漫画ネタバレ

約束のネバーランド【最新165話ネタバレ】イザベラとピーターの話

最新話ネタバレ

週刊少年ジャンプで連載してる原作・白井カイウ先生、作画・出水ぽすか先生の『約束のネバーランド』第165話のネタバレ。

前回の話は、ソンジュとムジカは捕らえられ、邪血の血を飲んだ者たちは処刑されます。しかし邪血の秘密に気がついた兵士が“アウラ”と“マウラ”を逃がします。脱走者の元へ行ったピーターは“約束”について尋ね、ジェミマにナイフを向けながら正直に答えるように迫るのでした。

前回ネタバレ
約束のネバーランド
約束のネバーランド【最新164話ネタバレ】邪血の粛清と、ピーターの動き

週刊少年ジャンプで連載してる原作・白井カイウ先生、作画・出水ぽすか先生の『約束のネバーランド』第164話のネタバレ。 前回の話は、大僧正を目覚めさせることに成功したソンジュたち。しかし王都の広場では女 ...

続きを見る

それでは、2020年1月27日発売の週刊少年ジャンプ2020年9号『約束のネバーランド』第165話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『約束のネバーランド』第165話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『約束のネバーランド』の直近ネタバレ一覧はこちら

『約束のネバーランド』の最新刊を無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

約束のネバーランド 第165話のネタバレ!

2046年1月15日、エマとレイの特上を含む15名ががグレイス=フィールド農園より脱走し、イザベラは牢に捕らえられていた

見えなくなるまで脱走者たちを見送ったイザベラは、「全て私の責任です」と全ての罪を自分にかぶったのだ。

イザベラ(これでいい、私もこれでやっと…エマ、レイ、みんな…レスリー)

しかし、2日後の1月17日、一旦牢から出されたイザベラに「73584、明日からお前に飼育監長(グランマ)の任を命じると鬼たちが告げた。

イザベラ「待って下さい、なぜ私が…」

自分は商品を守れず、第3飼育場(プラント)を消失させてしまったのだ。

慌てるイザベラに鬼たちは「全ての責任はグランマ・サラに」と鬼は言う。

イザベラは商品を制御しきれなかったが、イザベラを制御しきれなかったのは彼女だ。

グランマ・サラはイザベラの逃した商品の代りに、次の儀祭の糧として出荷されていた。

 

イザベラの元を訪れたピーター

牢に座り込みながら、イザベラは考える。

イザベラ(私がグランマ……?)

自分の足元にはすでに食用児たちの死体が重なっているのだ。

「要はあなたを残すかサラを残すか、どちらが農園の将来に有益か、彼らは打算したのです」そう言いながら牢に入ってきたのはピーターだった。

ピーター「こんにちは」

イザベラの飼育成績はルイを見ないもので圧倒的なもので、誰が見ても農園にはイザベラを残すべきだと思うはずだ。

しかし顔をそむけようとするイザベラに「迷いますか?」とピーターは聞く。

やっと抜け出せ、自由になれるはずだったのだのに、これでは元の地獄に逆戻りしてしまう。

イザベラは、グランマになどなりたくないと思っている事をピーターは知っていた。

ピーター「残念だ、あなたも僕らの側ならよかったのに」

こちらの世界で食用児として生まれてしまったために、どんな逸材も結局怪物たちの餌となる運命なのだ。

イザベラ(……こちらの世界…?)

そんなイザベラに「本当に“充分”ですか?」とピーターは聞く。

イザベラは全てを知っているわけではなく、欲しかった未来も、まだ何一つ手にしていないのだ。

食べられる人間とそうでない人間が存在している理由、そしてそこから抜け出したくはないか、とピーターは言う。

今のイザベラは死の押し付け合いに疲れているだけで、舞台を降り、自ら死んで終わりにしようとしているだけなのだ。

ピーター「死は救いではない、自由への道では決してない」

そして「僕が本当の救いを君にあげる、連れ出してあげる」とイザベラに手を差し出す。

イザベラがピーターの手を取り、その頭脳をピーターたちのために役立ててくれるのなら、数字も胸のチップも消し、イザベラに真の自由を与えると約束する。

イザベラはピーターの手を取るのだった。

 

グランマ・イザベラ

2047年11月13日、牢から出たイザベラはピーターと向かい合って座る。

今年のGFの飼育成績も最高で、Λの協力にもピーターは感謝する。

イザベラ「恐縮です、Λのことは…残念でした」

しかし肝心のデータはすべて残っており、施設が焼けても問題はない。

女王は逝去し五摂家も世を去り、貴族階級が消滅し、これから鬼社会も変わりΛの時代になるはずだ。

Λを復活させ、ハイコストハイリスクの旧生産ラインは撤廃、じき全農園をΛ型新農園に一本化する計画だ。

イザベラ「…つまりGF他、現高級農園は廃止なさると?」

ピーターは頷き、その暁にはイザベラも自由の身となる。

脱走者たちの出荷準備についてピーターが尋ね、「じき整います」とイザベラが答える。

ピーター「では、夜明けまでに全員摘み終えて下さい

恐らく今晩中か明晩までにはエマたちが現れるはずで、それまでに脱走者たちのだいたいの始末を終えておきたいのだ。

ピーター「明後日には全員瓶の中です、できますか?」

そう問われたイザベラはフワッと淡い笑みを浮かべ「畏まりました」と答えるのだった。

 

脱走者達は倉庫に集められていた。

ナットは怪我の痛みに耐えながらも「皆無事でよかったよ…!」と無理をして笑う。

そこにイザベラが姿を現す。

「ママ…!」とイザベラを見つめる食用児たちを「おかえり、私の可愛い子供達」とイザベラは抱きしめる。

食用児たちは泣きながら、イザベラにナットの指の手当をさせて欲しいと訴えた。

逆向きに折れたナットの指を見たイザベラは「あらあらひどい怪我、可哀想に」とナットの指を掴むと、ベキッと元の方へと戻す。

イザベラ「よし元に戻したわ、まぁこれで目立たずキレイに出せるでしょう」

そして食用児たちに順次処理を始めると告げると、「最初の10人を選びなさい」と告げる。

それを聞いた食用児たちは悲鳴を上げ(あぁ…もう終わりだ…今度こそ…エマ…レイ…)と涙を浮かべる。

突然バチッと突然電源が落ち、ウウウウウウと警報が鳴り響いた。

食用児「!!!?、え」

通路のマンホールから、エマ、レイ、ノーマンが侵入するのだった。

 

>>『約束のネバーランド』第166話ネタバレに続く

Sponsored Links

約束のネバーランドなど漫画を無料で読む方法

以上、『約束のネバーランド』第165話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

サービス一覧
U-NEXT FOD music.jp
ポイント特典

600P / 40%還元

1200円以上購入で40%還元

1300P / 20%還元

8の付く日に400Pずつ

600P / 25%還元

まとめ買いで最大25%還元

無料期間
31日間 1ヶ月間 30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分は無料で漫画が読めます!
公式サイト 公式サイト 公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『約束のネバーランド』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『約束のネバーランド』最新刊もポイントを使って無料で読むことができますよ!

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

『約束のネバーランド』の最新刊を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

▼最新刊の発売日を知りたい方はこちら

最新刊発売日
【最新刊】約束のネバーランド18巻の発売日情報!続きを早く見たい方必見!!

こちらでは、週刊少年ジャンプで連載してる白井カイウ先生、出水ぽすか先生の『約束のネバーランド』最新刊(18巻)の発売日情報をまとめています。 「約束のネバーランドの18巻発売日はいつなの?」 「約束の ...

続きを見る

約束のネバーランド 第165話の感想・考察

エマたちを見送った時点でイザベラはもう鬼たちに殺されてしまったのだと思っていましたが、助けたのはイザベラの能力を認めていた鬼たちで、牢から引き出したのはピーターだったのですね。

たしかにこちらの世界に生まれてしまったばかりに子供達の管理をするしかなかったイザベラ。

そしてこの世界のことは何一つ知ってはいません。

イザベラの欲しかった未来というのはどんなものだったのなのでしょう。

死んでしまった方がいいとは思いませんが、今まで死の押し付け合いをしてきたイザベラが、本当に自由になれるのでしょうか。

そしてとうとうGFに侵入してきたエマたち。

無事に全員を助け出し、約束を実行することができるのでしょうか。

そして鬼の王の交換条件というのは何なのでしょうか。

次回更新は週刊少年ジャンプの発売日は2020年2月3日になります。

発売され次第、『約束のネバーランド』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『約束のネバーランド』第165話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-,

Copyright© KOREWATA , 2020 All Rights Reserved.