スポンサーリンク

捨てられた皇妃【第81話ネタバレ】ルブリスが起きるのを待つティア

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第81話のネタバレ。

前回の話では、叙任式にティアを連れて現れたルブリスはセインに声をかけ、噂を鎮めます。アレンは苛立ち、貴族派はティアを排除しようと考えます。書庫の整理をしていたティアは図書館に本を返しに行く途中、ハレンに会います。ティアはハレンに、用事のある自分の代わりにルブリスにお茶を出すように頼まれるのでした。

それでは、『捨てられた皇妃』第81話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第81話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

捨てられた皇妃 第81話のネタバレ!

ティアの代わりに図書館に向かいながら、ハレンはティアが叙任式に遅れてきたのは、皇帝が罰を与えたからだということと、今日のルブリスの業務が多いのはティアを連れ出したからだと考えていた。

 

眠っているルブリス

ルブリスの部屋に行ったティアは、椅子で寝ている彼を見つけ、どうしようかと考える。

起こせば良いのか、お茶を置いていけば良いのか判断できない。

持ってきたお茶を起きながら、ティアは(寝顔…はじめて見る)と思う。

いつもは険しい表情のルブリスだが、今は穏やかな顔をしていて、こういう時は人間らしさを感じる。

「人間らしい一面もあったのだな」というルブリスの言葉を思い出したティアは、初めて見たルブリスの笑顔や、一度目の人生では交わしたことのないような会話や、叙任式の日に探しに来てくれたことを思い出す。

それは自分の記憶の中のルブリスではなかった。

ティア(私だけじゃなく、彼も変わってきてるんだ)

人は互いに影響を受け合い変わっていく。

ティア(もしあの頃の私が今の私みたいだったら、あんな悲劇は起こらなかった?)

そう思ったりもするが、もうすぐ美優が、神に選ばれた、彼が愛した少女が現れるのだ。

美優が現ればルブリスは彼女を選び、自分の立場は大きく変わるはずだ。

ティア(今考えたって仕方のないことなのだけど)

小さく息を吐く。

 

初日から、一人広い練習場の掃除をさせられることになったセインは、「これは陰謀だ」とつぶやいていた。

ラス侯爵は自分で撒いた種は自分で刈り取るものだ、と言っていたが、一体自分が何をしたのかとセインは思う。

思い当たることといえば、眩しすぎる才能と、整った顔と、男らしい性格ぐらいだ。

いくら考えてもわかるはずもなく、ともかく一人で掃除するには無理な広さだ。

傍を通りかかる人影に気がついたセインは「おい、草頭」と叫んだ。

書類ばかり相手では体がなまるだろうと、掃除に誘おうとするセインに「…うるさい、僕に話しかけるな」とだけ言い捨て、アレンは歩いていく。

その態度にセインは腹を立てるが、アレンは振り返らずに行ってしまい、セインは「ちぇっ…」とだけ言うのだった。

 

ルブリスの書斎

ルブリスの書斎を見渡したティアは、本の数に驚く

起きるまで待っていると決めたティアは、少し見学させてもらうことにした。

本は政治、経済、歴史、戦術、軍事、行政まで揃っている。

これを全部読んだのかと感心するが、本の中に“帝国の貴族名鑑”があることに気がついた。

貴族名鑑は5年に一度改定され、古いものは回収されるため、貴族の家には最新版しかないのだが、ここには全部が揃っていた

“これだから汚れた血は!”というゼナ侯爵の言葉を思い出したティアは、20年程前の貴族名鑑を開き、目を通す。

そこには社交序列一位「帝国の盾」カイシル公爵家・社交序列二位「赤い薔薇」ハイデル公爵家・社交序列三位「帝国の剣」ラス公爵家・社交序列四位「勝利の栄光」ラクレル公爵家・社交序列五位「黒い薔薇」ゼナ公爵家、と記されていた。

ティアはゼナ公爵家が20年前までは序列五位だったことを知る。

他の一族のことを確認しようとページを捲ったティアは、モニーク家の家臣家系図を見つけた。

そこの一番最後に『ソニア男爵家・モニーク領の小さな村一つを管理した唯一の嫡女“ジェレミア・ロー・ソニア”婚姻により爵位還収』と書かれていた。

「何を見ている?」という声に振り返ったティアは、目が冷めたルブリスが自分を見ているのに気がついた。

ティア「申し訳ございません、おやすみでしたので…」

謝ろうとするティアに「謝ることはない」とルブリスは言い、ティアはお茶を持ってきたことを告げる。

ルブリスはティアが書庫の整理を終えたのかと気にかけるが、それは今日中には終わりそうだ。

それよりも机に山積みになった書類に、ルブリスが多忙なことをティアは心配する。

ルブリス「…これは、個人的な感情を優先してしまった代償だ」

意味はわからなかったが、ティアは出来ることがあればと申し出た。

理由を聞くリブリスに、叙任式の日に、ルブリスに心遣いを貰ったからだとティアは答えた。

それを聞いたルブリスは「君の助けが必要になれば、そのときはお願いしよう」と言うのだった。

 

>>『捨てられた皇妃』第82話ネタバレに続く

スポンサーリンク

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第81話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

  • アプリダウンロード無料
  • 『捨てられた皇妃』を毎日1話無料で読める
  • オリジナル漫画も豊富

無料 『捨てられた皇妃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://piccoma.com/web/

※無料チケットの範囲なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第81話の感想・考察

ティアがお茶を持っていっていると、なんとルブリスは眠っていました。

以前から頑張っていましたから、疲れも溜まっているのでしょうね。

気持ちよさそうに寝ている所を起こすのは、ティアでなくても気が引けます。

結局ルブリスが起きるまで待つことに決めたティアは、ちょっと興味深いものを見つけました。

普通は新しいものしか見ることのない貴族名鑑。

これを見れば、ゼナ公爵の言ったことがわかるかもしれません。

20年前、モニーク家もベリータ家も上位の序列には入っておらず、ゼナ公爵が5位だったのですね。

知っている名前はラス家だけです。

そしてモニーク家の家臣図の中に母親の名前を見つけたティア。

母はモニーク家の家臣だった、という事でしょうか。

しかし男爵家ですから貴族であることは間違いありませんし、家臣だったからと言って汚れた血、とまではいえないと思うのですが…。

ルブリスが起きてしまい、それ以上のことはわかりませんが、もっと秘密があるのでしょうか。

そしてブリスの、そのうちティアの助けが必要になったらお願いする、という言葉。

近いうちにそんな日が来ると考えているということでしょうか。

次回更新され次第、『捨てられた皇妃』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『捨てられた皇妃』第81話のネタバレ感想でした。

タイトルとURLをコピーしました