漫画で人生にワクワクを

捨てられた皇妃【第82話ネタバレ】母の事が知りたいと思うティア

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第82話のネタバレ。

前回の話では、ルブリスにお茶を持っていったティアですが、寝ていたため起きるまで待つことにします。ルブリスの本棚に貴族名鑑を見つけたティアは手に取りますが、その中に母の名前を見つけます。その時ルブリスが起き、ティアは手伝いを申し出ますが、ルブリスは必要になったら頼む、と言うのでした。

それでは、『捨てられた皇妃』第82話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第82話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

捨てられた皇妃 第82話のネタバレ!

ティアにも仕事があるため、ルブリスは戻るように言い、ティアもそれに従う。

部屋を出るティアを確認したルブリスは、手元にある“建国祭各国貴賓招待奏請名簿”に目を落とすのだった。

 

母の家系

回廊を歩いていくティアに掃除中のセインが気が付き声をかけるが、ティアは気が付かずにそのまま歩いていく。

ティア(ソニア…ソニア男爵家…たしかにうちの家臣家系図だった…)

書かれていたのは間違いなく母の名前だった。

いくら敵対関係にあるとはいえ、建国の功臣であるモニーク一族を“汚れた血”と呼ぶのは考えられず、ティアは母の血筋になにか理由があると思っていたのだ。

しかし名鑑によれば、二人ともれっきとした貴族だった。

ティア(それじゃどうして、ゼナ侯爵はあんなことを言うの?)

1度目の人生でも、ソニア男爵という名前を聞いたことが無い事も気になる。

ポンッと肩を叩かれ、ティアは我に返った。

セイン「さっきから呼んでんのに、なにボーッとしてんだよ?」

ここで何をしていたのかと聞かれたセインは、一人で掃除を命じられたと話し、「新人いびりに違いない」と言うが、そんなことはありえない。

セイン「それよりそろそろはじめようぜ」

とまどうティアに、セインは「おまえの昇級に向けた特訓のことだよ!!」と叫ぶ。

スパルタで甘やかさない、というセインに、ティアは「…うん、わかってる」と笑い、セインはやっと剣を握れる、と騒ぎ出すのだった。

母のことは、知っている人に聞くしかない、とティアは思う。

 

早速ティアは騎士の二人に、母の家柄を聞いてみた。

突然聞かれた事に戸惑いながらも、「…公爵夫人はソニア男爵家のお嬢様でしたが、今は存在しない一族です」と話してくれる。

公爵夫人が最後の末裔で、結婚された時に爵位を還収されたと聞いている。

ティア「ひょっとして母やソニア家の養女…だったのですか?」

血は引いていたはずだと答える騎士は、その質問を不思議に思う。

ティア「ソニア家はどのような一族でしたか?」

元々はモニーク家の家臣だったため、モニーク侯爵が婚約を破棄し、公爵夫人を選んだため、当時は大騒ぎになったと騎士は言い、初めて聞く話にティアは驚く。

ティア(パパにいいなずけがいたなんて…!)

騒ぎになったもの当然で、その相手というのが現在のラス公爵婦人だ。

ティア(嘘でしょ…!!ラス公爵夫人とパパが…!?)

 

今大切なこと

話しすぎたと思った騎士たちは、「お嬢様、もうよろしいでしょうか?」と話を止める。

そして詳しいことは時が来ればモニーク侯爵に聞くように、きっとモニーク侯爵も喜ぶ、と言うのだった。

ティア(パパ…そうなの?いつか…話してくれる?)

騎士に笑顔を向けると、「…わかりました。パパが話してくれるまで待ってます」とティアは答えるのだった。

ゼナ公爵に何を言われようと、今のティアにはどうでもいいことなのだ。

屋敷に戻ったティアは、窓際に立っていたモニーク公爵の背中にしがみついた。

モニーク侯爵「どうしたんだ?ティア、珍しく甘えてきて」

そう言って笑顔で振り返るモニーク侯爵に、「ただ…パパにくっついていたくて」と答えるティア。

その頭をモニーク侯爵は撫でる。

まだ父について知らないことがたくさんある、とティアは思うが、それがもどかしくて、父の気持ちまで考えていられなかったのだ

モニーク侯爵「何があったのかは知らないが、娘よ、何も心配しなくていい」

 

建国祭前の連休の朝、リナは「お嬢様、今日はゆっくりなさってくださいね!」と声をかける。

ティアにしてもこんなに余裕のある朝は久しぶりだ。

最近ティアが忙しく、一緒に過ごす時間が減っていたため、リナは寂しがっていたのだ。

気合を入れてティアの髪を結うリナだが、簪をつけようとしたらポキッと折れてしまった。

大騒ぎする二人をなだめ、「やっぱり今の装飾品はもろいのよね」と簪を見つめる。

(あの細工工が手がけたものは丈夫だったのに…)と思うが、あれ以来音沙汰はない。

ちょうどそこにカトリーヌとエンテアがティアを訪ねてきた。

二人は細工工の事で訪ねて来たという。

細工工が依頼を引き受けてくれない、という内容で、それを聞いたティアは驚くのだった。

 

>>『捨てられた皇妃』第83話ネタバレに続く

スポンサーリンク

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第82話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

  • アプリダウンロード無料
  • 『捨てられた皇妃』を毎日1話無料で読める
  • オリジナル漫画も豊富

無料 『捨てられた皇妃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://piccoma.com/web/

※無料チケットの範囲なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXT music.jp
ポイント特典
600円分 600円分
無料期間
31日間 30日間
無料期間中に取得可能なポイントで、漫画や動画を楽しむことができます!
公式サイト 公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第82話の感想・考察

母親の家系が気になるティアは話を知っていそうな騎士たちに聞いてみますが、“汚れた血”につながるようなことは何もありませんでした。

わかったのはラス公爵夫人とモニーク侯爵が許嫁同士だったことです。

ラス公爵夫人といえば、皇帝の妹。

それを解消してティアの母と結婚したのですから、きっと当時はかなりの騒ぎになったのでしょうね。

ラス公爵夫人のティアへのちょっと冷たい態度はそのせいもあるのでしょうか。

しかしその事を知ったおかげで、ティアは今大切なことを思い出します。

モニーク侯爵婦人が亡くなった時の事にも何やら秘密がありそうですから、モニーク侯爵がティアに話をしてくれるのは、もう少し先になるかもしれませんね。

きっとモニーク侯爵でしたら、きちんと時期を見極めて話をしてくれるはずです。

そして簪の方ですが、細工工に断られてしまったと、カトリーヌとエンテアが相談にやってきました。

こちらはどんな話になっているのでしょうか。

次回更新され次第、『捨てられた皇妃』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『捨てられた皇妃』第82話のネタバレ感想でした。