スポンサーリンク

捨てられた皇妃【第47話ネタバレ】領地に着いたティア

スポンサーリンク

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第47話のネタバレ。

前回の話では、モニーク侯爵、騎士たちが戻り、ティアの大切な日常が戻ってきました。モニーク侯爵は、ティアに休むように言いますが、ティアは屋敷にいるのが辛く、訓練を見に来てボーッとしてしまいます。そんなティアをモニーク侯爵は領地への旅行へと誘うのでした。

それでは、『捨てられた皇妃』第47話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第47話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

捨てられた皇妃 第47話のネタバレ!

皇太子宮でルブリスの前から下がったベリータ侯爵は、疲れを感じていた。

回廊を歩いているとラス公爵に声をかけられる。

二人はモニーク侯爵が休暇を取り、ティアと領地に出かけた事を話題にする。

ベリータ公爵「陛下は何もおっしゃらなかったのか?」

そうなんだと答えたラス公爵は、第1騎士団と第2騎士団は交互に出勤するため、毎日出勤だとぼやく。

ベリータ公爵は、成人式の日に破談の話が出たのだろうと察し、ラス公爵もうなずくが、誰が聞いているかわからないため、確かめることもできない。

しかし悟った人間はいるはずで、貴族派もそのことには気がついている

ルブリスの様子を聞くラス公爵に「それはそれはピリピリしているよ」とベリータ公爵は答えた。

ベリータ公爵「状況を把握なさった以上、黙ってはいらっしゃらないことだろう」

それを聞いたラス公爵は、内も外も騒がしくなるだろうと思うのだった。

 

首都とは違う風景

馬車で眠ってしまったティアに、モニーク侯爵が声をかける。

もうすぐ領地に到着する。

「外をご覧」と促されたティアは、カーテンを開け、「わぁ…!!」と思わず声を上げる。

城には退職した執事のベンが待っていて、「じいや!お久しぶり!」とティアは嬉しそうに声をかけた。

ベンに中で休むように促されたティアは、「ここが首都の最後の防衛線を任されてるのね」と城を見上げた。

城壁に立ったティアは、一度も旅行はしたことがなかったが、首都を少し離れただけでこんなにも静かなことに驚いていた。

首都とは違い、花と緑があふれ、石垣とツタに囲まれた古城に(逃げるかのごとくやってきた)とティアは感じていた。

三年間、過去と違う道を歩もうと必死に足掻いたのに思ったようにいかず、他に術がなかったのだ。

ティア(逃げるべきじゃなかったかもしれない)

もしもあの時、モニーク侯爵が戻ってこなかったら、今頃はきっと収集がつかないことになっていたはずだ。

ティア(パパ…)

馬車の近くで指示を出すモニーク侯爵をティアは見つめていた。

ティア(そういえば、あの日のパパと陛下の会話…どういう内容なのかしら?)

あの日のことを考えていたティアに、「景色が素晴らしいでしょう?」とベンが声をかけた。

 

リラックスしようと決めたティア

振り返ったティアは、立派なお城に驚いたと言い、ベンはよそとは違い、静かで平和なここがティアも気にいるだろうと言う。

ベン「それよりお嬢様、随分と大きくなられましたね」

そう言って涙ぐむ。

しかしまだまだ幼いティアが、歳よりもずっと長い歳月を感じさせる目をしていると感じ(一体何を抱えていらっしゃるのですか)とベンは思うのだった。

ティアから疲労の色を感じたベンは、息子がしっかりしていないからだと、モニーク侯爵に叱ってもらうと言い出し、ティアは焦った。

ティア「それにパパ…!」

パパと言いかけたティアは慌ててお父様と言い直す。

ベン「とてもいい親子関係を築いていらっしゃるようで、安心いたしました」

頭を下げ、「夕食の支度ができましたら、お呼びいたしますね」と、ベンは下がる。

大きくなったと言われたティアは、「まだまだ先だな~、早く大きくなってね僕のレディー」と言ったアレンの笑顔を思い出す。

ティア(ねえ、アレンディス、知ってる?)

信じてというアレンの言葉にティアがどれだけ悩んだか、怪訝な表情を浮かべるアレンを見て、どれほど胸を痛めたか。

ティア(大切に思っていた人に、また突き放されたという事実が、私をどれほど…)

下の方から「お嬢様~!!」と呼ぶ声が聞こえ、ティアは我に返る。

リナが荷馬車に咲いているお花を見に来てほしいと叫んでいた。

すぐに行くと答えたティアは(今は何も考えないでいよう)と思う。

楽しいことだけに目を向け、心ゆくまでリラックスする。

そのためにここに来たのだ。

そしてその事で誰かに逃げたと後ろ指を指されたとしてもかまわないと、ティアは思う。

 

暗い部屋で一人、アレンはベッドに横たわっていた。

アレン「…ティア」

つぶやきだけが漏れるのだった。

 

>>『捨てられた皇妃』第48話ネタバレに続く

スポンサーリンク

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第47話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

  • アプリダウンロード無料
  • 『捨てられた皇妃』を毎日1話無料で読める
  • オリジナル漫画も豊富

無料 『捨てられた皇妃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://piccoma.com/web/

※無料チケットの範囲なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第47話の感想・考察

領地に向けて旅立ったモニーク侯爵とティアですが、そこは今までティアが見たことが無い風景が広がっていました。

自然あふれるこの場所でなら、ティアもゆっくりすることが出来るのでは無いでしょうか。

この三年間、ずっとなんとかしようと頑張ってきて、でも何が変わったのかもよくわからなくて、少し疲れてしまったのですね。

そんな時は、休むことも大切です。

ティアの事を本当に心配してくれる人もそばにいてくれます。

ここで楽しいことが見つかり、リラックス出来るといいですね。

以上、『捨てられた皇妃』第47話のネタバレ感想でした。

タイトルとURLをコピーしました