漫画で人生にワクワクを

捨てられた皇妃【第52話ネタバレ】完璧なもてなし

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第52話のネタバレ。

前回の話では、モニーク領で、ティアはセインに剣の稽古をつけてもらい、自分でも上達を感じます。

自分たちの距離も近くなったことを感じ、アレンとの仲も修復できてきました。

そんなある日、国境地域視察のため近日中にモニーク領に寄る、とルブリスからの知らせが届きます。ティアはルブリスを迎えるのでした。

それでは、『捨てられた皇妃』第52話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第52話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

捨てられた皇妃 第52話のネタバレ!

食事の前に砂を流したいというルブリスを部屋へ通す。

ルブリスが去り、ポカーンと放心するティアに、「…おい、なあ…」とセインが声をかけ、ティアは我に返る。

ティア(あっ、放心している場合じゃないわ)

 

ティアの采配

調理場へ行ったティアは料理長に注意事項を確認し、「殿下の食事はすべて違うものを用意しました」との返事をもらう。

そしてルブリスの食事はもちろん、他の者たちの食事にも気を配る。

出された皿を見たルブリスは何か言いたそうな顔になり、それに気がついたティアが「どうなさいましたか?何か至らない点でも…」と心配するが、「…なんでもない」とルブリスは答える。

ハレンは感心したような表情を浮かべている。

ティア「お二人のお口には合いますでしょうか?」

その問いにハレンは笑顔を返し、セインは「俺もいつも言ってるけど、うま…」と言いかけ、ルブリスの視線に気が付き「…おいしいです、公爵令嬢」と言い直す。

ティア(私また、何か失敗をしてしまったの…?)

ワインを見つめるルブリスも、皿を見てクスッと笑うハレンも、どうも空気がおかしい、と感じるのだ。

ジローッと見つめるルブリスに、(気に入らないことがあるなら言ってちょうだいよ!!)とティアは思う。

これでは食事が喉を通らない。

食後にはカモミールとハイビスカスの二種類のお茶を用意した。

ティア(少しは和やかになったかも)

そう思いながらセインのカップにお砂糖を二つ入れる

ルブリス「おっと、ラス公子にまだ礼をしていなかったね」

その言葉にセインが振り向いた。

婚約者のティアが領地に一人で滞在する事を心配していたのだが、セインのような実力者がついていてくれて非常に心強い、「感謝する」とルブリスは言うのだ。

セイン(“僕の婚約者”…!?)

婚約者という言葉に反応したセインは黙ってリブリスを見つめる。

そんなセインにルブリスは「何か言いたいことがあるようだが」とセインを見るが、(カルセイン、お願いよ…!)とティアは気がきではなく、その横でハレンは優雅にお茶を飲む。

セインは「…いえ」と視線をそらすが、心の中では(くぅ~!!なんか鼻につく野郎だ…!!)と怒りを抑えていた。

 

ルブリスの態度に戸惑うティア

ルブリス「そんなことより、そなたはいつまで婚約者である僕を置いて、ここにいるつもりなのだ?」

今度はティアに向かって聞く。

ティア(!?!?!!)

「は…はいっ!?」と返事をしながらも、今日のルブリスはどうしてしまったのだろうかとティアは思う。

ルブリスはティアに笑いかけながら「早く首都に帰ってきておくれ」と言うが、今日に限って事あるごとに婚約者、と連呼している

ティア(急に怖いほど馴れ馴れしい!!)

まだ帰る日も決めていないティアは「どうかなさいましたか?」と聞いてみる。

ルブリスはティアがいないと物寂しく、父である皇帝もティアに会いたがっていると言い、「さようでございましたか…」とティアも頷くしかない。

ティア(どういう思惑なの!?)

うつむくティアの横で、ルブリスはセインに「婚約者と話があるから、少し席を外してもらおう」と言い、セインは腹を立てながらハレンと一緒に部屋を出る

イライラするセインに、ハレンは「ご心配には及ばないことでしょう、公爵令嬢はただ者ではございません」と言う。

ハレン「…さすがモニーク家のご令嬢」

こんなに短時間の内に、完璧な準備でルブリスを迎えたと言うのだ。

近衛兵を送り準備をしろと言ってきたのはルブリスの方で、「それはそうでございますが」とハレンも頷く。

ハレン(だけど…本当にどうしてわかったのだろうか?皇宮内でも極少数の者しか知らない事実だというのに…)

 

二人きりになったティアは、気まずさを感じ、ルブリスと視線をあわせられずにいた。

ルブリス「まったく理解できない、そなたのその矛盾した態度」

怯えるほど恐れているルブリスに、完璧に行き届いた配慮をしてみせたのだ。

ティア(配慮…?)

言っている意味がわからず、ティアは「当然のことをしたまででございます」と答える。

ルブリス「当然のこと?果たしてそうだろうか?」

きのこ料理、ワイン、デザート、そしてお茶までもが単なる偶然だとは考えられない。

声を荒げたルブリスをティアは見つめる。

ルブリスは魚料理が苦手で、ワインは帝国暦900年のベルロット産赤ブドウ、または928年のプレーア産白ブドウ、デザートは甘くないさっぱりしたものを好み、不眠症気味のため日が暮れてからはカモミールティーしか飲まない。

そこまで思い返して、ティアは(あっ!!)と口もを押さえた。

ティア(今のはすべて皇宮内の機密事項じゃない!!)

少数しか知らない情報を、ティアが知っていることにルブリスは疑問を持ったのだった。

 

>>『捨てられた皇妃』第53話ネタバレに続く

スポンサーリンク

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第52話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

  • アプリダウンロード無料
  • 『捨てられた皇妃』を毎日1話無料で読める
  • オリジナル漫画も豊富

無料 『捨てられた皇妃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://piccoma.com/web/

※無料チケットの範囲なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXT music.jp
ポイント特典
600円分 600円分
無料期間
31日間 30日間
無料期間中に取得可能なポイントで、漫画や動画を楽しむことができます!
公式サイト 公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第52話の感想・考察

モニーク領にやって来たリブリスですが、どうもセインが気になるようです。

前はアレンのことも気にしていましたが、セインの方がアレンよりも馴れ馴れしく見えますよね。

“僕の婚約者”を強調するのはその気持ちの表れでしょうか。

とはいえ、あまり機嫌が良さそうに見えないのは気になります。

前世の記憶もありますから、ティアも何か失敗してしまったのかと心配しています。

ハレンはさすがモニーク公爵令嬢はただ者ではない、と絶賛していますが、これはティアがルブリスの好みを熟知していたから出た言葉でしょうか。

しかし機密事項を知っていたティアをルブリスが追求します。

下手なことは言えませんが、ティアはなんと答えるのでしょうか。

以上、『捨てられた皇妃』第52話のネタバレ感想でした。