漫画ネタバレ

私たちはどうかしている【番外編ネタバレ】白山吹会のお茶会

ネタバレ

BE・LOVEで連載中の安藤なつみ先生の『私たちはどうかしている』番外編(城島の決意)のネタバレ。

今回の話は、光月庵の火事から8ヶ月後、城島が椿に連れられ、お茶会に出席した時のお話です。

同時掲載
私たちはどうかしている
私たちはどうかしている【最新55話ネタバレ】七桜への試練

BE・LOVEで連載中の安藤なつみ先生の『私たちはどうかしている』第55話のネタバレ。 前回の話では、大旦那が選んだ光月庵の跡継ぎは七桜でした。それを知った女将は取り乱し、止めようとした大旦那は発作を ...

続きを見る

それでは、2020年2月1日発売BE・LOVE2020年3月号『私たちはどうかしている』番外編(城島の決意)のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『私たちはどうかしている』番外編(城島の決意)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『私たちはどうかしている』のネタバレ最新話まとめを見る

『私たちはどうかしている』をU-NEXTで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

私たちはどうかしている 番外編(城島の決意)のネタバレ!

火事で七桜が消えてから8ヶ月が経ち、季節は春を迎えていた

城島は桜の上生の線を、下の方まで深く入れるように注意される。

見えない部分だからこそ大切にするのが和菓子の本質なのだ。

そしてそんな城島にはまだメインの御菓子は任せることはできず、色が鮮やかにするところも悪い癖だと駄目出しされる。

それを聞き城島はため息を付いた。

叱られる様子をじっと見ていた椿に気が付き、(なんだよ、言いたいことあるなら言えよ)と城島はイラッとする。

力が入りすぎ、手元が狂ってしまった城島は(ほんと、行き詰まってるよな……)と落ち込むのだった。

 

母からの連絡

仕事が終わり、城島は話したいことがあると連絡をくれた母に電話をかける。

父の知り合いが城島のお菓子を食べて感動し、能登の店で働かないかと話していると言うのだ。

しかも御菓子を全部任せたいと言っている。

城島(俺の菓子を?す…すげえ)

わかる人にはわかるのだ、と城島は思う。

城島(これは、受けるべきだよな)

光月庵に借りている金は他の店で働きながらでも返すことは出来るし、光月庵に拘る理由はないのだ。

城島の足元に桜の花びらが舞い込んできた。

それを手に取った城島は、「うん…ちょっと考えて連絡するよ」と母に言うのだった。

 

お茶会に出席することになった城島だが…

城島「お茶会!?」

毎年恒例の白山吹会の茶会があり、今年は城島を連れて行くと椿は言う。

慌ててムリだと言う城島だが、「そんなで茶会の菓子が作れるのか」と椿に言われ、言葉に詰まる。

結局反論できないまま、城島は茶会に出席した。

お茶を点ててもらいながら、もう足の感覚も無くなっている。

カチコチになった城島はまだ飲む前から「これはよいお点前で」と言ってしまいクスクスと笑われ、椿の完な作法に(いやがらせだ…)と思う。

茶碗の説明を受け、上手く答えられず(絶対にいやがらせだ!!)と思う。

椿の横に小さな男の子がやってきて「お兄ちゃん、どうぞ」と椿に飴を差し出した。

しかし椿は「すみません、お腹すいていませんのでけっこうです」と断り、男の子は泣きそうな顔になる

それをみた城島は「おっお兄ちゃんほしいなっ」と手を出すが、男の子は手を後ろに隠してしまった。

城島は「なんだ、くれないの~」泣く真似をし、それを見た男の子は飴をさしだす。

男の子から飴を二つ貰った城島は、謝る男の子の母親にも笑顔を向け、その嬢島を椿がじっと見る。

城島(怒るとこじゃないだろ、子供ほっとけない性分なんだよ)

 

帰り道、ぐったりと疲れ切った城島を、椿が振り返る。

城島「な…なんだよ、わ…わるかったよ、これでも作法はいちおう覚えて…」

そう言いかける城島に「今日は助かった、感謝している」と椿が言い、思わぬ言葉に「は?」と城島は聞き返す。

白山吹会はアットホームで毎回家族参加が多く、椿はいつも話を振られるたびにどう返していいのかわからなくて、空気が悪くなっていたのだ。

椿「おまえならうまくやれると思って…」

城島は椿が自分を連れて行った理由を知った。

そして「なんだよ、そんなことで…」と言いかける城島に「そんなことじゃない、すごことだ」と言うのだ。

城島の作る御菓子の鮮やかな色も、いつかはきっと強みになる、と言うのだった。

城島は照れながら「お、おう…」と答えるが、1年前に恐らく白山吹会のお茶会に出席した七桜が、お茶会が楽しかったと話していたことを思い出した。

“見えなからこそ大事にするんだ”と言われた言葉を思い出す。

桜を見上げる椿に(未練ありまくりなんじゃないか)と思う。

そして帰ったら母に電話をして(まだ光月庵で学ぶことがある)と伝えなければならないと考えていた。

それに、自分には見届けなければならないことがあるような気が、城島はするのだった。

>>『私たちはどうかしている』第56話ネタバレに続く

Sponsored Links

私たちはどうかしているなど漫画を無料で読む方法

以上、『私たちはどうかしている』番外編(城島の決意)ネタバレになります。

文字だけでなく絵で見たい…という方は、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用することで続きを無料で読むことができます

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典

600P / 40%還元

1200円以上購入で40%還元

1300P / 20%還元

8の付く日に400Pずつ

600P / 25%還元

まとめ買いで最大25%還元

無料期間
31日間1ヶ月間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分は無料で漫画が読めます!
公式サイト公式サイト公式サイト

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『私たちはどうかしている』の続きを無料で読めるのでチェックしてみてください。

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

私たちはどうかしている最新刊を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんあって毎日楽しめますよ。

▼最新刊の発売日を知りたい方はこちら

最新刊発売日
【最新刊】私たちはどうかしている11巻の発売日情報!続きを早く見たい方はこちら!

こちらでは、BE・LOVEで連載してる安藤なつみ先生の『私たちはどうかしている』最新刊(11巻)の発売日情報をまとめています。 「私たちはどうかしているの11巻発売日はいつなの?」 「私たちはどうかし ...

続きを見る

私たちはどうかしている 番外編(城島の決意)の感想・考察

城島も頑張っていますが、光月庵ではなかなか上手くいかず、椿の目も気になります。

とはいえ、気にしているのは城島の方で、椿は城島を認めてないわけでもバカにしているわけでもありません。

城島も椿の苦手なことや考えに触れることができ、これからの修行の姿勢も変わるのではないでしょうか。

そして城島がなんとなく感じている、見届けないといけないこと、というのは光月庵未来なのでしょうか。

次回のBE・LOVEの発売日は2020年3月1日です。

以上、『私たちはどうかしている』番外編(城島の決意)のネタバレ感想になります。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA , 2020 All Rights Reserved.