漫画ネタバレ

捨てられた皇妃【最新77話ネタバレ】モニーク侯爵邸でお茶会を開いたティアの目的

ネタバレ

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第77話のネタバレ。

前回の話では、売られた喧嘩を買うことにしたティアは準備を始めます。まずは時間を遡る前と違いがあるか、資料に目を通します。次に、ヌエン子爵家のパーティーに出席し、ニアーヴたちと友人になります。彼女たちはティアの地位を固める土台となる代わりに、社交界の中心となる機会を与えられるのでした。

前回ネタバレ
捨てられた皇妃
捨てられた皇妃【最新76話ネタバレ】社交界での地位を確立するために

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第76話のネタバレ。 前回の話では、新年の挨拶のお茶の席で、ティアは皇帝からティアとセインが恋人同士だという噂を聞かされ、貴族派の仕業だとテ ...

続きを見る

それでは、『捨てられた皇妃』第77話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第77話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

捨てられた皇妃 第77話のネタバレ!

帰りの馬車の中、ケイルアンはティアが初めての割に上手くやっていたと褒めた。

ティアは照れながらも、「パパがそう言ってくれるのなら間違いないわね」と安心する。

ケイルアン「ティアにこのような一面があるとは思わなかった」

社交界は笑顔の下にナイフを隠した貴族たちの戦場であり、ティアはそんな社交界にはもう二度と足を踏み入れまいと思っていた

しかし剣だけでは大切な人を守ることは出来ないことも分かっていて、時には周りと同じ方法で戦わなければならないのだ。

ティア(大丈夫、慣れてるもの)

そう、自分に言い聞かせる。

ティア「…こんなことしてがっかりさせたんじゃないよね」

心配そうに聞くティアに「そんなわけがないだろう」とケイルアンは答えた。

ティアのしている事は、険しい社会を生き抜くためには必要なことで、ティアがどんなに厚い仮面をかぶろうとも、ケイルアンはティアがこの上なく心優しい子だということをよく知っている。

ティア「他の人たちも、そう考えてくれるかな?」

かつてのティアは人に嫌われることを恐れたことはなかった。

誰もしもが上辺だけの世界だったし、信じられる人もどこにもいなかった。

人をいかに利用し、のし上がろうかと、そんなことばかり考えていたのだ。

けれども今は(怖い)と思う。

誰かと心から通じ合うことの大切さを知ることが出来たのに、こんな自分を見せてしまえばがっかりされてしまう、嫌われてしまうのではないかと思ってしまう。

横に座ってたケイルアンが「親しい人ならわかってくれるはずだ」と、ギュッとティアの肩を抱く。

ケイルアン「何も心配することはない」

優しい言葉に、ティアは泣きそうになるのだった。

 

モニーク侯爵邸でのお茶会

モニーク侯爵邸で開かれるお茶会のことが話題になっていた。

系派内の一部の令息令嬢に招待状を出したのだが、連絡が来なかったジェノアの取り巻きたちは自分たちを排除しようとしている、と疑いを抱く。

ジェノア(…やっと動く気になったようね)

対策を考えようという取り巻きに、ジェノアはティアのお手並みを拝見する、というのだった。

 

ティアを中心に、モニーク侯爵邸のお茶会は盛り上がっていた。

皆に趣味のことを尋ねたティアは、自分の特別な趣味のことについて話をする。

ティアの趣味は装飾品のデザインで、最近描いたものはよく出来たので、みんなに意見を聞きたいと言う。

それはかんざしのデザイン画だった。

一度目の人生でティアが成人式を迎える頃、ちょうどかんざしが流行していたのだ。

それまでのかんざしは技術不足により地味で脇役にしかならなかったのだが、神の手を持つと言われた無名の宝石細工工が製作したものがこの上なく華やかで、さらに機能性まで兼ね備えていたため、人気を博したのだ。

今回ティアの描いたかんざしのデザインも独特な形をしていて、簡単に髪をまとめることが出来、更には短い髪でも使えそうなものだった。

令嬢たちは、画期的だ、と口を揃えてティアを褒める。

ティア(時間をかけた甲斐があったわ)

記憶を頼りに、かんざしに似合う髪型を考案したのだ。

エンテア「モニーク侯爵令嬢!これを実際に作ってみませんか?」

身を乗り出すようにしてエンテアが提案する。

ティアは趣味で書いたものなので、「実際に作るなんて…」と遠慮するが、「いいえ、公爵令嬢!これは間違いなく大流行します!」とエンテアは強く勧める。

ティアのデザインにヌエン領とナイラ領で取れる質の良い宝石があれば、あとはセンク領の細工工に任せればいい。

販売はエンエアの商団で行うことが出来るため、かなりの収益を見込むことが出来る。

ティア(あなたならそう言うと思ったわ)

才能がないと囁かれる兄に後継者の座を渡すものかと、エンエアは格闘していることをティアは知っていた。

これは、エンエアにとって、大きなチャンスになるのだ。

「あなたたちの家業に貢献できるなら…」とティアはうなずく。

そして報酬は必要ないためみんなで分けて欲しいと言い、「その代わり完成すれば一番に私に見せてください」と約束する。

喜ぶエンエアたちにティアは微笑んだ。

ティア(これでしっかり見せることができたはず)

自分と手を組めばいい思いをすることが出来るということを見せるために、ティアは令嬢令息を呼んだのだ。

あとはあの細工工を見つけ出して連れてくるだけだ。

ティア(ジェノア嬢たちはどんな反応を見せるかしら?)

 

ルブリスの気遣い

ルブリスの前で、ラス公爵とベリータ公爵が、今日の案件が終了したことを報告した。

アレンの活躍を聞いていたルブリスは、成果が出たら公子専用の執務室を与えるとベリータ公爵に伝える。

恐縮し、頭を下げるベリータ侯爵は「息子より、モニーク侯爵令嬢の活躍についてはお聞きになりましたか?」とルブリスに聞いた。

ラス公爵はまたルブリスを刺激している、と横目でベリータ公爵を見る。

まだ二度しか社交の場に顔を出していないティアが、既に多くの令息や令嬢に慕われていると伝え、「さすがモニーク公爵令嬢、実に見事な政治感覚を持っています」と褒めちぎる。

ルブリス「待ちたまえ」

その言葉に(ほら見ろ…!一気に空気が凍り付いたじゃないか…)とラス公爵はげっそりした表情になった。

ルブリス「つまり彼女は、社交界での交流と騎士団の業務を同時に行っているということか?」

思いがけない質問に、「はい?さようでございますが…」とベリータ公爵は答えた。

何かを考え込むルブリスに「どうかなさいましたか?」とベリータ公爵は尋ねた。

そしてラス公爵に、身体の弱いティアにあまり無理をさせないよう、気を使って欲しいと頼んだのだった。

>>『捨てられた皇妃』第78話ネタバレに続く

Sponsored Links

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第77話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

ピッコマなら無料で読める

捨てられた皇妃を無料で読む

※色々な漫画が用意されています

また、下記のような動画配信サービスを利用すれば、コミックも2~3冊無料で読めます。

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典

600P / 40%還元

1200円以上購入で40%還元

1300P / 20%還元

8の付く日に400Pずつ

600P / 25%還元

まとめ買いで最大25%還元

無料期間
31日間1ヶ月間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分は無料で漫画が読めます!
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第77話の感想・考察

社交界で動き出したティアに、やっと動く気になったようだと思うジェノア。

ルブリスの婚約者で皇后候補のティアが社交界に全く出てこない事が気に入らなかったのでしょうか。

お手並み拝見、と言っていますが、ティアが本気になったなら、恐らくジェノアは全く敵わないのではないでしょうか。

何しろ、一度社交界にも出ていて、裏の裏まで知り尽くしているのです。

以前のティアは人をいかに利用しのし上がろうかと考えていた、と言いますが、今は父にそんな姿を見せ、嫌われなくないと思っています。

ルブリスが前世でティアのことと全く信用していなかったのは、ティアのこの姿を見てきたからでしょうか

しかし父はちゃんとティアが本当は優しくて、やりたくてやっているわけではないとわかっています。

きっとティアに近い人達は、分かってくれるはずですし、社交界の中にも分かってくれる人はいるのではないでしょうか。

そして社交界でも周りに人が集まりだしたティアのことをベリータ公爵がルブリスに報告しました。

反発するかと思いましたが、反対にティアの事を心配しています。

これはティア自身が前世とは変わったため、ルブリスの気持ちも前世とは変わってきたということでしょうか。

ティアの社交界での位置はどうなるのでしょうか。

次回更新され次第、『捨てられた皇妃』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『捨てられた皇妃』第77話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA , 2020 All Rights Reserved.