漫画ネタバレ

捨てられた皇妃【最新75話ネタバレ】噂を知ったティアと、参内での出来事

更新日:

ネタバレ

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第75話のネタバレ。

前回の話では、アレンの開いたお茶会でお茶をこぼしてしまったニアーヴは先に帰りますが、なぜだかひどく怯えていました。それはアレンが怒ったのを見たからでした。

元旦の挨拶のため、ティアは控室で待ちます。その時、誰かの視線を感じ、驚いて振り返りるのでした。

前回ネタバレ
捨てられた皇妃
捨てられた皇妃【最新74話ネタバレ】聞けなかった噂と、新年の参内

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第74話のネタバレ。 前回の話では、ティアが火事を消し止めたのを見た皇帝は、結論は先延ばしにし、今日の集まりはなかったことにします。 後日ア ...

続きを見る

それでは、『捨てられた皇妃』第75話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第75話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

捨てられた皇妃 第75話のネタバレ!

視線を感じ、驚いたティアは振り返り、そこにいた老人を目が合う。

それは貴族派の首領、ゼナ公爵だった。

今は力を失った貴族派でありながら、陛下ですら慎重に接するほどの人物だ。

ティアはゼナ公爵からすさまじい威圧を感じる。

理由はわからないが、ティアの事をよく思っていないのは一目瞭然だ。

ケイルアン「ティア、来なさい」

順番だ、とティアの肩に手をかけ、ゼナの前からティアを離す。

 

噂の内容を知ったティア

挨拶をしたケイルアンとティアは一緒にお茶の席に就く。

皇帝はベル宮の火事でのティアの働きに礼を言い、同じ事が起きないように草木の手入れをしていると言った。

ティアはそこで皇帝から“噂”の事を聞かされる

皇帝「アリスティアとラス公子が恋人同士であると」

ティアとセインは領地へ愛の逃避行をし、見かねたルブリスが視察を言い訳に、モニーク領へと足を運んだ、という事になっているらしい。

皇帝「なんとも滑稽だろう!」

ケイルアンは謝るが、皇帝は噂が真実かどうかも、誰が噂を流したのかもわかっている

ティアが騎士団に入団したのを疑問に思っている者が、皇室と二人を試そうとしているのだ。

皇帝「アリスティア…何を言わんとしているのか、わかるね?」

動き始めた彼らに、十分注意するように、皇帝は言っているのだ。

 

皇帝の挨拶を終えたティアは、(やっぱり貴族派の仕業だった、なんてくだらない!)と考えていた。

歩くティアたちの前にゼナ公爵が現れ、「これはこれはいつぶりかな」とケイルアンに声をかける。

「いつぶりでしょう、ゼナ公爵」と返事を返すケイルアンに、ゼナ公爵は階級が違う自分に対し、無礼だと言いがかりをつける。

しかしケイルアンも「ご立派なこと」と言い返し「何を申す!」とゼナ公爵は叫ぶのだった。

横にいたティアに目を留めた公爵は「フッ!横にいるのが噂の娘か」と言い、ティアは噂のことならば事実無根だと言い返した。

ゼナ公爵「誰に向かって口をきいているのだ!生意気な!これだから汚れた血は!!

「言葉をお選びください、公爵!」とケイルアンがゼナ公爵の言葉を遮った。

謁見室まで急ぐように、と侍従がゼナ公爵に声をかけた。

ゼナ公爵がいなくなり、ティアは「ゼナ公爵が言ってた…」とケイルアンに声をかけるが「忘れなさい、ただの戯言だ」と取り合わない。

もちろんティアもケイルアンが何も言ってくれないだろうとは思っていた。

しかしただの戯言ならば、ケイルアンがあそこまで怒るはずはない。

ゼナ公爵の軽蔑するような目を思い出したティナは、何もわからずため息をつく。

 

令嬢たちの話

モニーク令嬢、と聞こえたティナは顔を上げ、声のした方へと向かう。

そこにいた令嬢たちは、ティアとセインの事を話していた

キリナはべアレンのお茶会で、ティアがセインとアレンのお茶にお砂糖を入れた事を話し、恋人のようだったと言う。

見習い騎士となったと聞き、ティアは皇太子妃になるつもりがないのだとも言った。

お告げのこともあるが、陛下が神殿嫌いなのも周知の事実だ。

ティアがモニーク一族の令嬢でなければ、とっくに破談となっているだろうとも言われる。

イリア「みなさんおやめなさい、見苦しい」

令嬢たちの話を止めたイリアだが、どんなに足りなくてもティアは皇太子妃になるのだから、口を慎むべきだと言うのだ。

ティア(なんですって…?)

それを聞いたティアは拳を握りしめる。

令嬢たちは次にイリヤの事を褒め始める。

ティア(影でなんて卑怯なの…!)

嘘の噂を流す貴族派に全員で対抗すべきなのに、皇帝派の人間が便乗して噂を拡散し、ティアを嘲罵していたのだ。

ティア(社交界を好きにさせすぎていたようね)

 

そろそろ帰ろう、とケイルアンがティアに声をかける。

ティア「パパ、待って!お願いがあるの!」

強い口調でティアは言うのだった。

>>『捨てられた皇妃』第76話ネタバレに続く

Sponsored Links

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第75話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

ピッコマなら無料で読める

捨てられた皇妃を無料で読む

※色々な漫画が用意されています

また、下記のような動画配信サービスを利用すれば、コミックも2~3冊無料で読めます。

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典

600P / 40%還元

1200円以上購入で40%還元

1300P / 20%還元

8の付く日に400Pずつ

600P / 25%還元

まとめ買いで最大25%還元

無料期間
31日間1ヶ月間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分は無料で漫画が読めます!
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第75話の感想・考察

噂を知ったティアですが、もちろん皇帝は信じてませんし、貴族派の動きを心配してティアに注意を促します。

そんなに貴族派というのは危険なのでしょうか。

そして挨拶を終えたティアの前に再び現れたゼナ公爵。

ティナに対し、汚れた血、と言っていますが、これはどういう意味なのでしょう。

しかも本当は味方のはずの皇帝派の人間までもが噂を拡散しているのです。

これでは周りに味方はいないも同然です。

社交界を好きにさせすぎていた、とティアは思いますが、何か手を打つつもりなのでしょうか。

前世の記憶がありますから、きっとどうすればいいのかはちゃんとわかっているのでしょうね。

あまり自分で動き回ってしまうと、また皇帝から手放したくない、と言われてしまいそうですが…。

ティアが何をするのか、楽しみです。

次回更新され次第、『捨てられた皇妃』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『捨てられた皇妃』第75話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.