スポンサーリンク

捨てられた皇妃【第46話ネタバレ】戻ってきた日常と、それぞれの思い

スポンサーリンク

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第46話のネタバレ。

前回の話では、宴に現れた人物はモニーク侯爵でした。モニーク侯爵は自分の後継者はティア一人だと皇帝に告げ、ルブリスはその件は後日話し合おうと言います。父が戻ってきてティアは安心しますが、自分がこれからどうなりどこへ行くのかという、不安も感じるのでした。

それでは、『捨てられた皇妃』第46話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第46話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

捨てられた皇妃 第46話のネタバレ!

窓の下を見下ろしたティアは、そこに騎士たちの姿を見る。

ティアに気がついた騎士たちも、挨拶や久しぶりに会えた喜びを口にする。

 

ティアを労るモニーク侯爵

窓から身を乗り出し「騎士団のみなさん…!全員ご無事で…」と言いかけたティアは、自分がパジャマだったことに気が付き、「キャッ」っと慌てて窓の中へと隠れた。

騎士たちも慌てて目を押さえ、「何も見ておりません!!」と叫ぶ。

再び窓から顔だけを出したティアに、騎士たちは今日からまた毎日ここへ来ることを伝え、「後ほど練習場でお会いしましょう!!」と手を振るのだった。

毎日にぎやかな声と共に目覚め、朝食に行くと父がいる。

ティア(私の大切な日常が戻ってきたんだわ)

朝食の席についたティアに、モニーク侯爵は「陛下と殿下とのこと、あまり心配しなくてよい」と伝える。

話し合いが持ち越しになり、ティアは不安だろうが、陛下も殿下も自分たちが言おうとしたことは理解したはずだ。

モニーク侯爵「今は何も考えずに休んでいなさい」

留守の間苦労しただろうティアには、休養が必要だと言う。

ティアもできることならばそうしたいと思う。

しかし、モニーク侯爵が後継者を指名するだけで納得してもらえるかどうかはわからないし、騎士にならなければモニーク家を継ぐ事は出来ないのだ。

ティア「あとを継がないと“あれ”だって使えないわ」

 

ルブリス「婚約から逃れるためのあれを…誓いを、使うつもりなのだろう

独り言のようにつぶやいたルブリスに「何かおっしゃいましたか?」とハレンが聞くが、「…なんでもない」とルブリスは答えた。

小さい頃のことは覚えていないのに、自分を見る度に怯え、皇宮の庭園に頻繁に出入りするティアが、本当はモニーク家のあとを継ぐつもりだったということに、ルブリスは疑問を感じる。

ルブリス(“誓い”を使ってまで、そこまでして、僕とは関わりたくないというのか?)

まだティアの態度の理由も聞いていないルブリスは(そたなは一体何を考えているのだ?)と思うのだった。

 

それでも不安は残る…

セインは戻ってきたカイシアンに真剣勝負を挑んでいた。

理由を聞かれたセインは「兄上の力が衰えていないかチェックしようと思っただけ」と答えるが、「はお?それにしては随分と焦って見える」と言われてしまう。

カイシアン「今日はモニーク邸に行かないのか?」

その言葉に、自分が言っても邪魔になるだけだと、セインはうつむいた。

それもそうだと納得したカイシアンは「それなら今日は、やんちゃ小僧の相手をしてやるとするか」と言い、「小僧じゃない、才能だって兄上よりあるぞ」と言い返し、頭を叩かれるのだった。

 

訓練を見学するティアはボーッとしていた。

あまりにもボーッとしている様子に、騎士たちは何かあったのかと囁き合う。

ティアの肩にモニーク侯爵が手をかけ、「今日は休んでいいと言っただろう?」と声をかけるが、ティアは寂しくて屋敷から出てきてしまったのだ。

モニーク侯爵も騎士団のみんなも戻ってきて、もう一人ではないとわかっているのだが、(ホッとして溜まっていた疲れが出たのかもしれない)とも思う。

家にいるのがなんだか辛いのだ。

ティア「遠くに行きたい…」

思わずそうつぶやいたティアは、「今のは言ってみただけ!少し疲れて…」と、慌てて打ち消そうとする。

モニーク侯爵「それなら…首都から二日ほど行けば一族の領地がある、ティアが良ければ私と一緒にそこに行こう

前世のティアは死ぬまで首都を離れたことがなく、心のどこかで窮屈さを感じる人生だった。

ティア(そこから抜け出せるのなら…パパと一緒なら…)

「行く」とティアは即答したのだった。

 

出かける準備をし、召使いたちに見送られながらティアは屋敷を出た。

子供に戻ってから三年間を必死に足掻いてきたが、神の仕掛けた絡まりあう運命から、自分はどれだけ抜け出せたのだろうかとティアは思う。

そして今はただ、これまでの出来事も複雑な感情も、全てを忘れ、疲れた心を癒やしたかった。

モニーク侯爵「ティア、行こう」

馬車の前でモニーク侯爵が手を差し出す。

首都から離れた場所へ、ティアは向かうのだった。

 

>>『捨てられた皇妃』第47話ネタバレに続く

スポンサーリンク

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第46話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

  • アプリダウンロード無料
  • 『捨てられた皇妃』を毎日1話無料で読める
  • オリジナル漫画も豊富

無料 『捨てられた皇妃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://piccoma.com/web/

※無料チケットの範囲なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第46話の感想・考察

モニーク侯爵も戻り、騎士たちも戻り、前と変わらない日常が戻ってきました。

成人式ではモニーク侯爵がティアが跡を継ぐことをきちんと伝えてくれましたから、ともかくは安心していいはずです。

モニーク侯爵が心配しなくてもいい、と言ってくれても、ティアは不安を消し去ることができません。

しかし何かをどうこうすることは出来ず、これを煮詰まった状態というのでしょうか。

そしてそれはティアだけではなく、アレンもセインもルブリスも同じようです。

ティアはモニーク侯爵の言葉で、ともかくここから抜け出してみようと思いました。

環境を変えることで、何かが変わるかもしれません。

以上、『捨てられた皇妃』第46話のネタバレ感想でした。

スポンサーリンク
電子書籍でお得に漫画を!
あなたに合った、タイプ別おすすめの電子書籍サイトを解説しています。 電子書籍サイトを利用することで、漫画を50%offで購入できるクーポンがもらえたりするので、書店で漫画を買うよりもお買い得です。
漫画ネタバレ
KOREWATA
タイトルとURLをコピーしました