漫画ネタバレ

転生したらスライムだった件64話【最新話ネタバレ】異世界からの三人組との戦い

投稿日:

最新話ネタバレ

月刊少年シリウスで連載中の漫画版『転生したらスライムだった件』第64話のネタバレ。

前回の話では、まずは人類にとって無視できない存在としての地位を築くことにし、そのために“魔王”の箔を利用することに決めた。聡い者は共存を選ぶはずだ。

ともかく今は侵攻中の連合軍を抑える必要がある。

結界破壊のために、テンペストは動き出すのだった。

前回ネタバレ
転生したらスライムだった件
転生したらスライムだった件63話【最新話ネタバレ】テンペストの反撃が始まる…!!

月刊少年シリウスで連載中の漫画版『転生したらスライムだった件』第63話のネタバレ。 前回の話では、会議の中、人間への意見を聞くリムルは、自分がもと人間の転生者だと告白します。 追放されても仕方がないと ...

続きを見る

それでは、2019年10月26日発売の月刊少年シリウス2019年12月号『転生したらスライムだった件』第64話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『転生したらスライムだった件』最新64話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

U-NEXTで『転生したらスライムだった件』最新刊をお得に読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

転生したらスライムだった件 第64話のネタバレ!

出陣前、リムルはベニマルに呼び出された。

ベニマルは前世の記憶はなく、大鬼族から鬼人族へと変わったが、戦闘種族以外のものになったことはない。自分や仲間を守るためや、敵討ちのため、相手を殺すことに躊躇はない。

ベニマル「ですが、あなたは違うでしょう」

町が出来たばかりの頃、略奪目的の者でさえ“殺すな”とリムルは命じていた。

ベニマルは、リムルが好ましく思っている種族である人間を二万近くも自分の手で殺すことで、心に取り返しのつかない傷跡が残るかもしれないことを心配していた。

リムル「…そうなるかもしれない」

しかし、今回のことは、リムル自身でけじめをつける必要があるのだ。

リムル「だからこそベニマル、お前に頼みたい」

リムルはスライムから人型に変わると、真っ直ぐにベニマルを見つめた。

「全てが片付いた後、もしも俺が理性のない化け物になっていたら、戦えるものを指揮して速やかに処分してくれ」と頼む。

ベニマルはリムルの頼みを受け入れた。

リムルもこのようなことは、ベニマルにしか頼めない。

ベニマルは、魔王化の儀式が済んだ後、リムルに理性の有無を確かめる質問をすることにした。

リムル「合言葉だな、どうするか」

少し考えたベニマルは、“合言葉”をリムルに伝えたのだった。

ともかく先のことを考えても何にもならない。

今できることをするしかないのだ。

テンペストの攻撃

その頃、南方ではドラゴニュート達がガビルを先頭に、結界を壊す。

北方では想定していたほどの強敵はおらず、こちらも簡単に結界を壊すことが出来た。

敵の中で最も警戒しなければならないのは、異世界から来た三人組だ。

彼らに遭遇した場合は、作戦に支障が出る可能性もある。

しかし彼らはリムルの読みどおり、一番戦力を置くであろう、西にいるのかもしれない。

その西方では、ゴブタ達が攻撃を始めていた。

倒れていく兵を目にしたキララは、一人、テントへと戻る。

ショウゴを見つけたゲルドは、自分が相手をする、と前へと進み出た。

キョウヤにはハクロウが立ちはだかる。

ハクロウVSキョウヤ

生き残ったのだから、「尻尾を巻いて逃げれば良かったのに」というキョウヤに、ハクロウは「負けず嫌いなんじゃよ」と返す。

キョウヤはハクロウの方へと踏み出すと、そのまま剣で切りつけた。

ハクロウ「──天狗になった若造というのは、不愉快極まる

その気迫にゾットしたキョウヤは、思わず後ずさる。

しかし、前回、ハクロウはキョウヤの剣技に手も足も出なかったのだ。

キョウヤ「粋がるなよ」

ハクロウに向けて振り下ろした剣が、幾本にも成り向かっていく。

実体を持たない、スキルによる擬似刀剣(ダミーソード)だ。

「躱せるもんならー…」笑いながら指差すキョウヤの言葉が止まる。

キョウヤ「…嘘だろ?なんで無傷なんだよ!?」

ハクロウが全く動けなかったかのように見えたキョウヤに「やはりお主には見えなんだか」と笑顔のままハクロウは頷いた。

その言葉と同時に、キョウヤの皮膚が避け、血が吹き出す。

ハクロウはキョウヤの剣を弾き返したのだ。

そのことが信じられないキョウヤに、ハクロウは額の目を見せる。

その目があれば“空間属性の攻撃に干渉する”ことができるのだ。

フラッとキョウヤが動き、その手から剣が現れる。

キョウヤ「黙れよ、クソジジイ!!」

目ならば、キョウヤも“天眼”を持っている。

自分を中心に周囲を把握する能力であり、反応速度も上昇する。

更に斬ることに特化した“切断者(キリサクモノ)、3百倍の速さで認識できる“思考加速”の3つがキョウヤのスキルなのだ。

全てを開放すれば、あのヒナタ・サカグチでさえも超えるのだ。

しかし、首を切り落とされたのはキョウヤだった。

ハクロウはキョウヤが住人を殺す時、わざと急所を外し、相手が苦しむのを楽しんでいたことを知っていた。

ハクロウ「終わりじゃよ」

切り落とされたキョウヤの首を持つと、ハクロウは静かに言う。

ハクロウの目は“天空眼”といい、キョウヤのもつ“天眼”とは格が違う。

首を切り落とされても思考加速が切れないキョウヤは、恐怖に包まれながらハクロウの言葉を聞くのだった。

ゲルドVSショウゴ

ショウゴ「てめー卑怯だぞ!!」

完全武装のゲルドに向かって、ショウゴが叫んだ。

自分は武器も持っていないのに、恥ずかしくないのか、と言うのだ。

ゲルド「……意味がわからぬ」

目の前にいるショウゴは大人のように見えるが、もしかすると子供なのか、とも思う。

この戦いは戦争なのだ。

「持てる力を出し切る事こそ、相手に対する礼儀だ」というゲルドの言葉に腹を立て、ショウゴが突っ込んでくる。

その攻撃を盾で防ぐゲルドだが、連続するショウゴの攻撃に、盾にヒビが入り砕け散った。

壊れた盾はゲルドの腕から、音を立てて崩れ落ちる。

しかしゲルドは異空間から、新しい盾を取り出した。

それを見たショウゴが文句を言うが、これは戦争なのだ。

ゲルドはショウゴがどのような卑怯な真似をしようとしても、全てを許す、と断言する。

ショウゴ「わぁーったよ、本気でやってやる」

来ていた上着を投げ捨てると、ショウゴはゆっくりと息を吸い込んだ。

“金剛身体”という身体強化を行い、再びゲルドに向かって攻撃を仕掛ける。

一撃で盾を破壊し、そのままゲルドに攻撃を続け、ゲルドは防戦一方だ。

突然、笑いながら攻撃するショウゴの腕に激痛が走った。

劣勢に陥ったショウゴの取った方法とは…

慌てて痛みの走った部分を見ると、皮膚が剥がれ、腕が崩れかけていた。

ショウゴ「ぎゃああああッ」

悲鳴を上げてうずくまるショウゴをゲルドは見下ろした。

ゲルド「肉体強度はなかなかのものだ。だが腐食には弱いようだな」

何を言われているのか、ショウゴにはすぐには理解出来ない。

ハクロウ「まだ終わっておらぬのか?」

背後からハクロウが声をかけた。

ハクロウはキョウヤと戦っているはずだと思ったショウゴは「キョウヤは一体何してやがる!」と叫ぶ。

ハクロウ「お主のお友達ならここじゃ」

ショウゴの横に、キョウヤの首が転がった。

光なくうつろに見上げるキョウヤの目を見たショウゴは、その場から逃げ出す。

ショウゴ(ヤバイーヤバイヤバイ、ヤバイヤバイ)

何か力を手に入れないと、このままではショウゴもキョウヤと同じ運命を辿ることになる。

ショウゴはテントの中へと駆け込んだ。

キララ「なに?終わったん?あんたらにしては手間取ったみたいじゃん」

いつもと同じ態度で自分に声をかけるキララを見たショウゴの口元が歪む。

ショウゴ「キララ、悪いんだけどさ」

 

ショウゴを追い、テントに入ってきたゲルドは、驚いた表情を浮かべる。

ハクロウ「…そこまで堕ちたか」

『確認しました。ユニークスキル“生存者(イキルモノ)”を獲得。』

ショウゴがキララの首元を押さえ、キララを犠牲にすることで自らを強化していた。

ショウゴ「俺は力を手に入れた!!」

ハクロウはショウゴを見つめる。

ゲルド「…どうやら買いかぶっていたようだ、貴様は武人ではない

ゲルドの怒りが露になるのだった。

>>『転生したらスライムだった件』第65話ネタバレに続く

Sponsored Links

転生したらスライムだった件など漫画を無料で読む方法

以上、『転生したらスライムだった件』第64話のネタバレになります。

文字で読むよりも、漫画はやっぱり絵でも読みたい…と思ったなら、U-NEXTの無料期間中にもらえる600円分のポイントを活用すれば、最新刊をお得に読むことができます。

U-NEXTなら最新作もお得!

『転生したらスライムだった件』最新刊をお得に読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

複数サイトを利用すれば、2~3冊分のコミックを無料で読むことも!

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT無料登録後、すぐ600円分のポイント。
music.jp無料登録後、すぐ600円分のポイント。
FODプレミアム無料登録後、1ヶ月間で1300円分のポイント。(8のつく日にポイントがもらえます)

U-NEXTは登録後すぐにポイントが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『転スラ』最新刊もポイントを使ってお得に読むことができますよ!

無料で『転生したらスライムだった件』を読みたい方はチェックしてみてください。

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメ作品もたくさんありますよ。

転生したらスライムだった件 第64話の感想・考察

テンペストが攻撃を仕掛ける中で、注意するべきなのは、異世界から来た3人組です。

しかし、キョウヤはハクロウの敵ではありませんでした。

そしてショウゴもゲルドにやられそうになります。

ショウゴはキララを手に掛けることで自分を強化しました。

仲間を犠牲にするショウゴを、ゲルドは許すはずがありません。

ゲルドはショウゴをきっちとと倒すまでは、全力で戦うことになるのでしょう。

そしてこの異世界からの三人さえ押さえてしまえば、あとはおそらくリムルの計画通りに進むはずです!

次回は、月刊シリウスの発売日は11月26日になります。

以上、『転生したらスライムだった件』第64話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.