漫画で人生にワクワクを

嫁入りのススメ【第12話ネタバレ】耀一郎を諦めない鈴子

comic donnaで連載してる福嶋ユッカ先生の『嫁入りのススメ』第12話を読んだので、ネタバレありで感想&レビューしていきます。

花ちゃん

耀一郎と蘭子は観劇に行くことになりそう。

前回の話は、以下の記事でまとめてるので、読んでない方は先にご覧ください。

直近ネタバレ
13話 全話まとめ 11話
前回あらすじ

蝶名橋家の夕食に招かれた蘭子。電車で来た蘭子に、迎えに行ったのにと耀一郎は不満そう。執事によると、彼が我儘で強引な態度をとるのは蘭子にだけのようです。そんな会話の途中、突然、鈴子が現れます。彼女は招かれていないのに夕食の話を聞き、やって来たそう。夕食の席では、百合子の趣味の観劇が話題に。鈴子は庶民には観劇のチケットは高いと、蘭子に嫌味を言います。二人の話を聞いていた耀一郎は、蘭子を観劇へ誘います。

[トップ用(まんが王国)]

こちらでは、文字のみのネタバレになるので、漫画をちゃんと読みたい!!という方は、まんが王国なら半額で『嫁入りのススメ』を読むことができますよ。

以下、『嫁入りのススメ』第12話のネタバレが含まれています。

嫁入りのススメ 第12話ネタバレ

要点だけ知りたい!って方の為に、『嫁入りのススメ』第12話のおおまかな流れと注目ポイントを先にお伝えしておきます!

  1. 観劇を断れない蘭子
  2. めげない鈴子
  3. 手の甲にキス

耀一郎と観劇に行くことに気が進まない様子の蘭子。

でも、蝶名橋家の3人は強引に話を進めます。

観劇を断れない蘭子

『蝶名橋(ちょうなばし)家』での夕食中。

耀一郎(よういちろう)の今度、一緒に観劇に行こうという言葉に蘭子は焦ります。

蘭子には、耀一郎のように特等や一等席のチケットを買うことは無理。三等か四等席がせいいっぱいだから。

バラバラで見るのもどうかと思うと、耀一郎に伝えます。

その言葉に何を言っているのだというように、は?と言う耀一郎。

すると、鈴子が二人の会話に割り込み、言います。

自分が耀一郎の横に座ると。

しかし、鈴子の言葉はすぐに否定されました。

まず、何でだと耀一郎が言いました。

百合子も、なぜ鈴子が行くのか。これは二人のランデブーだと嬉しそうに言います。

ランデブーはデートという意味で、この時代には洒落た言い方のよう。

百合子の言葉にムッとした様子の鈴子。

彼女は、男女二人で出掛けるなんてはしたないと言います。

しかし、その言葉も百合子にすぐに否定されます。

二人は結婚するのだからいいのだと。

そして百合子は、鈴子自身の縁談が早く決まるといいのにと言います。

百合子の言葉にショックを受けた様子の鈴子。

蘭子は、鈴子のその様子に気づきました。

花ちゃん

鈴子は耀一郎が好きだから、縁談は嫌みたいね。

耀一郎は、金の心配はしなくていいと、さらに蘭子を観劇に誘います。

百合子も、婚約者なのだから遠慮しなくていいと笑顔で言います。

そして、気にしないようにと耀一郎の祖父にも言われてしまう蘭子。

蘭子はまだ、観劇に行くのは気が進まない様子。

でも、三人に口々にそう言われ、断ることができませんでした。

めげない鈴子

夕食後、車の手配をしに行った耀一郎。

蘭子は鈴子と二人きりになります。

会話に困った蘭子は、鈴子に縁談の話がまだ出ていないことを話題にしていまいます。

蘭子の言葉に嫌味だと、怒る鈴子。

彼女は、自分だってまだ耀一郎と結婚する可能性はある。覚悟しておいてと、まるで宣戦布告のように言います。

彼女は、好きな男性と結ばれる為に必死でもがいているのだと、はっとする蘭子。

その好きな男性と婚約している自分が幸せになってなんて言葉をかけることはできないのだと、蘭子は思いました。

結婚したくない蘭子にしたい鈴子。複雑ね。

ゆめちゃん

車の手配ができたと戻ってくる耀一郎。

鈴子は彼に、自分は泊っていくと言い張ります。

耀一郎は困った様子ですが、鈴子はこうと決めたら言うことを聞かないと諦めているよう。

執事に部屋の準備と鈴子の家に連絡するよう命じる耀一郎。

彼は、蘭子を送る為に部屋を出ようとします。

耀一郎の行動に驚く鈴子。

鈴子は、耀一郎が行く必要はないとわめきます。

でも、耀一郎はその言葉には耳を貸しませんでした。

手の甲にキス

蘭子は耀一郎に送ってもらい、花宮家の前で今日のお礼を伝えます。

耀一郎はまた明日と言って、蘭子の手の甲にキスをしました。

頬を赤らめる蘭子。

耀一郎は、明日の昼に迎えに来ると蘭子に告げ、帰って行きました。

蘭子は彼を、赤らんだ頬のまま見送りました。

花ちゃん

耀一郎の積極的な様子にドキドキしました!

『嫁入りのススメ』第13話ネタバレに続く

スポンサーリンク

『嫁入りのススメ』など漫画をお得・無料で読む方法!

まんが王国なら『嫁入りのススメ』が半額で読める!

※2021年1月1日発売予定

[まんが王国フッター訴求]

嫁入りのススメ第12話の考察・感想

今まで、鈴子のことを邪魔な存在だと思っていました。

でも、今回で鈴子には鈴子の事情があるのだなと分かりました。

自由に結婚ができない時代。好きな男性と結ばれたいという、必死の努力だったのですね。

だけど、やっぱり耀一郎と蘭子は割り込んで欲しくないなと思いました。

蘭子の手の甲にキスをする耀一郎。

少し強引な気もしますが、彼の気持ちが表れているなと感じました。

やっぱり、彼には蘭子しかいない!

距離が近づいているようで、なかなか近づかない耀一郎と蘭子。

観劇デートで、二人の距離が近づくといいですが‥‥‥。

『嫁入りのススメ』ネタバレ一覧【最新話更新中】

まとめ

以上、『嫁入りのススメ』第12話のネタバレになります。

文字のネタバレだと、細かい描写などは伝わらないし、面白さも半減してしまいます。最近は電子書籍のおかげで場所を取らず、安く漫画を読めるようになってますよ。

『嫁入りのススメ』を集めようか迷ってる方は、こちらも参考にしてください。

『嫁入りのススメ』の関連記事