スポンサーリンク

捨てられた皇妃【第54話ネタバレ】公開するセインと、気が付いた気持ち

スポンサーリンク

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第54話のネタバレ。

前回の話では、気が付かないうちに、前世と同じことをしてしまったティア。ルブリスはティアに自分を避ける理由を聞きます。前世の記憶が蘇り、ルブリスに触れらたティアはそのまま気を失ってしまいました。そして目が冷めた時には言葉を失っていたのでした。

それでは、『捨てられた皇妃』第54話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第54話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

捨てられた皇妃 第54話のネタバレ!

草色の便箋がベリータ公爵邸からのものだと気がついたルブリスは、それを手に取った。

ルブリス(人の手紙を勝手に読むのは…)

しかしちらりと見えた内容が気になり、結局ルブリスは手紙を読み始める。

ルブリス「な…なんだこれは!!どういうことだ!!」

手紙を読み終えたルブリスは驚愕するのだった。

 

練習場に出たルブリス

モニーク領に降った雨は朝には上がっていた。

訓練場へ出たセインは、スルッと剣を抜く。

セイン(ここまで来て、俺は一体なにをしてたんだ?やるべきことはわかってただろ…

モニーク領に来る前、絶対にこんなこと言いたくなかったけど、とアレンは前置きしながら、「ティアを守ってやってくれ」とセインに言ったのだ。

プライドを捨ててまでアレンは自分に託したのに、何もできなかったのだ。

セイン(あいつが皇室との関わりを絶ちたがってることを知りながら)

自分はなんて臆病者なのだろうと、セインは「クソッ…!」と舌打ちした。

 

ルブリス「ラス公子、ここにいたのか」

ずっと中にいると息が詰まる、とやってきたルブリスは「いつもここで練習しているのか、公子も彼女も」と聞いた。

ルブリス「僕の婚約者には、騎士の素質があるだろうか?

そう聞いたルブリスに「間違いなく数年以内に騎士となるでしょう」とセインは答えた。

ルブリスはセインに「少し付き合ってくれ」と、剣を手に取る。

以前からセインの剣さばきを見てみたいと思っていたのだ。

ルブリス「手加減はしない方がいい、僕は公子の父親、ラス公爵の弟子である」

 

剣を交える二人

窓の外から聞こえる剣の音が届いたのか、ティアはなんとなく窓の外に目を向ける。

練習場ではルブリスとセインが剣を交えている。

セイン(チッ…今の俺にはこんなことしかできないのか?)

窓からの視線にを感じたセインは、そこから見つめるティアに気がついた。

一瞬セインがティアに気を取られた瞬間、ルブリスが踏みこみ、剣がセインの頬をかすめる。

リブリス「何に気を取られているのだ!集中したまえ!」

その言葉にセインはルブリスに向かうと、喉に向け剣を突く

その瞬間、セインを護衛騎士の剣が取り囲み、身動きが取れなくなった。

セインがルブリスに向けていた剣を下ろす。

ルブリス「…ラス公子、一つ忠告する」

どんな天才剣士だろうと、心ここにあらざれば、本当に求めるものは手にすることは出来ない、とルブリスは言った。

ルブリス「今のままでは公子自信すら守れそうにない」

それだけ言うとルブリスは屋敷に戻って行く。

一人練習場に残されたセインは「…なんだよ?意味わかんね…」とつぶやく。

剣を交えている最中に集中力が切れたのは初めてだった。

セイン(そうだったのか、俺はあいつを友達としてではなく…

その想いに気がついたセインは唇を噛む。

セイン「目を覚ませ!!」

カシャンッと剣が音を立てるのだった。

ルブリス(あの忠告は、誰に向けたものだったのか)

 

モニーク侯爵「ティアの具合は!?」

モニーク領の屋敷に着くなり、モニーク侯爵は叫んだ。

言葉で説明することは難しく、ティアの部屋へと向かう。

モニーク侯爵「ティア!!」

叫びながら、モニーク侯爵はティアの部屋のドアをダンッと開けたのだった。

 

>>『捨てられた皇妃』第55話ネタバレに続く

スポンサーリンク

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第54話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

  • アプリダウンロード無料
  • 『捨てられた皇妃』を毎日1話無料で読める
  • オリジナル漫画も豊富

無料 『捨てられた皇妃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://piccoma.com/web/

※無料チケットの範囲なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第54話の感想・考察

ルブリスが読んだのは、前世のティアの事がまとめられた手紙でしょうか。

かなり驚いてはいましたが、はっきりした理由がわかり、ある意味納得したのかもしれません。

もちろんそれが全部真実だとはすぐに思わないとしても、手紙の内容が真実だとすれば、ルブリスの事をかなり詳しく知っていることも、ダンスが上手だったことも、すべて納得できます。

ルブリスはティアの気持ちを知って、騎士になれる素質があるならば、と思ったのでしょうか。

そして色々悩むセインですが、ティアへの気持ちに気がついてしまいました。

しかし苦しい立場ですね。

モニーク侯爵が駆けつけましたが、ティアは正気を取り戻すことが出来るのでしょうか。

以上、『捨てられた皇妃』第54話のネタバレ感想でした。

タイトルとURLをコピーしました