漫画ネタバレ

約束のネバーランド第146話【最新話ネタバレ】王都への攻撃が始まる…!!

更新日:

最新話ネタバレ

週刊少年ジャンプで連載してる原作・白井カイウ先生、作画・出水ぽすか先生の『約束のネバーランド』第146話のネタバレ。

前回の話は、ノーマンを止めに行こうとするエマとレイ。一方、ノーマンのほうは計画が整い、王都に攻撃を始めた。ノーマンは体が悪いのか口から血を吐いていたけど…。

エマとレイは間に合うのか。そしてノーマンは…。

それでは、2019年8月19日発売の週刊少年ジャンプ38号『約束のネバーランド』第146話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『約束のネバーランド』第146話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

『約束のネバーランド』の最新刊を無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

約束のネバーランド 第146話のネタバレ!

2047年11月10日、運命の日。

女王が祭壇の前に立ち、その後ろに摂家の者たちとその家族が従う。

儀祭が始まった。

女王「最上の実り。今贈る。受け取り給え」

女王は王へと供物を献上すると、永久の繁栄を願う。

厳かに儀式が進み、街は祝の喜びで満ちていた。

王都への攻撃は爆発音から始まった

ドオオンと突然爆音が響き渡る。

王都へと続くすべての橋が爆発し、城内の鬼たちはその音と爆発による衝撃に驚き、戸惑う。

爆発に巻き込まれた者たちから悲鳴が上がる。

見張りの鬼たちは爆煙を目の当たりにするも、すぐには状況を飲み込む事が出来ずにいると、そこに現れたバーバラが鬼たちを蹴り倒した。

同じようにシスロが西側の見張りの鬼たちを倒すと、報告を送る。

ヴィンセント「今 セキュリティラインも制圧した」
「お入りください」

警備の鬼たちを倒した彼らは、王都への門を開けた。

門から堂々と入ってきたのはギーラン家一行。

全員が中へ入るのを確認したヴィンセントは、再び門を閉じる。

元々の王都の兵は推定で5000程だ。

ノーマンは誅伐隊を出させることで、その兵を減らし、今は城下に700、城内に300程になっていた。

この内城下の700の兵は、爆破した橋と、城下への対処で手が一杯になるはずだ。

城門は全て閉ざしてあるため、城下と城内は分断されている。

外橋をすべて落としたため、外からも孤立し、これ以上兵が増えることはない。

城内の兵は300、ギーラン兵は約50だ。

これならばギーラン卿たちも動くことができる。

ギーラン卿はノーマンと同盟を組んだことに、改めて滿足していた。

ノーマンの策と情報に乗り、人間だからこそできる働きで手引をさせ、城内に侵入することが出来たのだ。

ギーラン卿の復讐

ヴィンセント「そろそろ退け」

後はギーラン卿に任せるようにと、シスロと バーバラに指示を出す。

ギーラン卿「見事な手際だ “W・ミネルヴァ”」

ノーマン「さあ存分に復讐を」

ノーマンはギーラン卿に笑顔を向ける。

祭壇の前では女王と摂家達が、今の音に対する報告を待っていたが動きが感じられない。

様子を見に行こうと、扉を開けようとした鬼が倒れ、黒い服に身を包んだ賊が切り込んできた。

中に居た鬼たちが悲鳴を上げる。

攻め込んできた鬼が布を外し、その顔を晒すと、それはギーラン卿だった。

プポ「父上、母上。お下がり下さい」

危険を感じ、両親の方を振り向いたプポ卿の眼を、母親がナイフで刺す。

何が起こったのかわからないまま、プポ卿は倒れた。

ギーラン「家族と思うたろう?」

ギーラン卿はプポ卿の家族を襲い、食べ、姿・声・臭い・面を奪ったのだ。

ギーラン「そこにいる全て。我が手の者じゃ」

その言葉に答えるように、その場に居た鬼たちが面を外す。

ギーラン卿は、プポ卿の頭を片手で持ち上げると、高笑いを上げながら、その頭を手で握りつぶした。

野良に落とされてからの700年、ギーラン卿は恨みを晴らす機会をずっと待っていた。

そして、ようやくそのチャンスが訪れたのだ。

摂家の家族たちは殺した。

次は摂家の者たちと女王の番だ。

女王「笑止」

迫るギーラン卿に、女王は静かに応えたのだった。

>>『約束のネバーランド』第147話ネタバレに続く

Sponsored Links

約束のネバーランドなど漫画を無料で読む方法

以上、『約束のネバーランド』第146話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT無料登録後、すぐ600円分のポイント。
music.jp無料登録後、すぐ600円分のポイント。
FODプレミアム無料登録後、1ヶ月間で1300円分のポイント。(8のつく日にポイントがもらえます)

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『約束のネバーランド』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『約束のネバーランド』最新刊だけでなく、ジャンプ最新号もポイントを使って無料で読むことができますよ!

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

『約束のネバーランド』の最新刊を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

▼紙で最新刊を読みたい方はこちら

created by Rinker
集英社
¥475 (2019/09/21 13:45:33時点 Amazon調べ-詳細)

約束のネバーランド 第146話の感想・考察

とうとう儀祭が始まり、ノーマンとギーラン卿の攻撃も始まります。全てはノーマンの計画通りに物事が進んでいるように見えます。やっぱりエマたちは、攻撃が始まる前には間に合いませんでした。

きっと今頃、必死で王都に向かっているはずです。

もしかしたら、もう近くまで来ていて、王都での爆発音を聞いたかもしれません。

しかし、王都への橋は落とされてしまっています。

でも、橋を落としてしまえば、ノーマンたちも出ることは出来ません。

どこかに抜け道があるのでしょうか?

ギーラン卿の復讐も始まりました。

ギーラン卿の人数の方が多いとは言え、相手は女王たちです。

果たして勝機はあるのでしょうか。

そしてエマたち争いを止める事ができるのでしょうか!

次回、週刊少年ジャンプの発売日は2019年8月26日になります。

発売され次第、『約束のネバーランド』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『約束のネバーランド』第146話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.