漫画ネタバレ

捨てられた皇妃【第87話ネタバレ】ティアの立場

ネタバレ

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第87話のネタバレ。

前回の話では、声をかけたのはイット国の王女で、ティアの揚げ足を取ろうとしたのです。ティアが挨拶しようとした所にルブリスが通りかかり、モイーラはルブリスの後を追いかけていきます。ティアはラス卿を見かけセインと後を追いかけます。ラス卿はルア王国第二王女と一緒にどこかに出かけようとしていたのでした。

前回ネタバレ
捨てられた皇妃
捨てられた皇妃【第86話ネタバレ】招待された王女たち

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第86話のネタバレ。 前回の話では、建国記念祭が始まり各国から貴賓が招かれ、皇太子妃候補の王女たちも招待されます。任務に忙しいティアですが、 ...

続きを見る

それでは、『捨てられた皇妃』第87話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第87話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

捨てられた皇妃 第87話のネタバレ!

「ルア王国第二王女プリンシア・デ・ルアです」と相手が名乗り、ティアも慌てて「あっ!モニーク公爵家の長女、アリスティア・ラ・モニークと申します」と名乗る。

プリンシアは、ずっとティアと仲良くなりたくて機会を伺っていたと言う。

会えて嬉しいと言うプリンシアだが、ティアは(おかしいわね…)と思う。

ルア王国はリサ王国と並んで強大国なのに、そんな国の王女がなぜティアに興味を持つのかわからないのだ。

 

外に食事に出たプリンシアたち

プリンシアは「あたなたは?」とセインに向かって聞き、「カルセイン・デ・ラスです」とセインも名乗る。

「せっかくなのでお二人も一緒に食事に行きませんんか?」とプリンシアは二人を誘う。

しかしティアは王女は皇宮に戻ったほうがいいと反対する。

人目もあるし、自分たちだけでは王女を守ることが出来ないかもしれず、日を改めて正式に許可を取り外出したほうが安全だ。

しかしプリンシアも「食事が済めばすぐに戻るので少しだけ!」「帝国の首都を見学したいんです!」「せっかく外国に来たのに何もしないまま変えるなんて嫌ですわ!」と重ねて頼み、結局ティアが負けた

「あちらにおいしい店がございます…」とうラス卿の案内で「では早速行ってみましょう!」とプリンシアは歩き出した。

ティア「ラス卿、王女様はどんな…」

声をかけるが、ラス卿はボーッとしていて、「ラス卿?」というティアの呼びかけに、「あっ、はい!」と慌てて返事をする。

ティア「王女様はどんなお方ですか?どうして突然お食事に…」

それを聞いたラス卿の顔がパアッと明るくなる。

ラス卿「とても親切で優しいお方です!」

自分たちのような他国の騎士にもおおらかに接してくれ、いざという時はビシッと威厳を見せるという。

先日、他国の王女との摩擦があったのだが、とても冷静な対応と堂々とした姿から気品が溢れていて、理想的な王族だとラス卿は感じたのだ。

ラス卿「要するに、すてきなお方です」

べた褒めするラス卿からはハートが飛んでいくのが見え、「そうですか」とティアは苦笑する。

 

店に入ったティアはキノコ炒めとフルーツを頼むが、セインにステーキとサーモンのサラダにするように言われる。

騎士は体力が命なのだから、しっかり食べないといけないのが理由だ。

「私だって好きなものを食べたいわ!」と言うティアに「ダメだダメだ、より好みするには十年早い」とセインは返す。

二人のやり取りをじっと見ていたプリンシアはラス卿に「私にお料理を選んでいただけませんか?」と頼む。

ラス卿「わ…私がですか?」

オロオロしながらも、無難なのはビーフステーキだが、たまに外れがあるため、魚を薦めようとする。

しかしルア王国ではあまり魚を食べないことに気が付き、フランペならいいかと思い、それよりもトリュフパイが良いかと言い出し、「ここはステーキが美味しいですよ、王女様」とセインがバッサリと言ったのだった。

 

結局ステーキを頼んだ王女は「本当に美味しい」と言い、満足する。

「お口に合ったようでよかったです」というセインに対し、ラス卿はシュンとしている。

そんなラス卿にプリンシアは、ステーキがこんなに美味しいのだから、他の料理もきっと美味しいと思うと言い、次に来る時にはラス卿の選んだ料理を頼むから、また一緒に来て欲しいと笑いかける。

ラス卿「王女様がお望みなのでしたら、喜んで…!」

ティアとセインはなんだかミョ~な雰囲気を感じていた。

セイン「今日の兄上、なんかおかしくないか?」

ティアも「そうね、どういうわけか不安だわ」と返すが大丈夫なのだろうかと心配になるのだった。

 

強引なモイーラに困惑するルブリス

モイーラ「殿下!今日は私とお茶をいただきませんか?」

イット王国のフルーツを用意し、モイーラはルブリスをお茶にと誘っていた

ルブリスは毎日訪ねてくるモイーラに、業務で忙しく迷惑していることを伝えようとするが、モイーラは「お忙しくても休憩は挟みませんと」と聞く耳を持たない。

さらに「おつかれでしたら後ほど一緒に少し歩かれませんか?」と今度は散歩にと誘う。

そして夕食は自分の別館に用意するので寄って欲しいと言うのだ。

ハレン(断る隙きを与えないとは、なんとも強引な…)

ドアがコンッコンッとノックされた。

ルブリス「イット王女、すまないがもう…」

そう言いかけたルブリスにハレンが「殿下!例の贈り物が仕上がりました」と声をかける。

ルブリス「どれ、見てみよう」

それはルブリスが申し付けた通りの、最高品質の素材を使用させ、宝石もふんだんにあしらわせて作った靴だった。

ルブリス「モニーク家に贈るものだ、大切に保管しておくように」

その言葉を聞いたモイーラは(こんなにも華やかなものを、あんな子供にあげるだって?王女である私がここにいるのに…?)と悔しそうな表情になる。

モイーラ(理解できない!!)

 

食事をしていたセインは「あら、カルセイン卿ではありませんか」と後ろから声をかけられ振り返る。

見覚えのない女性に「失礼ですがどなたですか?」とセインは聞くが「キリナ・セ・フィルです」と相手は答えた。

以前アレンのガーデンバーティーで会った女性で、セインの騎士叙任式にも参列していた。

セレナ「叙任式の騎士の中で、一際輝かれておりましたわ」

そう褒められるが「ありがとうございます、たしかに俺ってイケてますよね」とセインは何事もないかのように答える。

それを聞いたセレナは「まあ、カルセイン卿ってば…」と嬉しそうに笑うのだった。

皇宮への帰り道、プリンシアは「さっきのご令嬢、カルセイン卿のことが気になっているみたいですね」と言うが「えっ?そんなはずないと思いますけど」とセインはキョトンとした顔をする。

プリンシア「あら、あんなにもわかりやすいのに」

しかしティアモセレナには何かを感じていたのだった。

>>『捨てられた皇妃』第88話ネタバレに続く

Sponsored Links

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第87話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

ピッコマなら無料で読める

捨てられた皇妃を無料で読む

※色々な漫画が用意されています

また、下記のような動画配信サービスを利用すれば、コミックも2~3冊無料で読めます。

サービス一覧
U-NEXT FOD music.jp
ポイント特典

600P / 40%還元

1200円以上購入で40%還元

1300P / 20%還元

8の付く日に400Pずつ

600P / 25%還元

まとめ買いで最大25%還元

無料期間
31日間 1ヶ月間 30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分は無料で漫画が読めます!
公式サイト 公式サイト 公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第87話の感想・考察

ラス卿が一緒にいた王女のプリンシアは、ティアの噂を聞き仲良くなりたいと思っていたと言います。

ラス卿の話だと親切で優しくて理想的な王族だということですが、かなり押しは強そうです。

それにティアのことを知っているということは、やっぱりティアがルブリスの婚約者という立場だからでしょうか。

招待された王女ですから、一応皇太子妃候補だとは思いますが、そちらにはあまり興味はないのでしょうか。

モイーラはあからさまにルブリスに近づき、ティアを目の敵にしていますが、プリンシアはまた、違う位置からティアを見ているようです。

そして迷惑を顧みず、ルブリスの元へと押しかけているモイーラですが、ルブリスのモニーク家への贈り物を見てしまいました。

これでまたモニークのティアへの嫌がらせが起こらないと良いのですが…。

建国祭、落ち着きません!

以上、『捨てられた皇妃』第87話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA , 2020 All Rights Reserved.