漫画で人生にワクワクを

転生したらスライムだった件【第74話ネタバレ】クレイマンとの戦いに向けて…!

月刊少年シリウスで連載してる川上泰樹先生、伏瀬先生の『転生したらスライムだった件(転スラ)』第74話を読んだので、ネタバレありで感想&レビューしていきます。

そらくん

まさか黒幕がユウキ・カグラザカだったなんて…。

前回の話は、以下の記事でまとめてるので、読んでない方は先にご覧ください。

直近ネタバレ
75話 全話まとめ 73話
前回あらすじ

西方聖教会にラプラスを侵入させた人物は、イングラシア王国のユウキ・カグラザカであることが明らかに。ラプラスは中庸道化(ちゅうようどうけ)連合会長・カザリームの復活を交換条件に動いていたのです。約束通りにカザリームを復活させたユウキ。ラプラスから西方聖教会に吸血鬼族がいたことをきき、法皇の正体が魔王・ヴァレンタインではないかと予測するのでした。

[トップ用(まんが王国)]

文字のみのネタバレになるので、漫画をちゃんと読みたい!!という方は、まんが王国なら『転生したらスライムだった件』を初回半額&お得に読むことができますよ。

以下、『転生したらスライムだった件』第74話のネタバレが含まれています。

転生したらスライムだった件 第74話ネタバレ

テンペスト。

リムルはソウエイから、クレイマンがミリムの領地・忘れられた竜の都に3万の軍を送ったことを聞きます。

“魔力感知”の上位スキル“万能感知”で誰かが国に侵入したことを感じたリムル。

訪問者たち

リムルのもとにやってきたのは、ブルムンド王国のフューズでした。

テンペストがファルムス王国に宣戦布告をうけたことを知り、応援にかけつけてくれたのです。

(戦いが終わったことを知らせる使者を送っていましたが、行き違いになってしまったよう)

そこに、武装国家ドワルゴンのガゼル王が部下とともに降りたちました。

ガゼルの口からリムルが魔王になったことを知り、ぷるぷると震えだすフューズ。

リムルは全てを伝えようとしますが、ガゼルが事実を有耶無耶にしようとしていることに気がつきます。

真実を告げれば混乱を招いてしまうと感じとり、フューズに笑顔でごまかすリムル。

フューズとガゼルとともに対策会議へむかうことにします。

謎の男の正体

道中、リムルの前に見たことのない1人の男があらわれます。

男は魔導王朝サリオンの使者で、なんとエレンの父親のエラルド・グリムワルトでした。

エレンがリムルにたぶらかされたと勘違いし慌ててやって来たと話すエラルドでしたが、本当の目的は

魔王の力を手に入れたリムルがどんな人物なのか確かめることでした。

エラルドは自分も対策会議に参加させてほしいと願い出ます。

そこに現れたのは、リムルから漫画本の続きを借りにきた暴風竜ヴェルドラ

リムルが皆にヴェルドラを紹介すると、その場は大混乱におちいってしまいました。

・・・・

フューズ・ガゼル・エルラドを連れ出し、ヴェルドラと仲間になった経緯を説明するリムル。

ガゼルはヴェルドラを敵対視している西方聖教会がこの事実を知れば、黙ってはいないだろうと話します。

リムルは、ガゼルにテンペストが西方聖教会と敵対することになったらどっちに付くのかと質問。

友好国であるテンペストを支持しない理由はないと答えるガゼル。

安心するリムルにエルラドが告げます。

他の国から見れば2万の人の命を奪ったリムルは“悪”として映る。

西方聖教会を敵にまわすことは、西側諸国を敵にまわすことだと。

友好国の立場を守るために、リムルはガゼルの提案で嘘の筋書きをでっちあげることにします。

対策会議

急遽、フューズ・ガゼル・エラルドを交えた対策会議が始まりました。

ヴェルドラは喋るとみんなを混乱させるため、漫画を読ませておくことに。

自分が魔王にいたるまでの経緯をかいつまんで説明するリムル。

他国には、自分がファルムス軍を生贄にしたことをふせて、暴風竜ヴェルドラの仕業という筋書きにする、と話します。

そうすれば全ては“天災”によるものとなり、他国からの反感をうけることもない、と。

実際に事実を目にしたファルムス王たちはどうするのだと尋ねるガゼル。

リムルはファルムス王国にテンペストへの賠償を理由に内戦を起こさせる、と答えます。

そして1度ファルムス王国を滅ぼし、新たにヨウムを王にして新しい国へ生まれ変わらせるのだと宣言。

ヨウムの根性と覚悟を感じとったガゼルは、その提案を承諾しました。

・・・・

エルドラはリムルに、その凄まじい力を何に使うつもりなのかと問いかけます。

皆が笑って暮らせる豊かな国を作りたいのだと答えるリムル。

リムルの言葉にエルドラは愉快そうに笑い出し、魔導王朝サリオンの使者としてテンペストと国交樹立を希望するとお辞儀をしました。

ここで対策会議は一旦休憩に。

・・・・

同じ頃。

1人の長髪の魔王らしき男が、部下から報告をうけていました。

部下は、若い魔王が魔王を名乗ったのを理由に、魔王達の宴(ワルプルギス)が開かれると告げます。

発議はクレイマン。そして賛同者はフレイ、そしてミリム。

ミリムの名前をきいた男は…バカの考えは分からんな、とつぶやくのでした。

 

『転生したらスライムだった件』第75話ネタバレに続く

スポンサーリンク

転生したらスライムだった件第74話の考察・感想

今回の『転スラ』は全60Pと読み応え抜群でした!!

クレイマンとの戦いに向けて着々を準備をすすめているリムル。

今回のお話ではブルムンド王国・武装国家ドワルゴン・そして魔導王朝サリオンと3つの国がリムル側につきましたね。

ヴェルドラが仲間に加わっただけでも最強感がありますが、さらに…といった感じ(笑)

今回のお話で初登場したエレンの父親・エラルド。

娘を溺愛する姿はちょっとアレでしたけど(笑)かなり頭のキレる人物のようです。

これは、国同士を巻き込んだ非常に大きな戦いになりそう。

これだけの個性豊かなメンバーでいったいどんな戦いがくりひろげられるのか…まったく想像がつきません。

そして、ラストには新たに魔王らしき王が登場していました。

ミリムの知り合いのようでしたが…いったい何者なのでしょうか!?

『転スラ』の面白さはとどまることを知りません!次回も楽しみです!!

『転生したらスライムだった件』ネタバレ一覧【最新話更新中】

『転生したらスライムだった件』を初回半額&お得に読む方法

[転スラ訴求]

まとめ

以上、『転生したらスライムだった件』第74話のネタバレになります。

文字のネタバレだと、細かい描写などは伝わらないし、面白さも半減してしまいます。最近は電子書籍のおかげで場所を取らず、安く漫画を読めるようになってますよ。

『転生したらスライムだった件』を集めようか迷ってる方は、こちらも参考にしてください。

『転生したらスライムだった件』関連記事