スポンサーリンク

捨てられた皇妃【第79話ネタバレ】ティアの元に駆けつけたルブリス

スポンサーリンク

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第79話のネタバレ。

前回の話では、ティアを気遣うルブリスですが、近づくとティアが怖がるかもしれません。ハレンは叙任式で様子を見るようにと助言します。しかし息子自慢をするラス侯爵のせいで、ティアは書庫の整理をするよう命じられてしまいます。それを知ったルブリスは儀式を見つめながらもティアの事を考えるのでした。

それでは、『捨てられた皇妃』第79話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第79話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

捨てられた皇妃 第79話のネタバレ!

皇帝は新しく任命された騎士たち一人一人に声をかけ、騎士はそれに応え忠誠を誓う。

その様子を見つめながら、ルブリスはティアの事を考えていた。

 

叙任式は滞りなく進んでいく

一方、書庫の整理を命じられたティアは、せっかく整理して積み重ねた本を倒してしまい、また最初から分別し直しだ。

ティアがため息を付いている時、セインの名前が呼ばれていた。

皇帝の前にひざまずくセインは姿の見えないティアを気にかけながら(どこかでちゃんとみてくれてるよな?)と思っていた。

いきなりルブリスが立ち上がり、ハレンに「すぐに戻る」と告げると、慌てるハレンを残し、どこかへ走り出してしまった

 

気がつくと時刻は既に夕暮れだ。

「叙任式、もうすぐ終わっちゃうだろうな」と空を見上げながらティアは思っていた。

正式に騎士になる人達の姿を見れば、自分も頑張ればああなれる、とますます自分を奮い立たせることが出来るだろうと思い、ティアは今日だけな何がなんでも参列したかった。

突然ガチャッとドアが開き、ぼんやりしていたティアはビクッとする。

団長が来たと思ったティアは、まだ任務が完了していない、と謝りながら振り向いた。

しかしそこに立っていたのはルブリスだった

「殿下!?」と驚きながらもルブリスに頭を下げたティアは、今はまだ叙任式の最中のはずなのに、何かあったのか不思議に思う。

ティア(どうしてこんなところに…?)

ルブリス「今行けばまだ間に合う、叙任式場へ

それを聞いたティアは、ルブリスが自分を迎えに来てくれたのだろうかと思う。

しかしその考えをすぐに打ち消した。

ティアは任務中のため、ここを離れるわけにはいかないと断ろうとするが、ルブリスは後で戻ってくればいいと譲らない。

ルブリス「…叙任式を見学したいのではなかったのか?」

そう言うとティアに手を差し出した。

何故自分が叙任式を楽しみにしていた事を知っているのだろうと思いながらも「…それではお言葉に甘えて」とティアはルブリスの手をとった

 

一緒に現れたルブリスとティア

叙任式では7名の新しい騎士が誕生した事を皇帝が宣言し、歓声と拍手が上がる。

その喜び中、後方のドアが開き、ルブリスとティアの二人が式場へと入ってくる

二人の姿を目にしたアレンとセイン、観客たちは驚きの声を上げ、視線を向ける。

人々はルブリスと一緒に現れたティアに目を留め、騎士団に入ったという噂が本当だったのだと思うのだった。

二人を見たハレンは(急いでどちらに行かれたのかと思えば)と笑顔を浮かべ、皇帝は(ほう…あやつ)とルブリスに感心する。

現れたティアを見たラス侯爵は「おっ?もう書庫の片付けが終わったのか?」と思わず口にし、それを聞いたモニーク侯爵に「今のは一体なんの話だ…?」と恨みのこもった目で睨みつけられるのだった。

騎士を前に言葉を投げかけるルブリスだが、特に若くして騎士となったセインはどのように称えればいいのかわからないと言う。

感謝の言葉を返すセインに、ルブリスも感謝していると伝え「騎士となったこれからも…僕の婚約者のいい友人でいてやってくれ」と言葉を続ける。

ルブリスの伴侶として育ってきたティアは寂しい人で、ルブリスはいつもそれを申し訳なく思ってきた。

最近ティアが明るくなったのは、セインとアレンが気のおけない友人になってくれたからだと言う。

離れた場所でそれを聞いていたアレンは(急に何を…)と思う。

ルブリス「今後ともよろしく頼むよ」

セインの肩を叩き「そなたを信じている、…カルセイン卿」とルブリスは言う。

セインは「…もちろんでございます、殿下」と答えるのだった。

 

>>『捨てられた皇妃』第80話ネタバレに続く

スポンサーリンク

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第79話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

  • アプリダウンロード無料
  • 『捨てられた皇妃』を毎日1話無料で読める
  • オリジナル漫画も豊富

無料 『捨てられた皇妃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://piccoma.com/web/

※無料チケットの範囲なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第79話の感想・考察

とてもとても出たかった叙任式の最中に書庫の整理を命じられてしまったティア。

これも任務ですから仕方がありません。

がっかりするティアの元に迎えに来てくれたのはルブリスでした。

遠くから見ていただけですが、ルブリスはティアが叙任式を楽しみにしていたことに気がついていたのですね。

しかも二人で式場に入り、注目を集めた後、皆にティアが自分の婚約者だと再確認させ、更にセインに釘をさします。

前に騎士の誓いの本を見た時に、主君に誓いを立てた騎士が、主君と同じ人を好きになったらどうするの、とアレンが聞いたことがあります。

まさに今セインがその状況です。

そしてルブリスにしっかりと釘をさされてしまいました。

まさか皆の前でルブリスがそんな事をするとは思いませんでしたが、やっぱりティアのことがかなり気になっているのですね。

ルブリスの気持ちを何かにつけ否定するティアですが、今回のことはどのように受け止めるのでしょうか。

次回更新され次第、『捨てられた皇妃』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『捨てられた皇妃』第79話のネタバレ感想でした。

タイトルとURLをコピーしました