漫画ネタバレ

捨てられた皇妃【第48話ネタバレ】アレンの手紙を預かるセイン

ネタバレ

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第48話のネタバレ。

前回の話では、婚約破棄の件で、ルブリスはピリピリとし、内も外も騒がしくなりそうです。ティアはモニーク侯爵と領地に向かいます。首都とは違う景色にティアは感動し、色々と考えながらも、ここでリラックスする、と決めるのでした。

前回ネタバレ
捨てられた皇妃
捨てられた皇妃【第47話ネタバレ】領地に着いたティア

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第47話のネタバレ。 前回の話では、モニーク侯爵、騎士たちが戻り、ティアの大切な日常が戻ってきました。モニーク侯爵は、ティアに休むように言い ...

続きを見る

それでは、『捨てられた皇妃』第48話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第48話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

捨てられた皇妃 第48話のネタバレ!

ティアが領地に来てからひと月が経つが、時折モニーク侯爵の仕事を傍で学び、一緒に来た騎士に剣術を習い、なごやかな時間を過ごしていると、時間はまたたく間に過ぎていってしまった。

 

ティアの訓練を見たモニーク侯爵が考えたこと

剣の訓練をするティアに「随分と上達したね」とモニーク侯爵が声をかける。

モニーク侯爵「練習は楽しいか?」

聞かれたティアは「うんっ!」と嬉しそうに答えた。

首都でもシーモア卿とセインに習っていたということを、モニーク侯爵に話す。

ティア「まだまだ体力はないけれど、前より長い訓練に耐えられるようになったわ!」

成果を見て欲しい、とティアは言う。

ティアが剣を習い始めた時、すぐに辞めるだろうと、モニーク侯爵は思っていた。

モニーク家の剣術には強固な意志が必要不可欠だが、ティアが習得するには今後も数多くの困難が待ち受けているだろう、とも考えていた。

モニーク侯爵(それならいっそ…)

訓練を終えたティアにタオルを渡しながら「ここまで来て訓練されなくても…」とリナが言うが、まだまだ練習が足りないのに、休んでいたら今まで習ったことも忘れてしまう、とティアは答える。

その横でモニーク侯爵が、ベンにラス公爵への手紙を言付けていた。

ティア(ラス公爵家?どうしたのかしら?)

領地に来てからもモニーク侯爵はずっと仕事をしていた。

それを見ていたティアは、忙しいのに自分のために無理をしてここに来てくれたのではないかと感じていた。

 

セインへの依頼

ラス公爵家にはセインにお客が訪ねてきていた。

朝早くから連絡もよこさずにやって来た客に、ブツブツ言いながら客間に行ってみると、そこにいたのはアレンだった。

セイン「俺になんの用だ?」

暗い表情のアレンに「…なんかあったのか?」と聞く。

アレンはスッ…と手紙を差し出し、それをみたセインは「挑戦状かよ!?」とガバッと立ち上がる。

しかしそれはティア宛の手紙だった。

アレン「渡してくれ」

差し出された手紙を受け取りながら、セインはティアが今、領地にいることを伝える。

当然アレンもその事は知っているが、「俺も次にいつあいつに会えるかわからないってのに」と言うセインに、少なくとも自分よりは先にティアに会えるだろう、と答える。

セイン「…おまえ、あいつと何かあったんだろ?」

悠然とお茶を飲むアレンに、セインが聞いた。

アレン「君も見たはずだ、あの日、成人式の夜のあの二人を

ティアとルブリスがダンスを踊る姿を思い出しながら「…見たけど?」とセインは答える。

アレン「僕たちはひとまず休戦ってことで」

セインには言いたくなかった、と前置きしながら「…よく聞いて、ティアをー」とアレンは話すのだった。

 

アレンが帰ったあと、「確かに仲良さそうに見えたな」とセインは成人式の時の事を思い出していた。

剣術を始めたのは婚約を破棄するためだったはずなのに、あんなに顔を近づけ、まるでずっと前から一緒だったかのように、違和感がなく踊っていた。

アレンは突然あんな調子だし、間違いなく何かあったのに、自分だけ気が付かなかったのだ。

セイン(何も知らない、俺だけ)

空を見上げ、考え込んでいたが「えーい、知るか!!」と突然叫びだした。

ティアが誰と喧嘩しようと、結婚しようと自分とは関係ないのだ。

セイン「俺たちは、ただの友達!!」

そう思おうとするセインだがティアに言われた“そこまでの間柄ではないと思いますが?”という言葉を思い出し、「…でもないんだよね~」と暗い気持ちになる。

練習をしようと、セインは剣を持って立ち上がった。

剣を振りながら、(そういやあいつ、ちゃんと訓練してんのかな?)とポケーッと考え込む。

セイン(ハッ!集中集中!!)

ボケーッとしていた事に気がついたセインは再び剣をブンブンと振る。

セイン(また倒れたりしてないだろうな?触れただけでも折れそうなくせに、まだあんな無茶な練習してたりして)

ポケーッと考えこむセインのすぐ後ろから「なーにサボってんだ?」とラス公爵が声をかけた。

突然現れた父親に驚いて、セインは振り返った。

ラス公爵「何を考えてたんだ?人が近寄るのにも気づかずに」

焦りながら「俺にだってそれなりに悩みがあるんです~」と視線をそらすセインに、ラス公爵は「へぇ~?」と笑った。

セインはこんな時間にどうしたのかと聞くが、ラス公爵は用事があって戻ってきたのだ。

ラス公爵「カルセイン、急いでモニーク家の領地に行ってくれ

セインにそう告げたのだった。

>>『捨てられた皇妃』第49話ネタバレに続く

Sponsored Links

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第48話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

ピッコマなら無料で読める

捨てられた皇妃を無料で読む

※色々な漫画が用意されています

また、下記のような動画配信サービスを利用すれば、コミックも2~3冊無料で読めます。

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典

600P / 40%還元

1200円以上購入で40%還元

1300P / 20%還元

8の付く日に400Pずつ

600P / 25%還元

まとめ買いで最大25%還元

無料期間
31日間1ヶ月間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分は無料で漫画が読めます!
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第48話の感想・考察

ティアが本気で剣術を習い、騎士になりたいと思っていると感じたモニーク侯爵は、何か考えたようです。

ラス公爵に手紙を送ったようですが、これはなんの手紙でしょうか。

そしてセインはアレンからの手紙を預かっています。

普通に送ったのでは見てもらえないと思ったのでしょうね。

直接手渡しできそうなセインに頼みました。

確かに今の状態ならば、セインの方が先にティアに会うことができそうです。

そしていきなり帰ってきたラス公爵が、セインにモニーク家の領地に行くようにと言います。

これはモニーク侯爵の手紙と何か関係があるのでしょうか。

以上、『捨てられた皇妃』第48話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA , 2020 All Rights Reserved.