スポンサーリンク

捨てられた皇妃【第67話ネタバレ】母の命日を知ったティア

スポンサーリンク

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第67話のネタバレ。

前回の話では、皇宮に戻ったルブリスは、騎士団の制服を着たティアを見かけます。ティアも皇宮でリブリスを見かけ、緊張するのを感じます。夜、眠れずに庭に出ようとしたティアは、使われていない部屋で、ジェレミアの肖像画に話しかけるモニーク侯爵を見るのでした。

それでは、『捨てられた皇妃』第67話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第67話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

捨てられた皇妃 第67話のネタバレ!

呪いというのはモニーク一族の血に刻まれた皇帝との契りで、諸刃の剣であるがゆえ、モニーク侯爵はあまりよく思ってはいなかったことを、ティアも知っている。

ティア(まさか呪いと表現するほど、それを嫌悪していたなんて…)

モニーク侯爵は今までずっと皇帝の政治理念に同調し、それを実現するため先陣を切ってきたが、幾度となく手を血に染めてきた。

モニーク侯爵「ティアのあの小さな手は、いつまでもきれいであって欲しい…」

ティアにだけは自由な人生を歩ませたいと願っているのだ。

 

母の肖像画を見上げるティア

モニーク侯爵も眠れずにここに来てしまったのだが「余計な話をしてしまったね」とため息をつく。

モニーク侯爵「もう行こう、明日また来るよ」

そう言ってモニーク侯爵は部屋を出て行くが、ドアの陰に隠れているティアには気がつかなかった。

ティア「…明日は、お母様の命日なのか…」

モニーク侯爵はティアが心配で、母親のことを何も話そうとしなかったのだという事をティアは知った。

今までは亡くした悲しみが大きくて、思い出さないようにしているのだと思っていたのだ。

ジェレミアの肖像画を見上げるが、暗くて顔はよく見えない。

横に飾ってあるサザンカは、母の好きな花だったらしい。

ティア(お母様がこの世を去ったのは私が5つのときだけど、私はお母様のことを覚えていない)

記憶にあるのは、ただただ泣き続けた事だけだ。

子供だったとはいえ、なぜ何も覚えていないのかが気にかかる。

ティア(私はそれほどお母様に無関心な子供だったの?)

そういえば、とティアは考えた。

ティア(時間が遡る前に…お母様について、何か聞いたような…)

何かを思い出しそうになったティアだが、結局何もわからなかった。

 

モニーク侯爵の考えを知り、集中できないティアだが…

翌朝、制服を着て朝食に現れたティアに、モニーク侯爵は「騎士団に行くのか?」と尋ねる。

モニーク侯爵は今日は休みだ。

ティア(お母様のお墓に行くのかしら)

今日が何の日か知ってしまったティアは複雑な気分だ。

自分が家を継ぐことを望んでいないモニーク侯爵が、それでも応援してくれるのは、どんな気持ちなのだろうと考えてしまう。

書類を前にぼんやりしていたティアは、ラス公爵に「モニーク卿」と呼ばれ「あっ、はいっ‼」と慌てて返事をする。

ティアは「どうぞご下命ください」と席から立ちあがるが、「少し外を歩いてくるといい」と、ラス公爵はティアに休憩を取らせ、部屋から追い出した。

ラス公爵「…なんと、あれは間違いなく知ってしまったな」

隠すならば徹底して隠し通さなければならないのだ。

ラス公爵「こんな日に集中できるわけないじゃないか」

 

廊下を歩きながら、ティアは母の命日、血の呪い、家を継ぐこと、そしてモニーク侯爵の言っていた“あの子にだけは自由な人生を歩ませたいのだ”という言葉を思い返していた。

ティアは父親がこんなにもたくさんのことを考えていたことを知らなかった。

だから1度目の人生でも、モニークの名前に縛られる姿を見たくなくて、一人娘である自分を皇室に嫁がせたのかもしれない。

ティア「ふぅ…考えれば考えるほどわからなくなる」

気がつくと、ティアは皇宮の奥の庭園まで来ていた。

ここに来るのは久しぶりだが、悩みがあるときはいつも来ていた場所だ。

空はどんよりと曇っていて、一雨ありそうな天気だ。

ティア(もうここには来ちゃいけないけど、今日だけ少し寄っていこう)

サザンカの花束を抱えたルブリスが庭園に入ってくるのが見え、ティアは驚くが、ティアを見たルブリスも驚いたように立ち止まる。

はっと気が付いたティアは慌ててルブリスに頭を下げた。

ティアの着ている制服を見たルブリスは、ティアが第1騎士団に入ったことを確認した。

ルブリス「…そういえば、悪夢は…今もまだみるのか?

その言葉にティアは驚くのだった。

 

>>『捨てられた皇妃』第68話ネタバレに続く

スポンサーリンク

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第67話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

  • アプリダウンロード無料
  • 『捨てられた皇妃』を毎日1話無料で読める
  • オリジナル漫画も豊富

無料 『捨てられた皇妃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://piccoma.com/web/

※無料チケットの範囲なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第67話の感想・考察

母の命日や、モニーク侯爵の考えていることを知ってしまい、ティアは仕事に集中することができません。

しかし命日を知ったことを誰にも言うことはできませんから、やっぱり自分の中でもやもやするだけです。

母親はどんな亡くなりかたをしたのでしょう。

父親が秘密にし、記憶が無くなってしまうくらいですから、かなり衝撃的な亡くなり方のようです。

そして庭園でルブリスに会ってしまったティアですが、ルブリスが持っていたのはサザンカの花。

ルブリスはジェレミアを慕っていたようですから、ジェレミアのために用意したのでしょうか。

久しぶりに会った二人は、なんとなくぎくしゃくしています。

ルブリスに悪夢のことを聞かれたティアですが、何と答えるのでしょうか。

以上、『捨てられた皇妃』第67話のネタバレ感想でした。

タイトルとURLをコピーしました