捨てられた皇妃【第41話ネタバレ】ティアを心配するアレン

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第41話のネタバレ。

前回の話では、二人きりになったアレンとセインですが、やはり仲良くはできそうにありません。仲違いする様子を見たリナは、ティアを争っていると言いますが、ティアはそんな事はありえないと思います。3人でお茶を飲んでいると封書が届きますが、それは皇帝からのものでした。

それでは、『捨てられた皇妃』第41話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第41話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

捨てられた皇妃 第41話のネタバレ!

ティアの元に届いた封書には雄叫びをあげる金のライオンが描かれており、ひと目で皇室からのものだということがわかる。

手紙を見て考え込むティアに「何か良くない知らせか?」とセインが聞くが、ティアは否定する。

 

皇室からの手紙

理由を聞かれたティアの代りにアレンが、「…この時期に皇室から来る手紙と言えば、決まっている」と答えた。

不思議そうな顔になるセインに「公子はそれでもカスティーナ帝国序列一位の貴族ですか?」とアレンが聞いた。

もうすぐ皇太子の成人式があるのだ。

帝国のたった一人の後継者が成人する国の一大イベントで、大陸中の国々が注目している。

ティアに来た手紙は、そこに婚約者として参列するように、という内容だとアレンは考えていた。

ティア(ついに陛下との約束のときがきてしまった)

まだモニーク侯爵も戻っておらず、ティアはどうしたらいいのかわからない

ティア(私一人でうまく伝えられるかしら…家を継ぐと…)

アレンは考え込むティアの横にいくと肩を抱き「大丈夫?」と声をかける。

ティアはアレンの温かい手を感じながら、そっとその胸に寄りかかり、(アレンの優しさに励まされてばかり)と思う。

「ありがとう、いつも支えてくれて」とティアはお礼を言うが、いきなり「おい!何してんだよ?」とセインがティアの顔を覗き込むと、二人の間に入り引き離すのだった。

 

それからほどなくして首都カスティーヤに大陸中から、帝国の若き太陽の成人を祝うため、大勢の人がやって来た。

凶年のため、国の財政状態は思わしくなかったが、皇室は宴の支度に力を入れている。

救援や暴動の鎮圧に出向いた人々も続々と戻ってきたが、モニーク侯爵からの連絡はなかった

 

戻らないモニーク侯爵

ティアが訓練をしていると、ドレスの採寸に、皇室から裁縫師が来たと知らせが入る。

ティアはアレンとセインに頭を下げると先に屋敷に戻った。

ティアの様子を見たセインは、成人式ではなく死刑台に連れて行かれるような顔だ、と感想を言う。

やっと元気になったのに「あれじゃまた倒れそうだ」というセインに、アレンはティアが倒れたことを初めて知った

理由を聞くアレンに「なんかあいつ、急に家を…継ぐとかどうとか…」そう言いかけ、セインは黙り込む。

アレン「倒れたのっていつ?家で何かあったのか?」

重ねて聞くが「それ以上は話してくれなかった」とセインは答えた。

アレン「つまりのところ、何も知らないってわけね」

その言葉にセインは熱くなるが、「今、君が敵視すべき相手は僕じゃないと思うけど?」と言われ、おとなしくなるのだった。

 

翌日はもうルブリスの成人式だというのに、まだモニーク侯爵から連絡もない。

ティア「一体どうなっているのかしら…」

遠征に行っていた人たちはほどんど戻っており、モニーク侯爵は戦場に行ったのではなく視察に行っただけなのだ。

ティア(不安で仕方がない…)

早く帰って来て欲しい、とティアは願う。

ティア(一人で打ち勝つ自信がないの)

一人悩むティアに、アレンが来たと侍女が告げる。

二人でお茶を飲みながら、アレンは顔色が良くないティアを心配する。

そしてティアが自分がいない間に体調を崩していたことを尋ねた。

アレン「何かに追われているかのように焦って見えたってことも」

もしかして、と思い、アレンはティアに手紙を送ったのだが「役に立てなかったみたいだね」とアレンは言い、ティアは遠く離れていたアレンにまで心配をかけてしまっていたことを知るのだった。

アレン「お願いがあるんだ」

それは時期尚早だ、とアレン自身も感じていた。

アレン「もう少し、ほんの少しでいいから、僕に心を開いてくれない?」

真直にティアを見つめ、アレンは言うのだった。

 

>>『捨てられた皇妃』第42話ネタバレに続く

スポンサーリンク

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第41話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

  • アプリダウンロード無料
  • 『捨てられた皇妃』を毎日1話無料で読める
  • オリジナル漫画も豊富

無料 『捨てられた皇妃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://piccoma.com/web/

※無料チケットの範囲なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第41話の感想・考察

いよいよ皇帝との約束の期限、ルブリスの成人の日が近づいてきました。

戻って来たアレンも加わって訓練は続けているようですが、帝国はルブリスの成人式に沸き立っているようです。

しかもモニーク侯爵は戻らず、ティアは一人のままです。

この状態で家を継ぐことや、ルブリスと結婚する意思のないことをきちんと伝えられるのでしょうか。

そしてそんなティアを心配するアレン。

何かに悩んでいるティアに気がついていますが、今までは見守っているだけでした。

しかし今日はそこから一歩を踏み込むつもりです。

ティアはアレンになんと答えるのでしょうか。

以上、『捨てられた皇妃』第41話のネタバレ感想でした。

スポンサーリンク
電子書籍でお得に漫画を!
あなたに合った、タイプ別おすすめの電子書籍サイトを解説しています。 電子書籍サイトを利用することで、漫画を50%offで購入できるクーポンがもらえたりするので、書店で漫画を買うよりもお買い得です。
漫画ネタバレ
KOREWATA
タイトルとURLをコピーしました