スポンサーリンク

捨てられた皇妃【第61話ネタバレ】冬が近づいてきている

スポンサーリンク

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第61話のネタバレ。

前回の話では、入団試験に合格したティアは、団長補佐の仕事が始まります。ラス公爵の執務室を尋ねると、今まで補佐をしていたディロンと、女騎士のリアンがいました。ティアは二人の歓迎を受け、見習い騎士の勤務が始まります。その頃アレンの元には貴族派からの使いが訪れていたのでした。

それでは、『捨てられた皇妃』第61話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第61話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

捨てられた皇妃 第61話のネタバレ!

コンコンッとアレンの部屋の扉がノックされ、「誰?」とアレンが聞く。

「アレン…いるんでしょう…?」という問いかけに、アレンはドアの方を振り返る。

 

一人部屋で過ごすアレンは…

ドアの外の声は、先程アレンを訪ねてきたお客について聞くが、アレンは答えない。

アレン(一体何しに来たんだ?)

ドアの外の声は、最近食欲のないアレンの具合を心配し、「アレン…開けてちょうだい…」と頼んだ。

さらに呼びかけようとする声を遮り「なに?具合が悪かったら看病してくれるわけ?」とアレンが聞く。

そして一族の名に泥を塗るようなことはしないから、食欲がなくても、誰を招き入れようとも関わらないでもらいたい、ときっぱりとはねつける。

「アレン…そうじゃないのよ、あなたが心配で…」そう続ける声に対し、「僕なんかより、身体の弱い兄上の心配をしていればいいだろう!」とアレンは叫んだ。

自分にかまわずに、いつものように兄に付きっきりになればいい、というアレンの声に、ドアの前から去っていく足音が響いた。

アレン「僕が心配?今さらなんなんだよ」

深く息を吐き出すと、「気にせずティアのことだけ考えるんだ」とアレンは頭を押え、本を手に取る。

ティアに会ったら話そうと思って、いくつか話題を用意し、プレゼントも準備してある。

アレン「いつになれば君に会えるんだ?」

視界の隅に銀の髪が揺れたように見え、バッとアレンは顔を上げ、そちらを見る。

アレン(気のせいか)

夕日が窓から差し込んでいるだけで、そこには誰もいない。

アレン(本なんて本でいる場合じゃない、もう一度手紙を書こう)

 

毎日を忙しく過ごすティア

騎士団に入ってからしばらくして、ティアに皇帝陛下からお呼びがかかった

ティアは今すぐ跡継ぎ修行を辞め、皇宮に住まいを移すように言われるのでは、と不安に思っていたが、皇帝は、仕事は楽しいか、とだけ聞いた

そしてモニーク領に寄ると言っていたルブリスと会ったかと聞く。

ティア「はい、私がこちらに戻る数日前にお見えになりました」

その答えに皇帝は頷くと、「もうすぐ冬がやってくる」と言う。

皇帝「アリスティアは冬が好きかな?」

ティアが頷くと「それは間逆なのだね…」と皇帝は言い、ティアは誰との事を言われたのかわからなかった。

皇帝のことかと思うが「そうではなく、ただの独り言だ、忘れてくれ」と返事が返ってきただけだった。

今日の皇帝は、なんだか物思いにふけっていたようだとティアは思う。

跡を継ぐことについて何も言わなかったことも気にかかる。

ティア(パパと何かしらのやり取りがあったのかも)

ティアは顔を上げ庭を見ると「冬…か」とつぶやく。

それよりも今は目が回るほど忙しいのだから、仕事の集中しなければならない。

補佐官としても、モニーク家の跡継ぎとしても、学ぶことがたくさんあるのだ。

種類を書いていたティアの横で、リアンが「あらっ?」と声を出しティアに綴りの間違を指摘する。

慌ててティアはお礼を言う。

ティアの「リアン卿には助けていただいてばかりですね」という言葉にリアン卿は「へへっ」と笑うと、自分は兄よりも頼りがいがあり、剣の腕も上だと主張する。

しかしそこにディロン卿が「そういうことは見習いを卒業してから言うように」と口を挟み、二人は言い合いになるが、もう慣れてしまったティアは気にならない。

 

屋敷に帰ったティアは「はぁ~…もうクタクタ~」とベットに倒れ込む。

明日はゆっくりしたほうが良いというリナに「お休みの日とはいえ、おちおち休んでいたら置いていかれちゃう、勉強しないと」と言い、本は机の上に置いておくように頼む。

ティア(まぶたが重い…やり忘れたことはないかしら…)

ウトウトしながらティアは考えいてた。

ティア「リナ…私宛に手紙が届いてない?

無いというリナの返事に、アレンから連絡がないのは忙しいからだろうか、とティアは思う。

自分の方から手紙を出せばいいのだが、なかなか出せずにいた。

ティア(辛いとき、力になってくれた大切なお友達、時間を見つけて会いに行かなきゃ、冬が来る前に…

そのまま眠ってしまうのだった。

 

城壁の上で空の上をみあげながら「そろそろ戻ったほうがよさそうだ」とルブリスはつぶやく。

ルブリス「…冬が来る前に」

すでに冷たい空気が近づいているのだった。

 

>>『捨てられた皇妃』第62話ネタバレに続く

スポンサーリンク

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第61話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

  • アプリダウンロード無料
  • 『捨てられた皇妃』を毎日1話無料で読める
  • オリジナル漫画も豊富

無料 『捨てられた皇妃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://piccoma.com/web/

※無料チケットの範囲なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第61話の感想・考察

王都に帰ってきたティアですが、連絡がなくてアレンはイライラしているみたいです。

ドアの外からアレンに声をかけたのは母親でしょうか。

しかし、アレンは母親を完全に拒否しているようです。

身体の弱い兄ばかりを父母が手をかけ、アレンは今まで放っておかれたのでしょうか。

もともと天才と言われるような子供でしたから、手もかからななったのでしょうね。

いまさら、と言っていますから、過去に何かあったのでしょうか。

どちらにしても今アレンが見ているのはティアだけのようです。

ティアといえば忙してくて大変な時期です。

アレンのことも気にかけてはいますが、なかなか時間も取れないようですね。

そして、アレンは何通もティアに手紙を書いているようでしたが、ティアは受け取っていないようです。

リナが何か知っていそうですが…。

いよいよ冬が近づいてきましたが、視察中のルブリスがいよいよ首都に戻ってくるようです。

ここらまた、何かが始まるのでしょうか。

以上、『捨てられた皇妃』第61話のネタバレ感想でした。

タイトルとURLをコピーしました