捨てられた皇妃【第88話ネタバレ】ルブリスに呼ばれたティアと、アレンの動き

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第88話のネタバレ。

前回の話では、プリンシア王女と一緒にティアたちは外に食事に出かけます。ラス卿の様子がいつもとは違い、ティアたちは心配になります。ルブリスは毎日のように執務室を訪ねてくる王女のため、仕事がはかどらず閉口しているのでした。

それでは、『捨てられた皇妃』第88話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第88話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

捨てられた皇妃 第88話のネタバレ!

食事を終え、皇宮に戻ってきたプリンシアは、滞在中にお茶に来て欲しいと誘うと、ティアの手をギュッと握り締め、宮へと戻っていった。

夜勤があるためラス卿も一緒に行き、ティアとセインはそれを見送る。

今日はラス卿の様子が変だと言うティアに「バカな兄上、誰にも気づかれなといいんだけど」と頭を抱える。

見送る二人を振り返り、プリンシアは「…僕は剣のような人が好きです」という言葉を思い出す。

それは根っからの剣士の答えのように聞こえるが、ティアとセインが歩いていく背中に(そういうことだったの)と思うのだ。

 

ティアの訪問を喜ぶハレン

ティアの元へ皇太子殿下がお呼びです、と使いが来て、ティアはすぐにルブリスの元へ向かう。

宴会まであと数日で忙しい時期のはずなのにどうしたのかとティアは考えていた。

最近は王女たちが代わる代わる皇太子宮を出入りしているという噂も聞いていた。

ティア(この前みたいに、王女と鉢わせて気まずいことにならなければいいんだけど)

そう思いながらドアをノックする。

キィーッとドアが開き、「申し訳ございませんが…殿下は今、お忙しく…」と暗い顔をしたハレンが応対する。

ティア(へッ!?)

しかしハレンはドアをノックしたのがティアだとわかるとパァッと明るい表情になった

あまりに疲れた様子のハレンに、ティアは出直そうかと申し出るが「どうかお入りください!」とハレンはティアを中へと招き入れた。

ルブリスは相変わらず忙しそうだ。

ハレンの話では王女たちが絶え間なくやってくるため誰もいない隙に業務を片付けているのだという。

ティアの聞いた話でも、皇妃候補は5人いてそのうちの3人はとても積極的だということだった。

ティア(きっと休む間もないはず)

 

忙しそうなルブリス

ルブリスの周りには書類のが山積みになっていて、大変そうだとティアも思った。

今日ルブリスは、ティアの淹れたお茶を飲みたくて呼んだのだった。

ティアはすぐに用意をするが、その間、ルブリスは今回の宴会のドレスの色をティアに尋ねた。

公式的な宴会ではいつも服の色を合わせてきたのだが、今回は皇妃選びがあるし、確認の連絡もなかったため、合わせないと思っていたのだ。

そのためティアも適当に選ぶようにと指示をしてしまっていた。

ティア「…深緑です、それから紺に紫、深紅に黒…だった気がします」

その色を聞いたルブリスは「君は本当に暗い色が好きなのだな」と言う。

思い返せばリナたちにも同じようなことを言われた。

前世では意識して明るい色を選んでいたのだが、その理由はよく覚えていない。

お茶を入れたティアはルブリスに声をかけようとしたが、その時にはルブリスはもう眠ってしまっていた

また睡魔に負けてしまったと笑うハレンに、夜遅くまで執務があるのかとティアは聞いてみる。

王女たちが何度も訪ねてくるため捗らなかったせいもあるが、今は皇帝が政務のほとんどをルブリスに任せているため、業務量が以前よりも増えてしまっているのだ。

そのためこの所ずっと忙しかったのだ。

ハレン「侯爵令嬢に来ていただけ、本当によかったです」

 

ティアはルブリスに「殿下…」と呼びかけ、目を開けたルブリスは目の前にいるティアを見て驚いた顔になった。

30分ほど眠ってしまい、お茶も入れ替えた。

お茶に口を付けたルブリスは熱さに吹き出しそうになり、ティアは心配になるのだった。

 

アレンが思う事

アレン「…こんなところに隠れ家があるとは、驚きです」

黒いコートの男性がアレンを案内しながら、その頭脳に感服したと述べる。

男は、最近ティアが裕福な一族と手を結び始め、非常に厄介だと言う。

シャリア商団や鉱石鉱山と細工工を持つ貴族を集め、かんざしを流行らせたのだ。

男は再び貴族派の商団に金が流れ込むように、何が何でも流れを変えたいと言うが、それは権力において、資金ほど重要なものはないからだ

アレン「本当にすごいよ、僕のレディー」

ティアは同じ皇帝派でも、完全に埋もれていたつまらない存在を、自分の力だけで呼び集め、大きな勢力に育てたのだ。

小さかったシルバーの少女が、いつの間にかまぶしい光を放つようになっていた。

アレン「君はもう、僕の助けなんかっ必要としていないんだね」

中へ入るように促される。

アレン「君がそうなら僕も」

アレンは中へと足を踏み入れるのだった。

 

>>『捨てられた皇妃』第89話ネタバレに続く

スポンサーリンク

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第88話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

  • アプリダウンロード無料
  • 『捨てられた皇妃』を毎日1話無料で読める
  • オリジナル漫画も豊富

無料 『捨てられた皇妃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://piccoma.com/web/

※無料チケットの範囲なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第88話の感想・考察

相変わらずルブリスは王女の訪問攻撃を受けているようです。

しかも相手はモイーラだけではなく、王女候補は5人いて、そのうちの3人は積極的だという事でしたから、モイーラのような王女が3人いるということでしょうか。

そんな人たちが入れ代わり立ち代わりやってきたら仕事どころではないでしょう。

ティアはまだモイーラとプリンシアにしか会ったことがありませんが、宴会ではほかの3人と会うことになるのでしょうね。

しかし、ルブリスがティアを呼んだのは、ティアのお茶で休憩したいという事でしょうか。

なんとなくルブリスがティアに甘えているような感じを受けるのですが、これは気のせいではないでしょう。

きっと王女たちの訪問攻撃にも閉口してしまっているのでしょうね。

そしてティアの選ぶドレスが深い色が多いみたいですが、これも何か意味があるのでしょうか。

今回気になるのはアレンの動きです。

どうやら貴族派と通じているような感じですが、ティアと元のように友人に戻れたましたから、もう貴族派と連絡は取っていないのだと思っていました。

アレンは何を考えているのでしょう。

以上、『捨てられた皇妃』第88話のネタバレ感想でした。

スポンサーリンク
電子書籍でお得に漫画を!
あなたに合った、タイプ別おすすめの電子書籍サイトを解説しています。 電子書籍サイトを利用することで、漫画を50%offで購入できるクーポンがもらえたりするので、書店で漫画を買うよりもお買い得です。
漫画ネタバレ
コレワタ
タイトルとURLをコピーしました