漫画ネタバレ

約束のネバーランド【最新162話ネタバレ】女王の死を知ったピーターの野望

最新話ネタバレ

週刊少年ジャンプで連載してる原作・白井カイウ先生、作画・出水ぽすか先生の『約束のネバーランド』第162話のネタバレ。

前回の話は、城を出たノーマンたちは待っていたヴィンセントたちと合流します。そこにオリバーたちが駆けつけ、アジトが鬼に襲われたと報告します。食用児たちはGFハウスに移送されている所で、皆が悩む中、エマは迷わず助けに行くと言います。そこには家族が待っているのです。

前回ネタバレ
約束のネバーランド
約束のネバーランド【最新161話ネタバレ】“どうやろう”と考えること

週刊少年ジャンプで連載してる原作・白井カイウ先生、作画・出水ぽすか先生の『約束のネバーランド』第161話のネタバレ。 前回の話は、ミネルヴァが足かせとなり、鬼に密告出来ないと読んでいたノーマンですが、 ...

続きを見る

それでは、2019年12月23日発売の週刊少年ジャンプ2020年4・5合併号『約束のネバーランド』第162話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『約束のネバーランド』第162話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『約束のネバーランド』の直近ネタバレ一覧はこちら

『約束のネバーランド』の最新刊を無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

約束のネバーランド 第162話のネタバレ!

あてがある、とソンジュが向かった先は寺院だった。

 

ソンジュの“あて”とは…

今でこそ都の端に小さく追いやられてしまっているが、かつては天の声を伝える者として代々の王を任命し、政を助け、民の心の支えだったのだ。

“約束”以降、ソンジュの父の王政府のせいで信仰は歪み、寺院も力を失って入るが、敬意はまだ民の中に残っている。

中でも大僧正と四賢者は身を捧げて民に尽くし、本当に立派だった。

ムジカ「ソンジュの先生の先生よね」

大僧正は“約束”直後、民の命を守るため、民に教義を破ることを許したのだが、その贖罪に自らは教義を遵守し、ただ只管に民の安寧を祈り続けたのだ。

そしてそのおかげで民は今、養食人肉を食べられると思っているのだ。

ソンジュ「大僧正様達の犠牲と祈りが、神の怒りを鎮めてくれたのだと」

寺院に着いたソンジュは、その扉を開ける。

そこにはミイラのように干からびた大僧正と四賢者が座り、手を合わせ祈りを捧げていた。

ムジカ「人形?死体?」

そこに座る5人を指し「彼らが大僧正様と四賢者」とソンジュが教える。

ムジカ「まだ、生きているのね?」

ソンジュは頷いた。

人間を食べずに1000年も生きていることが不思議でならないが、大僧正たちは仮死状態になっているとソンジュは説明する。

方法はわからないが、生きながらにして肉体を極限状態にし、代謝や細胞分裂を止めているのだ。

もちろん誰にでも出来ることではなく、大僧正たちは今も民のために祈り続けているのだ。

ソンジュは大僧正と語った日のことを思い出していた。

ムジカ「じゃあ、ソンジュの“アテ”って…」

大僧正と四賢者を邪血で復活させ、大僧正を王にすることだ。

ただ1000年が経ってしまっているため、蘇生が上手くいくかはわからない。

しかし王政が崩れた今、混乱を鎮め民をまとめ、導くことが出来るのは大僧正だけだ

ムジカ「だったら急ぎましょう!城下や五摂家領に女王達の死が知れ渡る前に」

これ以上誰も死なせない、暴動も戦争も起こさせないと、ムジカはエマたちと約束したのだ。

 

女王の死の報告を受けるピーター

煙の立ち上る王都では、女王の亡骸をフクロウが見つめていた。

すぐにピーターに王都襲撃の続報として、レグラヴァリマ女王の逝去と、五摂家も家族ごと殺されているあろうと伝えられる。

当初は儀祭を狙った賊徒の反乱だと考えられていたが、城下で邪血の二人組が確認され、城から出てくる人間の子供らしき者たちもカメラが捕らえていた。

ピーター「食用児だ」

アジトを襲った時、エマ、レイ、ノーマンの他にもいない者が数名いた。

アジトにいた子どもたちはいない者たちは死んでしまったと言ったのだ。

ピーター「やはり生きていた」

しかし食用児たちが王都を落とし、女王を殺したなどとは考えられない。

うろたえる部下に対し、ピーターにとってこれは好都合で、この機を存分に利用してやろうと笑う。

そして伝言を指示し、女王・五摂家の弔い合戦を行うという。

ピーター「玉座・政権は我らがいただく、今後この世界は我らの統轄下で調停するのだ」

派兵している捜索隊を全て引き上げるように指示をし、必ず助けに来るであろうエマたちを、ピーターは「待てばいい」と言うのだ。

かつてミネルヴァは“ネバーランド”を終わらせる、と言った。

ピーター「ネバーランドは終わらせない」

GFで片をつけるのだ。

子どもたちはGFの入り口へと向かう。

入り口の鉄格子が上がり、「出迎えご苦労、お久しぶりです」と現れた人物にピーターが声をかける。

鬼とを引き連れそこに現れたのはグランマイザベラだった。

子どもたちは「ママ…」とつぶやくのだった。

>>『約束のネバーランド』第163話ネタバレに続く

Sponsored Links

約束のネバーランドなど漫画を無料で読む方法

以上、『約束のネバーランド』第162話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典

600P / 40%還元

1200円以上購入で40%還元

1300P / 20%還元

8の付く日に400Pずつ

600P / 25%還元

まとめ買いで最大25%還元

無料期間
31日間1ヶ月間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分は無料で漫画が読めます!
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『約束のネバーランド』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『約束のネバーランド』最新刊もポイントを使って無料で読むことができますよ!

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

『約束のネバーランド』の最新刊を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

▼最新刊の発売日を知りたい方はこちら

最新刊発売日
【最新刊】約束のネバーランド17巻の発売日情報!続きを早く見たい方必見!!

こちらでは、週刊少年ジャンプで連載してる白井カイウ先生、出水ぽすか先生の『約束のネバーランド』最新刊(17巻)の発売日情報をまとめています。 「約束のネバーランドの17巻発売日はいつなの?」 「約束の ...

続きを見る

約束のネバーランド 第162話の感想・考察

ソンジュが向かったのは寺院でした。

そこにいたのは自分の師匠の師匠。

もう1000年も前から民のために祈り続けているという大僧正と四賢者です。

生きてはいるようですが、死んでいない、という状態だけのような感じもします。

邪血をで蘇生するかどうかはわかりませんが、上手く行けば彼らが鬼の世界を救ってくれそうです。

もともと民のことを考えいた大僧正と四賢者ですから、彼らが王になってくれれば、鬼の世界は落ち着きそうです。

しかしピーターが女王と五摂家が死んでしまったという情報を得てしまいました。

しかもそれに乗じて玉座と政権を手に入れようとします。

鬼の世界の政権を手に入れてどうしようと考えているのでしょう。

そして誰かに対し伝言を送っていたようですが、相手は誰でしょうか。

エマ達が必ず仲間を助けに来ることはピーターには分かっていますから、待っているだけでいいのです。

そしてGFで子どもたちを出迎えたのはなんとイザベラでした。

生きていたのですね。

そして彼女は再びエマ達の前に立ちふさがるのでしょうか。

合併号のため、次回更新は週刊少年ジャンプの発売日は2020年1月6日になります。

発売され次第、『約束のネバーランド』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『約束のネバーランド』第162話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-,

Copyright© KOREWATA , 2020 All Rights Reserved.