漫画ネタバレ

捨てられた皇妃【最新72話ネタバレ】庭園の火事をくい止めようとするティア

更新日:

ネタバレ

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第72話のネタバレ。

前回の話では、陛下に謁見するために皇宮に来ていたティアは、アレンとセインに会います。アレンはティアとセインを年末のガーディンパーティに誘いました。

一方、皇帝の会議では、貴族派への対応が話し合われます。

そこに庭園で火災が発生した、と報告が届くのでした。

前回ネタバレ
捨てられた皇妃
捨てられた皇妃【最新71話ネタバレ】ティアの皇后辞退に関する会議と、庭園に発生した火事

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第71話のネタバレ。 前回の話では、ティアに続き、カルセインとアレンティスも皇宮で働くことが決まった。 ティアを中心に、何かと張り合おうとす ...

続きを見る

それでは、『捨てられた皇妃』第72話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第72話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

捨てられた皇妃 第72話のネタバレ!

火事の知らせを来たティアは庭園に駆けつけるが、広がる火に言葉を失う。

時を遡る前、寂しかったティアを、この庭園が、この木が慰めてくれた。

その庭園が、今、燃えて消えようとしているのだ。

前世での庭園の思い出

14歳の、まだ皇妃となる前、ティアは皇帝にシルバーの花をつける木の前に呼ばれた。

皇帝「この木がなんの木か、知っているかな?」

それはティアの知らない木で、皇帝は非常に珍しい品種で滅多に花をつけないと説明する。

ティア「次はいつごろ咲くのですか?」

しかし皇帝もまだ1度しか花をつけたのを見たことがない。

花は春に咲くものが多いが、この木の花の開花時期は冬で、月明かりの下で輝きを増すシルバーの花をつける。

しかし昔ベル宮での火災で木が少し焼けてしまい、それ以降花をつけなくなったのだ。

 

その時はその話を聞いてもなんとも思わなかった。

翌年皇妃となりルブリスの態度に傷ついていたティアは、再びこの樹の下を訪れた時、花開くことなくたたずんでいる木に自分の姿が重なって見えた。

それからは、辛くてどうしようもない時はいつも、ここに来て木を眺めていたのだ。

名前も知らないこの木が、いつかシルバーの花を咲かせたのなら、自分も暗い日々から抜け出せるはずだと信じ、来る日も来る日も待ち続けた。

しかし結局花を見ることは出来ないまま、16歳で1度目の生涯を終えたのだ。

 

火事が広がる中、ティアは木の方へと歩み寄った。

パチパチと庭園が燃える音がする。

ティア(このままじゃ、死んでしまう…)

木を見上げたティアは、そこにシルバーの蕾を見つけた。

「モニーク伯爵令嬢!?」消火を続けていた騎士の一人がティアに向かって叫び、危険だから逃げるようにと促す。

火はもう、直ぐ側まで燃え広がっている。

火を消さなければ…!

差し出された騎士の手をティアはトンッ、と払い除け叫んだ。

ティア「もたもたしていてはいけません!!」

宮内府の人間は落ち葉をかいて土を撒き火が燃え広がるのを防ぎ、召使いたちは今すぐベル宮にある布を水に浸して持ってくるように指示を出す。

その場にいた人々は、なぜこんな場所に公爵令嬢がいるのかと、戸惑っている。

ティア「早く動きなさい!皇帝陛下の庭園を灰にしてしまってもいいのですか!?」

その声に、人々は一斉に走り出した。

アレンとセインはやっとベル宮に着き、庭にいるティアを見つけた。

ティアのもとに行こうとしたアレンは侍従に止められ、走り出そうとしたセインも火に阻まれ、近づくことが出来ない。

ベル宮にやって来たケイルアンたちも、ティアが庭にいるのに気がつくと、大声でこちらに来るようにと呼びかける。

ティア(パパの声が聞こえた気がする、だけど今は火を消すのが先よ!!)

1度目の人生で皇帝が言っていた火災というのは、恐らくこの火事のことだ。

急げばまだ、この木を守ることが出来る。

騎士「公爵令嬢、火が!!」

その声に、自分のドレスに火が燃え移ったことにティアは気がついた。

ケイルアン「ティア!!」

アレン・セイン「アリスティア!!」

ティアは目の前の騎士から剣を抜き取ると、燃えている部分を自ら切り取った。

その様子をルブリスとケイルアンは言葉もなく見守る。

 

やがて火事は収まり始めた。

ティア(火の勢いがだいぶ弱まった)

もう大丈夫だと思ったティアは、初めて皇帝が自分たちを見ていることに気がつく。

ティア「…こちらにお見えになっていると知らず、ご挨拶が遅れ、申し訳ございません」

頭を下げるティアに、皇帝はねぎらいの言葉をかける。

ティアは皇帝の許しがないまま宮内府に指示を出したことを侘び「いかなる処罰も覚悟しております」と申し出る。

ティア(どこからご覧になっていたの…?まさか最初から…!?)

皇帝はティアを見下ろすのだった。

>>『捨てられた皇妃』第73話ネタバレに続く

Sponsored Links

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第72話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

ピッコマなら無料で読める

捨てられた皇妃を無料で読む

※色々な漫画が用意されています

また、下記のような動画配信サービスを利用すれば、コミックも2~3冊無料で読めます。

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT無料登録後、すぐ600円分のポイント。
music.jp無料登録後、すぐ600円分のポイント。
FODプレミアム無料登録後、1ヶ月間で1300円分のポイント。(8のつく日にポイントがもらえます)

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第72話の感想・考察

火事はなんとか被害の少ないうちに収めることができました。

火事の前には、あまり目立ってはいけないと思っていたティアですが、結局中心になって火事を消すことになってしまい、これ以上ないぐらい目立ってしまいました。

そんなティアを見て、皇帝やルブリスは何を思うのでしょう。

今回も火災の被害を押さえ、最初の人生とは違う道を辿りつつありますから、もうそれほど恐れなくてもいいと思うのですが…。

シルバーの蕾を付けていた木ですが、大丈夫だったのでしょうか。

この蕾は、これから咲くことが出来るのでしょうか。

次回更新され次第、『捨てられた皇妃』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『捨てられた皇妃』第72話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.