンは、今のはスウォンを狙ったのかなとハクは尋ねますが、キジャとジェハの暴れる様子をひたすら黙って見ているハク。

暴れる意味

ケイシュクは、スウォンとヨナを守るように指示を出します。

必ずハクがこの騒ぎに乗じてスウォンを殺し逃げる気だと言い、兵士を向かわせます。

何も言わないスウォン。

・・・・・

観客席にもどんどん岩が飛んでくるので、座ってられない観客は逃げていきます。

ひときわ大きな岩が飛んできますが、片手で軽く止めてポイっと捨てたハク。

周囲の観客からどよめきが上がります。

ハクの動きに、威嚇するケイシュクの兵。

しかしその兵の顔面に飛んできた岩を、ハクが片手で受け止めます。

その兵はハクに助けられるのでした・・・。

最後の仕上げ

グンテはどうすればジェハを止められるかを模索しますが、ジェハの攻撃はやみません。

ジェハがグンテに「君の後ろには誰がいる?」と言い、岩を飛ばしそうな体勢になります。

グンテの後ろにいるのは、グンデの妻のユウノ。

顔色が一瞬にして変わり、先ほどまでとは全く違う動きでジェハを切り捨てるグンデ。

これを見たユウノ、リリ、ユンは動揺を隠し切れず、ヨナもかすかに表情が変わります。

ハクは表情を変えないまま。

 

気を失うようにして倒れてしまったジェハとキジャ。

その様子を天幕から静かに見守るシンアとゼノ。

 

その時ハクが動いたので、それを見たケイシュクはハクを捕まえるように指示を出しますが、スウォンはハクが自分のことなど興味はないと止めます。

ヨナがもう大会をやめるように促すと、まだ青龍と黄龍が出ていないと返事をするケイシュク。

しかし青龍と黄龍の能力を見せたくないからの戦い方だと判っていたスウォンは、会場もめちゃくちゃでお披露目どころではないと取りやめることに応じます。

そんなスウォンの視線の先には、ハクがジェハを抱えているのでした――・・・。

 

『暁のヨナ』第183話ネタバレに続く

スポンサーリンク

暁のヨナ第182話の考察・感想

ハクはよく我慢しましたね。

今は仲間のみんなも大事のことが伝わってきてジンとしました。

今回の行動は、シンアとゼノの能力は確かにあまり広めて良い能力ではないので、彼らが考える最善だったのでしょう。

見ている側のヨナからしたらかなりつらい選択ですよね。

お披露目会事態は終わりますが、このままサクッとは終わらなそうなので次回も楽しみです。

『暁のヨナ』ネタバレ一覧【最新話更新中】

『暁のヨナ』を初回半額&お得に読む方法

[暁のヨナ訴求]

まとめ

以上、『暁のヨナ』第182話のネタバレになります。

文字のネタバレだと、細かい描写などは伝わらないし、面白さも半減してしまいます。最近は電子書籍のおかげで場所を取らず、安く漫画を読めるようになってますよ。

『暁のヨナ』を集めようか迷ってる方は、こちらも参考にしてください。

『暁のヨナ』関連記事