スポンサーリンク

捨てられた皇妃【第63話ネタバレ】アレンとの再会

スポンサーリンク

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第63話のネタバレ。

前回の話では、ルブリスは王都に戻ることを決めます。王都ではティアが見習い騎士として頑張っていますが、アレンとセインに会えないことは寂しく感じていています。アレンからの手紙はモニーク侯爵が受け取り、ティアには渡っていません。モニーク侯爵にティアとの交際を止められたアレンは怒りを顕にするのでした。

それでは、『捨てられた皇妃』第63話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第63話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

捨てられた皇妃 第63話のネタバレ!

部屋で書き物をしていたティアは、インクが切れてしまい、新しいものを探す。

引き出しを開けると、そこには領地に届いたアレンからの手紙が入っていた。

お茶の用意をするというリナを呼び止め、「今日も私に何も届いていない?ベリータ公爵邸からのお手紙とか…」と聞いてみる。

 

本当のことを知ったティアは…

ティアが領地にいた時には、アレンからの手紙は毎週届いていたのに、こんなに長い間何の音沙汰もないのはおかしい

他の人への手紙に混ざっていないかをリナに確認するように頼む。

リナ「い…いえ…お嬢様には何も届いていませんでした…」

目を合わせずに言うリナを見つめたティアは「私に何か隠しているでしょ?」と聞いた。

ティア「怒らないから正直に話して」

もごもごと誤魔化そうとするリナだが、もう一度ティアに名前を呼ばれ、「…じ…実は!!」と本当のことを話し出す。

リナ「お手紙が来ていました!それも何度も…!ところが…」

やっぱり、とティアが頷く。

リナ「ご主人さまがお嬢様に黙っているようにとおっしゃいまして…!」

理由を聞くティアに、しばらくの間は仕事に集中しないとならないため、ティアが手紙を望んでいないとモニーク侯爵が言ったというのだ。

ティア(私が望んでないって…パパ…?)

リナは「本当に申し訳ございません…!」と頭を下げる。

少し考えたティアは、リナに外出の支度を頼む。

どこに行くのかと聞かれたリナは「ベリータ公爵邸!」と答えるのだった。

 

いつもとは違うアレン

ベリータ公爵邸では公爵夫人がティアを出迎える。

突然の訪問を謝るティアに公爵夫人は「いいのですよ…むしろ待っていましたわ」とベリータ公爵邸へと招き入れた。

公爵夫人「アレンディスは中にいますよ、すぐに案内させますね」

アレンの元へと案内を受けながら、ティアはモニーク侯爵が何故手紙を隠したのか考えていた。

以前からアレンと親しくする事をよく思ってはいないことは知っていたが、ティアに何も言わずに連絡を断ち切らせようとするなど、モニーク侯爵らしくない

ティアはアレンの部屋のドアをノックした。

「…なにしに来た」と中から冷たい声が届いた。

アレン「誰も部屋に入れるなとあれほど言ったのに」

ドアを開け、そっと中を覗いたティアは窓に向かって座るアレンの背中を見る。

ティア(まるで別人みたいに冷たい声)

連絡をしなかった自分を怒っているのだとティアは感じた。

アレン「聞こえないのか?今すぐ出てい…」

窓の方を向いていたアレンがそう言いなが振り返り、驚いたような表情になる。

アレン(ティ…ア?)

しかしティアを見つめていたアレンは「…はぁ」とため息をつくと目をそらした

アレン「また幻覚が見える…かなり疲れが溜まっているようだ」

そう言いながらアレンは寂しそうな瞳で入り口に立つティアに視線を向ける。

アレン「あるいは僕は…幻覚でもいいから君に会いたいのかもしれないね…」

ティアの前でアレンの独り言は続く。

アレン「ティア、連絡がないけど…、僕のこと…忘れてしまったの?それとも、まだ僕を許すことができない…?」

再び背を向けたアレンに「ア…アレン…!私よ…!」とティアは叫んだ。

ガタッとアレンは立ち上がると「ティア…?」とティアの方へと近づく。

アレン「ホントに…ティアなの…?」

そう言いながらティアの頬へ伸ばしたアレンの手を、サッとティアは反射的に避けてしまった

ティア(あちゃ!私ってばどうして避けるのよ!?)

アレンは手を伸ばしたまま、呆然とした表情で固まっている。

ティア(ひどいことをしてしまったわ…!)

自分の手を見つめるアレンのその手を、ティアはギュッと握った。

やることがたくさんあって忙しく、来るのが遅くなったことをアレンに謝る

ティア「本当にごめんね…私を許して…」

アレンはティアの手をグイッと引くと、そのままティアを抱きしめるのだった。

 

>>『捨てられた皇妃』第64話ネタバレに続く

スポンサーリンク

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第63話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

  • アプリダウンロード無料
  • 『捨てられた皇妃』を毎日1話無料で読める
  • オリジナル漫画も豊富

無料 『捨てられた皇妃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://piccoma.com/web/

※無料チケットの範囲なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第63話の感想・考察

アレンからの手紙が届いていたことを知ったティアは、すぐにベリータ公爵邸へと向かいました。

アレンが送ってくれた手紙は、モニーク侯爵が鍵をかけた引き出しにしまってしまいましたから読むことが出来ませんし、直接会いに行くのが一番です。

しかしティアも思っていましたが、勝手に手紙を隠してしまうなど、モニーク侯爵らしくないやり方です。

そしてアレンはティアに会えなかったせいか、かなり精神的に参っていたようです。

ティアを見て本物だと思わないのですから、普段から幻覚でティアが見えていたということですよね。

ベリータ公爵婦人も、もうどうしようもなくて、ティアが来てくれたことでホッとしたのではないでしょうか。

これでアレンもいつものアレンに戻るのでしょうか。

以上、『捨てられた皇妃』第63話のネタバレ感想でした。

スポンサーリンク
電子書籍でお得に漫画を!
あなたに合った、タイプ別おすすめの電子書籍サイトを解説しています。 電子書籍サイトを利用することで、漫画を50%offで購入できるクーポンがもらえたりするので、書店で漫画を買うよりもお買い得です。
漫画ネタバレ
KOREWATA
タイトルとURLをコピーしました