スポンサーリンク

捨てられた皇妃【第62話ネタバレ】忙しい中でもティアは…

スポンサーリンク

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第62話のネタバレ。

前回の話では、ティアから連絡が来ない事を気にかけるアレンは、心配して部屋を訪れた母親を拒絶します。騎士団に入ったティアは毎日忙しく過ごし、アレンの事を気にかけながらも動く事が出来ずにいました。冬が近づき、ルブリスは王都に戻る事を決めるのでした。

それでは、『捨てられた皇妃』第62話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第62話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

捨てられた皇妃 第62話のネタバレ!

予定より早く王都に戻ることになるため「よろしいのですか?」とハレンが聞く。

ルブリスが王都に戻ると、他国が本格的に攻めてくるのはわかっていた。

皇妃の座を巡る騒ぎを逃れようと、ルブリスはここまでやって来たのだ。

ルブリス(そのことを忘れていた…)

しかし、今戻れば間に合うため、出発しなければならないのだ。

ハレン(そうか、冬が来るということは、あの日が来るということ…

そして(公爵令嬢はご存知なのだろうか)と思うのだった。

 

会えないことに寂しさを感じるティア

ティアははしごに登ったリアンから本を受け取っていた。

団長に本を取ってくるように頼まれ、ディロンとリアンと一緒に書庫に来ていたのだ。

二人に手伝ってもらったティアはお礼を言い、家に招待したいと申し出る。

その時、横を赤い髪をした人が通り過ぎるのが目に入ったティアは(あの赤い髪!!)と、慌ててその後を追いかけ走り出した。

ティア(カルセインじゃ…!)

角を曲がった所に居たのはラス卿だった。

ティアを見たラス卿は「あれっ?公爵令嬢ではありませんか」と声をかける。

ティアも赤い髪の人物がラス卿だとわかり「あっ…ラス卿でしたか」と言う。

ラス卿はティアの入団にお祝いを言い、ティアはお礼を返す。

ティア(カルセインが皇宮にいるわけないじゃない)

そこにディロンとリアンが追いかけてきて、ラス卿に気がつくと挨拶をする。

ティア「あの、カルセインは元気にしていますか?」

その問いに、ラス卿は少し考え「元気と言っていいものなのか…」と言葉を濁し、ティアは何かあったのかと心配し、ラス卿は慌てて否定した。

一日中剣術の訓練ばかりしているのは相変わらずなのだが、それが必死すぎるのだ。

ラス卿「ある種の切実さを感じるのです」

それを聞いたティアは、セインも騎士を目指して頑張っているのだと思う。

理由についてセインは何も話してはくれず、ラス卿は自分の考えを話そうとした所にリアンがその言葉を遮り、第1騎士団にも顔を出してくれるようにと訴える。

しかしいずれラス卿は第1騎士団に戻ることになるのだ。

ラス卿「それまではモニーク卿をよろしくお願いします」

ディロンとリアンは「お任せください!!」としっかりと答えるのだった。

アレンもセインも、そして自分も忙しいのだから、次にいつ会える変わらないのは仕方がない、とティアは思った。

 

アレンからの手紙の行方

モニーク侯爵「リナ、待ちなさい」

手紙を持って歩くリナを呼び止める。

リナが手にしている若草色の手紙はアレンからのものだ。

モニーク侯爵は手紙を受け取り、じっと見つめると「私が預かろう」と言う。

リナ「あの…お嬢様にはいつ頃お伝えすれば…」

遠慮がちに聞くリナに「伝える必要などない、黙ってるように」とモニーク侯爵は言うが、リナは後ろめたさを感じる。

モニーク侯爵は引き出しに手紙を入れるとカチャッと鍵をかけたのだった。

 

アレンはモニーク侯爵から“娘と交際するのはもうやめてもらいたい”という内容の手紙を受け取っていた。

ティアはまだルブリスの婚約者であり、社交界デビューを果たした以上はよからぬ噂が立つと困るのだ。

“賢明な公子なら私の言わんとすることが理解できるであろう”と書かれていた。

アレン「…つまり、邪魔をするのだな!侯爵!」

グシャッとアレンは手紙を握りつぶすと、ダンッとテーブルを叩き、唇を噛む。

アレン「フンッ、今に見てろ」

そう言いながら立ち上がると、バサバサと本を取り出す。

アレン「おいっ!!」

呼びかけに「お呼びでございますか、お坊ちゃま」と召使いが答える。

アレン「今すぐハメル伯爵邸に人を送ってくれ、ただし誰にも見られないように!」

モニーク侯爵はティアの父親だから、我慢しようとアレンは思っていた。

ティアが皇帝に忠誠を誓うモニーク家の令嬢だから、アレンも静かに皇帝派に残っていようと考えていたのだ。

アレン「だけどあんたたちがそうくるのであれば、僕も考えを変えさせてもらおう

バサッとアレンは床に本を広げる。

アレン「いつまでも奪われてばかりいてなるものか…!」

 

>>『捨てられた皇妃』第63話ネタバレに続く

スポンサーリンク

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第62話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

  • アプリダウンロード無料
  • 『捨てられた皇妃』を毎日1話無料で読める
  • オリジナル漫画も豊富

無料 『捨てられた皇妃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://piccoma.com/web/

※無料チケットの範囲なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第62話の感想・考察

見習い騎士として忙しい毎日を過ごすティアですが、アレンとセインのことは気にかかっているようです。

しかしアレンからの手紙が届かないと思ったら、モニーク侯爵が片付けてしまっていたからだったのですね。

リナはティアがアレンからの手紙を待っていることを知っていますから、モニーク侯爵が渡す必要が無いと言ってもやっぱり気になるのでしょう。

アレンの所に、交際を止めて欲しいという手紙まで送っていますから、モニーク侯爵は本気でアレンとの間を終わらせるつもりのようです。

しかし流石はアレン、黙って言いなりになるはずはありません。

ハメル伯爵に連絡を取るように言っていますから、何かを考えているようです。

無茶なことをしないと良いのですが…。

以上、『捨てられた皇妃』第62話のネタバレ感想でした。

タイトルとURLをコピーしました