漫画ネタバレ

捨てられた皇妃【第55話ネタバレ】父の言葉に反応したティア

ネタバレ

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第55話のネタバレ。

前回の話では、アレンからの手紙を読んだルブリスは驚きます。セインが練習場にいるとルブリスが来ました。手合わせをしますが、セインは窓辺にいるティアに気を取られます。この時セインは、ティアへの気持ちに気づきます。知らせを受けたモニーク侯爵が駆けつけるのでした。

前回ネタバレ
捨てられた皇妃
捨てられた皇妃【第54話ネタバレ】公開するセインと、気が付いた気持ち

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第54話のネタバレ。 前回の話では、気が付かないうちに、前世と同じことをしてしまったティア。ルブリスはティアに自分を避ける理由を聞きます。前 ...

続きを見る

それでは、『捨てられた皇妃』第55話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第55話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

捨てられた皇妃 第55話のネタバレ!

「ティア!!」と叫びながら部屋に飛び込んできたモニーク侯爵に、ティアは無表情な顔を向ける。

しかしそのままうつむいてしまい、声をかけても振り向こうともしない。

モニーク侯爵「これは一体…、ティア…?どうしたのだ?

 

ティアに向かって叫ぶ、モニーク侯爵

二日間、食事も睡眠も取らず、ベッドの上で座ったままだとルブリスが説明する。

モニーク侯爵「ティア、何があったのか話してくれ」

ティアの顔を覗き込みながらモニーク侯爵はティアの苦しんでいる原因を尋ね、一人で残すのではなかったと後悔する。

しかしティアはまったく反応しない。

モニーク侯爵「何か言いなさい!しっかりするんだ!!」

肩を掴み声をかけるが、ティアは微かにそちらに顔向けるだけで、やはり何も言おうとはせず、そのまま耳を塞ぐのだった。

モニーク侯爵「私の言うことが聞こえないのか?」

声を荒げるモニーク侯爵を、皇宮医が止めようとする。

モニーク侯爵はティアの手を耳から外すと「…私の育て方が間違っていたようだ」と言う。

背負うものが大きなティアが哀れで甘えを許してきたせいで、ここまで弱い子に育ってしまったのだ。

モニーク侯爵「剣を極めるのではなかっのか!?家を継ぐのではなかったのか!?」

このままでは全てを諦めることになってしまうのだ。

モニーク侯爵「おまえの人生はまだこれからだ!!目を覚ましなさい!!アリスティア・ラ・モニーク!

その叫びに、ティアの視点が定まり、目の前にいる人を認める。

ティア「…あぁ、パ…パ…?

父親がいるのに気がついたティアは「パパ…どうしてここに…」と尋ねると、そのままベッドに倒れ込んでしまった。

ルブリスは慌てて皇宮医を呼ぶが、ティアは眠ってしまっただけで「もう大丈夫です」と皇宮医は言う。

モニーク侯爵は「お見苦しいところをお見せし、大変申し訳ございませんでした」とルブリスに頭を下げる。

気にすることはない、と答えるルブリスだが、公務のため、そろそろ発たなければならない

モニーク侯爵「娘のことでしたら私がついておりますので、どうぞおかまいなく」

その言葉にルブリスは頷いた。

ルブリス(…僕がここを離れれば、そなたも心を休めることができるだろう)

眠りこむティアを見つめながら、ルブリスは横のテーブルの上にそっと手紙を置く。

そして「令嬢の一刻も早い回復を願っている」とモニーク侯爵に伝えると、出発のために馬車に乗り込もうとする。

モニーク侯爵「殿下、ティアがあのようになってしまった経緯をご存知でしょうか?」

その問いかけにルブリスは「…いいや、わからない」と答えると、首都で会おうと言い、馬車を走らせるのだった。

馬車の中ではハレンがなぜあの手紙について何も話さなかったのかとルブリスに聞くが、ルブリスは考えてこんだまま答えない。

ルブリスを見送ったモニーク侯爵とセインは屋敷に戻るのだった。

 

目を覚ましたティアが見たものは…

ティアは目を覚ますが、そこは何もない真っ暗な空間で、「パパ…、リナ…?」と声をかけてみるが返事はない。

サァーッとなにかが背後に現れたのを感じ、ティアは振り返る。

ガタンッと足元が揺れ、パァーッと目の前にたくさんの鏡が現れる。

ティア「なんなのこれ…?子供の頃の私…?

目の前には眠い目をこすりながら本を読むティアや、ピアノの練習をするティアがいる。

「アリスティア、こちらに来なさい」という言葉に「はい、殿下~」と答える幼い自分の声。

ティアは振り返った。

ティア(これってまさか…!?)

笑顔で陛下の前に座るティアがいた。

ティア(時間を巻き戻される前の私だわ!遠い昔の私と陛下と彼…)

笑顔で皇帝に答えるティアの後ろにはルブリスが立ち、じっとティアを見つめている。

ティア(あんな表情で見ていたのね)

そして皇宮にルブリスに会いに行くティアの姿。

伴侶となるのだからと、皇帝がルブリスと過ごす時間を増やすように言い、その言いつけに従い何度も皇宮を訪れるが、なかなか会うことは出来きず、「来すぎだ」「殿下は嫌がっている」と陰口を叩かれた。

そして場面はルブリスの成人式。

ティア(このときたしか…)

ティアは足を引っ掛け、ダンスの途中で転んでしまったのだ。

周りの者達は「やっぱり子供は子供ね」「后になる自覚が足りない」とクスクスと笑い、ルブリスは何も言わない。

ティアはルブリスに迷惑をかけてはいけない、心を無にし、何があっても動揺しないようにと思う。

それはたとえ、自分が上に選ばれし少女じゃなかったとしても、だ。

 

>>『捨てられた皇妃』第56話ネタバレに続く

Sponsored Links

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第55話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

ピッコマなら無料で読める

捨てられた皇妃を無料で読む

※色々な漫画が用意されています

また、下記のような動画配信サービスを利用すれば、コミックも2~3冊無料で読めます。

サービス一覧
U-NEXT FOD music.jp
ポイント特典

600P / 40%還元

1200円以上購入で40%還元

1300P / 20%還元

8の付く日に400Pずつ

600P / 25%還元

まとめ買いで最大25%還元

無料期間
31日間 1ヶ月間 30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分は無料で漫画が読めます!
公式サイト 公式サイト 公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第55話の感想・考察

父の呼びかけで、やっとティアの心が戻ってきましたが、2日間眠っていなかったため、そのまま眠り込んでしまいます。

その間にルブリスはモニーク領を発ちますが、自分が居ないほうが、と思っているということは、やっぱりアレンの手紙を読んで、ティアの前世を知ったのでしょうか。

考え込んでいるようですから、全部を現実とは受け止めてはいないのでしょうが、ティアがどうしてルブリスを避けようとしているかはわかったようです。

それを知ってルブリスはどうするのでしょうか。

そして目覚めたティアが見た前世。

ルブリスの成人式では、今世と同じように転びそうになったみたいですが、ルブリスは助けてくれなかったのですね。

それだけでも前世と今世はかなり変わってきています。

そしてその失敗のせいで、ティアは自分を追い詰めていってしまったのですね。

ティアの記憶は美優が現れたところでしたが、この先の嫌な記憶も観ることになるのでしょうか。

以上、『捨てられた皇妃』第55話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA , 2020 All Rights Reserved.