スポンサーリンク

捨てられた皇妃【第38話ネタバレ】アレンのプレゼント

スポンサーリンク

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第38話のネタバレ。

前回の話では、練習の後、ティアの淹れたハイビスカスのお茶を飲んだセインは酸っぱすぎると言い、ティアは機嫌を損ねます。それでも無理に飲もうとするセインのお茶にティアは砂糖を入れます。ティアはセインが自分の感情に正直なのだと思います。

その頃ルブリスはリサ王国の使者と向き合っていたのでした。

それでは、『捨てられた皇妃』第38話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第38話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

捨てられた皇妃 第38話のネタバレ!

ルブリスの迫力に触れたリサ王国の使者は、サァーッと青ざめる。

「…ふむ」とうなずいたルブリスは、「リサ王国の気遣いは、心に留めておこう」と言い、使者たちは「誠に恐れ入ります!!」と慌てて答える。

 

リサ王国の魂胆

部屋を出ていく使者を見送りながら、ハレンは頻繁に使節団が来るのも、献上品が多いのも思惑があったからだと納得していた。

恐らく皇帝には話が通用しないため、直接ルブリスのところにやって来たのだ。

ルブリス「…なにが皇妃だ」

皇妃は皇后と同じく、たった一人にしか与えられない座で、皇后の補佐及び、緊急時には皇后の代役も務めなければならない。

次期皇后であるティアはまだ若いため、皇妃となり先に子を産めば後を継がせることができるという計算だ。

しかしそれが狙いで、自分たちの国の姫を陽の当たらない座に置こうとしているのだ。

「本当に王国の姫君が殿下をお慕いしているのかもしれませんよ」というハレンの言葉をルブリスは一蹴する。

しかしティアがまだ幼いのは確かだ。

ルブリス(具合が悪いことすら言い出せないほど…)

ティアの事を思い浮かべたルブリスは「…モニーク家に…」と言いかけるが、聞き返したハレンに「いやなんでもない」とうつむく。

宮廷医が診に行ったのだから、ティアの具合はとっくに良くなっているはずだ

ルブリス(余計なことを考えてしまった)

 

アレンからの手紙を読むティア

ティアの元へアレンからの手紙が届いていた。

朝窓を開けると一面が銀世界で、真っ先にティアの事を思い出したという。

アレンはティアに去年の冬の、エックス卿とモール卿が始めた雪合戦を覚えているかと聞く。

リグ卿が二人のとばっちりを受け、大乱闘になってしまった。

アレンとティアは傍でそれを見ていたが、誰かの投げた雪玉がティアに当たってしまい、結局ティアはひどい風邪をひいてしまったのだ。

その後、練習場の空気が完全に凍りついてしまった

モニーク侯爵が、誰か一人を握り潰しそうな形相をしていたのだ。

手紙を読みながら、ティアは楽しそうに笑う。

アレンはティアに、出かける時は温かくするように、雪の中、一人で訓練しないようにと言う。

そして春にはティアにプレゼントが届くようにしてあると伝える。

プレゼントは『白くて温かみのある甘いもの!』と書いてあるが、遠征先でホワイトチョコと作っているのかと、ティアは少し不思議に思うのだった。

プレゼントと聞いたティアは何かを思いつき、急いでリナを呼ぶとお裁縫箱を持ってくるように頼んだ。

何をするのかとリナに聞かれたティアは、「栞を作りたいの」と言い、去年の残りのシルバーのタッセルも持ってくるように言う。

そこにセインがやって来て「よっ!今日はやけに元気じゃん?」と階下から手を振る。

セインに「何作んの?」と聞かれたティアは「栞と剣のお飾りです」と答える。

遠征中の第2騎士団のみんなと、大切な友達に渡すのだ。

突然の出発で見送りの際に何も出来なかったため、待っている間に無事を祈りながら作っておこうと思ったのだ。

大切な友達と聞いたセインは「俺のは?俺には何を作ってくれるんだ?」と聞くが、ティアは「どうして公子にお作りしなければならないのですか?」と聞き返す。

毎日一緒に練習しているが、そこまでの間柄ではないとティアは言い、セインはショックを受け、そのまま先に練習場に向かった。

キーっとなりながら練習場に向かったセインに、(そんなに栞が欲しいのかしら?)とティアは思うのだった。

 

片付けと着替えを終え練習場に出たティアだが、そこには誰もいない

先にウォーミングアップを始めておこうと、ティアは走り始めた。

とてもいい天気に花びらが舞い散り、ティアは心が晴れ渡るのを感じる。

ティア(何かいいことがありそうな予感…)

人の気配を感じ、ティアは立ち止まると振り返るが、そこには誰もいない。

(気のせいかしら)とティアは再び走り出した。

カサカサっと音がしてタタタタタタッと自分を追いかける足音を聞いたティアは(やっぱり…ラス公子なのね)と思った瞬間、後ろからギュッと抱きしめられた。ティア「あの…!こ…公子…!?冗談はおやめ…!」

そう言いかけたティアに「アリスティア」と呼びかける声が届き、ティアは驚いた表情になる。

アレン「捕まえた、マイ・レディー」

 

>>『捨てられた皇妃』第39話ネタバレに続く

スポンサーリンク

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第38話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

  • アプリダウンロード無料
  • 『捨てられた皇妃』を毎日1話無料で読める
  • オリジナル漫画も豊富

無料 『捨てられた皇妃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://piccoma.com/web/

※無料チケットの範囲なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

考察

前世では皇妃だったティアですが、その立場はたった一人にしか与えられない座で、皇后の補佐で緊急時の代役でありながら、陽の当たらない場所なのですね。

しかも以前ティアはのルブリスのためにそれでもいいと思っていたと思うと、なんとも言えず悲しくなってしまいます。

今は遠征中とはいえ、自分を思ってくれているモニーク侯爵や、気遣ってくれるアレンがいます。

セインとは思ったほど仲良くはなっていないようですが、それでも毎日一緒に訓練をして楽しく過ごしているようです。

そして突然ティアの前に現れたアレン。

遠征が終わり、戻って来ることができたのでしょうか。

以上、『捨てられた皇妃』第38話のネタバレ感想でした。

スポンサーリンク
電子書籍でお得に漫画を!
あなたに合った、タイプ別おすすめの電子書籍サイトを解説しています。 電子書籍サイトを利用することで、漫画を50%offで購入できるクーポンがもらえたりするので、書店で漫画を買うよりもお買い得です。
漫画ネタバレ
KOREWATA
タイトルとURLをコピーしました