漫画ネタバレ

約束のネバーランド第147話【最新話ネタバレ】ギーラン卿の真実と、始まる復讐

更新日:

最新話ネタバレ

週刊少年ジャンプで連載してる原作・白井カイウ先生、作画・出水ぽすか先生の『約束のネバーランド』第147話のネタバレ。

前回の話は、王都に攻撃を始めたノーマンたち。ノーマンはギーランに存分に復讐するよう伝え、王族が集う場所に行くと、王族の中にギーラン一族の鬼たちが混ざってました。

前回ネタバレ
約束のネバーランド
約束のネバーランド第146話【最新話ネタバレ】王都への攻撃が始まる…!!

週刊少年ジャンプで連載してる原作・白井カイウ先生、作画・出水ぽすか先生の『約束のネバーランド』第146話のネタバレ。 前回の話は、ノーマンを止めに行こうとするエマとレイ。一方、ノーマンのほうは計画が整 ...

続きを見る

女王は焦る様子を見せていませんでしたが…。

それでは、2019年8月26日発売の週刊少年ジャンプ39号『約束のネバーランド』第147話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『約束のネバーランド』第147話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

『約束のネバーランド』の最新刊を無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

約束のネバーランド 第147話のネタバレ!

父と母の仮面を手に取ったバイヨンは、幼い頃、母親に甘えていた時の事を思い出していた。

そして幼い頃のバイヨンは、美しく清廉なギーランが大好きだった。

バイヨン卿「ギーラン、貴様ァ……ッ!!!」

バイヨンの身を焦がすような怒りの叫びが響く。

誰よりも清廉なギーラン卿

700年前、女王と他の摂家の前で、ギーランは自らの意見を述べていた。

下級農園の生産が追いつかず、各地で飢えが絶えないため、民が野良化し、親子や同村で共食いしあっているのだ。

朽ち滅びた村も多く、このままでは民が滅びてしまう。

ギーラン卿「国庫を開き我ら貴族の備蓄を一部開放致しましょう」

ギーランの意見に周りがざわめき、次々と反対意見が述べられる。

そもそも貴族の食べる人肉は民のものとは質が違うし、開放すると貴族の食べる分が減ってしまうのだ。反対する五摂家に、ギーランは声を荒げた。

ギーラン卿「民を守らずして鬼の繁栄はない」

「手を打たねば鬼全体が滅びる!」

イヴェルクが間に入ってギーランを取りなした。

イヴェルク卿「思うに問題は農園の整備だ」

世の中が安定し、民が増えたため、農園の生産が追いついていないのだ。

今は農園の在り方自体を見直している最中のため、動くのは、結果を待ってからだと言う。

この話はここまでとなり、会議は解散する。

屋敷に戻ったギーランは、他の五摂家たちが危機感を持たないことに怒りを覚える。

ドッザ将軍「ギーラン様はご立派です」

高貴な家柄であるギーランだが、知と富を惜しみなく分け与え、民・家臣に誰よりも慕われている。

ギーラン卿「だがまだ全てを救えてはおらぬ…」

ギーランは唇を噛んだ。

ドッザはギーランの義は必ず届く、自分もどこまでもついていく、と頭を下げた。

そんなドッザに、ギーランは一つ、頼み事をした。

領下の行商から聞いた噂を調べて欲しいと言うのだ。

それは“邪血の乙女”の事だ。

もしもその力が本当ならば、民の飢えを押さえ、農園の今後にも役立てるかもしれない。

讒言を受けるギーラン卿

兵士「ギーラン卿。謀反の廉で一族もろとも“野良落ち”の刑に処す!」

ギーランは兵士たちに取り押さえられ、縄で拘束される。

罪状は“怪しげな血の者を使い、王政の転覆を企てた大罪”

ギーランはドッザが裏切ったことを知る。

ドッザはギーランに拾ってもらい、働きで評価されここまで登ってきたのだ。

ドッザ「あんたがバカで良かったよ」

牢に繋がれたギーランは自分も一族も潔白であり、イヴェルク公を呼ぶようにと訴えた。

イヴェルク公「知っているよ」

ギーランイヴェルクの返事に唖然とする。

誰もがギーランは謀反など企ててもいないし、一番の忠臣だと知っている。

ギーラン卿「では 何故―」

イヴェルク公「邪魔なのだ」

皆、ギーランの“義”“正しさ”が目障りだった。

女王は増えすぎた民が減れば、与える人肉も減ると考えている。

女王も、五摂家の人間も、皆が腐っているのだ。

だからこそギーランの清さが目障りで、ドッザの濁りがちょうどよかったのだ。

ギーランの家族も家臣も殺された。

全てを奪われ、野良に落とされ、それでもギーランは700年、苦しみながら復讐の時を待っていた。

バイヨンの息子とノウムの娘がギーランに襲いかかるが、ギーランは2匹を返り討ちにすると、ガリガリと頭に噛み付いた。

ギーランを見ていたドッザが武器を手に取る。

ドッザは700年間、五摂家の地位にに胡座をかくこと無く、武人として力を高めていたのだ。

ドッザは全力でギーランに向かう。

しかしそのドッザの首をを、ギーランの部下は一撃で落とす。

ギーラン「てめぇ まず “ごめんなさい”だろ」

ギーランの復讐をシスロとバーバラが天井から見つめ、ノーマンに報告していた。

残る敵はあと2匹。

ノーマン「よし。動け」

ノーマンが次の作戦の指示を送るのだった。

>>『約束のネバーランド』第148話ネタバレに続く

Sponsored Links

約束のネバーランドなど漫画を無料で読む方法

以上、『約束のネバーランド』第147話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT無料登録後、すぐ600円分のポイント。
music.jp無料登録後、すぐ600円分のポイント。
FODプレミアム無料登録後、1ヶ月間で1300円分のポイント。(8のつく日にポイントがもらえます)

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『約束のネバーランド』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『約束のネバーランド』最新刊もポイントを使って無料で読むことができますよ!

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

『約束のネバーランド』の最新刊を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

▼紙で最新刊を読みたい方はこちら

created by Rinker
集英社
¥475 (2019/11/20 17:04:42時点 Amazon調べ-詳細)

約束のネバーランド 第147話の感想・考察

ギーランの復讐が始まっています。

ギーランが野良に落とされたのは全ては陰謀のせいでした。

イヴェルクの言葉の通り、女王も五摂家も、皆腐りきっています。

その中でギーランのように清らかな者の声は届く事はありません。

700年もの間、野良で生きてきたギーランの恨みは、全てが消えるまで尽きることがないのでしょう。

しかし全てはノーマンの掌の上です。

そしてエマとレイはいつ到着するのでしょうか!?

次回、週刊少年ジャンプの発売日は2019年9月2日になります。

発売され次第、『約束のネバーランド』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『約束のネバーランド』第147話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-,

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.