漫画ネタバレ

捨てられた皇妃【第34話ネタバレ】ティアに自分の姿を重ねるルブリス

ネタバレ

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第34話のネタバレ。

前回の話では、思わずセインに本音をぶつけてしまったティアですが、すぐに後悔します。そしてセインに帰るようにと伝えます。ティアに態度の悪さを指摘されたセインは怒りながら帰っていきます。

後日まだ熱が下がりきらないティアですが、皇帝に呼び出され、謁見に向かうのでした。

前回ネタバレ
捨てられた皇妃
捨てられた皇妃【第33話ネタバレ】謁見のため、皇宮に向かったティア

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第33話のネタバレ。 前回の話では、倒れてしまったティアをセインが屋敷まで運びました。 目が冷めたティアに、セインは無茶な訓練を止めるように ...

続きを見る

それでは、『捨てられた皇妃』第34話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第34話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

捨てられた皇妃 第34話のネタバレ!

廊下を歩きながらため息をつくルブリスに、ハレンは休むように促す。

しかし仕事が山積みで、休んでなどいられないのだ。

かなり無理をしていることを知っているハレンはこのままでは身体を壊してしまうと言うが、今は大陸全体が困難に見舞われているのだ。

宰相は遠征で不在であり、国境付近の治安は悪化し、国民は不安に思っているはずだ。

そんな時に大臣にばかり仕事を押し付けるわけにはいかない。

何よりも皇帝がルブリスを信頼し任せている限りは決して愚かにするわけにはいかないのだ。

ハレン「…仰せのとおりでございます」

 

謁見中のティアに気がついたルブリス

謁見に訪れたルブリスはドアの前で立ち止まると、トントンと胸を叩き顔を上げた。

中から聞こえる皇帝の笑い声に、ルブリスは誰かが来ていることに気がつく。

皇帝の話す相手はどうやらティアのようで、体調の悪そうな彼女を心配しているような内容だ。

ルブリス(あの子が来ていたのか?)

ティアを心配する皇帝は、皇宮医の派遣を命令する。

ドアの外でそれを聞いていたルブリスはドアを開けるように命じた。

ティアの横に立ったルブリスは、「お呼びでしょうか?父上」と問いかけた。

皇帝はティアとお茶を飲もうと思いルブリスも呼んだのだが、ティアの体調が優れないと言う。

ティア「わたくしのことでしたら、どうぞお構いなく…」

そう言いかけるが、具合の悪いのを引き止めるわけにはいかなと皇帝は考えると、「ルブリスがアリスティアを送ってやりなさい」と言い、その間に茶を用意するように言いつける。

固辞しようとするティアだが、「わかりました、父上」とルブリスが答え、諦めたティアは皇帝に頭を下げた。

皇帝は「一日でも早い回復を願っておるぞ」とティアに言葉をかけた。

 

ルブリスの後ろを歩きながら、息が詰まるティアは余計に具合が悪くなってきた

ティア(もう少しだから頑張らないと、馬車に乗るまでの辛抱よ)

弱った姿は見せられないと思う。

皇宮の玄関まで来たティアは、ルブリスに挨拶をする。

ルブリスはランク卿を呼ぶと、急いで馬車を前につけるようにと指示を出し、モニーク邸まで行くことを告げた。

 

ティアの様子を見たルブリスが思ったこと

見るのも嫌なはずなのに、どうしたのだろうとティアは驚く。

一緒の馬車に向かい合って座りながら、ティアは陛下がどこまで送れとは言っていなかったから、お咎めをを受けないために家まで送るのだろうと自分を納得させた。

ルブリス(今にも倒れそうではないか)

この状態で参内したことも感心するが、そのうえ見苦しい姿を見せることもなく、礼儀を描くこともなかった

自分よりも5歳下の11歳と幼いのにも関わらず、徹底的に甘えを排している

皇帝に気に入られているティアならば、このような時ぐらい養生の許しを乞うことも出来たはずなのだ。

ルブリス「…健気なものだ、そなたも…僕も」

何を言ったのか聞き取れず「はい…?」とティアは聞き返すが、ルブリスはそのまま黙り込んでしまった。

ティアをモニーク邸まで送り届けたルブリスはそのまま皇宮へと戻っていく。

馬車を見送りながら、ティアは侘しさに似た感情を覚えていた。

“健気なものだ”と言っていたルブリスに、もしかすると自分を気にしてここまで送ってくれたのかもと、とぼんやりと考えていたティアはハッとする。

ティア(私ってば、なんてことを考えてるの!!)

自分はルブリスにとって憎悪の対象でしかないのだ。

ティア(まったく…バカげてる…)

今日いつになくルブルリスを怖く感じなかったのは、気を確かに持とうと必死で、ルブリスの顔色を伺う余裕がなかったからなのだと、ティアは思う。

ティア(きっとそうよ…)

帰りの馬車の中、ルブリスは今まで見たティアの表情を思い返していた。

“アリスティア、早くまた元気な姿を見せておくれ”という皇帝の言葉を思い出しながら、いつしかルブリスは馬車に揺られながら眠っているのだった。

>>『捨てられた皇妃』第34話ネタバレに続く

Sponsored Links

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第34話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

ピッコマなら無料で読める

捨てられた皇妃を無料で読む

※色々な漫画が用意されています

また、下記のような動画配信サービスを利用すれば、コミックも2~3冊無料で読めます。

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典

600P / 40%還元

1200円以上購入で40%還元

1300P / 20%還元

8の付く日に400Pずつ

600P / 25%還元

まとめ買いで最大25%還元

無料期間
31日間1ヶ月間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分は無料で漫画が読めます!
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第34話の感想・考察

無理をして皇帝に会いに行ったティアですが、またルブリスと会うことになります。

皇宮に行く度に、いつもルブリスに会っていますね。

今日はティアが来るため、皇帝がお茶を飲もうとルブリスを呼んだので、偶然会ったというわけではありませんが、皇帝の少しでもティアとルブリスの距離を近くしたいという思惑が見えてきます。

ルブリスも皇帝がティアをとても気に入っていることに反感を持っていましたが、流石にこんな状態でも参内するティアを、見直したようです。

皇帝に認められるのですから、やはり、それなりのものがあるのです。

ルブリスもそれに気がついたのでしょうね。

しかしティアはルブリスが自分のことを嫌いだと思い込んでいますし、思ってしまうと結構頑固なようですから、今日ルブリスが怖く感じなかったのは熱のせいにしてしまいました。

本当は少しだけ距離が縮まったせいだと思うのですが、やっぱりこれ以上、ルブリスとの距離が近くなるのは難しいのでしょうか。

以上、『捨てられた皇妃』第34話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA , 2020 All Rights Reserved.