捨てられた皇妃【第33話ネタバレ】謁見のため、皇宮に向かったティア

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第33話のネタバレ。

前回の話では、倒れてしまったティアをセインが屋敷まで運びました。

目が冷めたティアに、セインは無茶な訓練を止めるように言います。しかし止めないと答えたティアは、父の跡をついで騎士になりたいと言います。

その頃宮廷にはリサ王国からの使節団が訪れていたのでした。

それでは、『捨てられた皇妃』第33話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第33話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

捨てられた皇妃 第33話のネタバレ!

後を継ぐ、そのために人生をやり直してからは剣を始め、後継者訓練も受けてきた。

それは残酷な運命を二度と繰り返さないように、新な未来を切り開くために、騎士となり爵位を継承し、モニーク侯爵になるのだ。

そしてそれが彼から逃げるための唯一の方法なのだ。

しかし体力がないため、基本的な訓練の繰り返しで、一向に先が見えない。

ティア「誰が焦らずにいられましょう!!」

その言葉に納得したセインは「それを早く言えよ」と言う。

 

後悔するティア

セインはティアがかっこをつけて剣を始めてだけだと思っていたのだ。

ティア(私ってば余計な話を…!)

誰にも話したことのない胸中を、ほぼ初対面のセインに打ち明けてしまったことにハッとする。

(軽率だったわ!)と思いながらも、ティアはセインに帰るようにと促した。

そしてセインはティアのことに口出しする理由も権利もないとはっきり言う。

何か言おうとするセインを遮り、ティアはセインの貴族らしからぬ態度を非難し、「今後はより貴族らしい言動をとられることを願っております」と付け加えた。

セイン「二度とこんなとこ来るもんか!!」

腹を立てながら馬車へと向かうセインだが、モニーク邸を振り返ったセインは暗い窓を見つめ何かを思う。

そして「チッ!!」と舌打ちすると帰っていくのだった

 

帰っていくセインを見ながら、リナは「このままお返ししてよろしいのですか?」と聞くが「…疲れた」とだけティアは答えたのだった。

ティアは“汗は嘘をつかない”というアレンの言葉を思い出し、それを信じてみようと思ったのだ。

しかし現実は非情で、無理しては倒れてしまい、周りの人を心配させてばかりだ。

ティア(しっかりしなさい、アリスティア)

 

 

皇帝からの呼び出し

数日後、まだベッドにいたティアのもとにリナがスープを持ってきてくれる。

スープを飲むティアに、リナが皇宮からの手紙を渡した。

皇家の紋章をみたティアは、それが陛下からの手紙だと知る。

手紙には謁見しに皇宮に来るようにしか書かれていないため、用件はわからない

普通ならば用件まで書かれているはずのため、書くことができないほどの重要な内容なのかとティアは思った。

ティア「リナ、皇宮に向かう支度をしてちょうだい」

まだ外出はいけないとリナが止めようとするが、皇帝の命令に背くわけにはいかない

準備しながら、ティアは皇帝に約束の期限を延ばしてもらえるように頼んでもきっとだめだろうと考えていた。

 

皇宮に着いたティアは謁見に向かうが、廊下ですれ違った2人がティアを振り向くと何やらヒソヒソと言葉をかわしている

不思議に思いながらもティアは先へと進むのだった。

 

皇帝は今日は公爵のいない間のティアの護衛は今誰が受け持っているのか気になって呼んだという

ティア「誰も残っておりません」

侯爵の娘に護衛などという話を不思議に思いながらティアは答えた。

それを聞いた皇帝は「やはりそうか!」とうなずくと、モニーク侯爵も気が利かないという。

しかし全員が遠征に行くのは陛下の指示のはずであり、ティアは不思議に思う。

皇帝「今日から近衛騎士を派遣する」

それを聞いたティアは慌てて辞退しようとする。

近衛騎士は皇族を守るための騎士であり、自分には身に余る厚意なのだ。

それにティアは皇家から離れようとしていて、皇族専属の護衛などは足かせになるだけだ

ティアが何を心配しているか分かっている皇帝は「それではこうしよう」と言い出した。

今後いかなる場合にも、この件に関して見返りを求めたりしないことを約束するというのだ。

そこまで言われてティアは申し出を受けないわけには行かなかった。

ティア(どうしてここまでするの、重荷でしかない)

皇帝はティアの顔色が良くないことに気が付くが、ティアはまた熱が上がってきたようでめまいを感じ始めた。

ティア(倒れちゃダメ、気を確かに持って…)

必死に耐えようとするティアに、ルブリスが来たとの声が届く。

ルブリス「お呼びでしょうか?父上」

 

>>『捨てられた皇妃』第34話ネタバレに続く

スポンサーリンク

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第33話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

  • アプリダウンロード無料
  • 『捨てられた皇妃』を毎日1話無料で読める
  • オリジナル漫画も豊富

無料 『捨てられた皇妃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://piccoma.com/web/

※無料チケットの範囲なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第33話の感想・考察

セインに本音をぶつけてしまったティア。

言ってしまってから後悔しますが、勢いがあって、本気で近づいてくるセインには、ついついみんな本音をぶつけてしまうのかもしれません。

セインは納得してくれたようですが、結局ティアはセインを拒否してしまいます。

ティアの気持ちを知った今だったら、ちゃんと頼めばセインは剣を教えてくれたかもしれませんば、これで良かったのでしょうか。

身体の弱いティアは、一度倒れてしまうと治るまで時間がかかってしまいます。

治りきっていなくても皇帝からの呼び出しがあれば行かないとならないのですね。

体調は悪化気味の上、ルブリスまでやって来ました。

調子が良くないのに、大丈夫でしょうか、心配です。

以上、『捨てられた皇妃』第33話のネタバレ感想でした。

スポンサーリンク
電子書籍でお得に漫画を!
あなたに合った、タイプ別おすすめの電子書籍サイトを解説しています。 電子書籍サイトを利用することで、漫画を50%offで購入できるクーポンがもらえたりするので、書店で漫画を買うよりもお買い得です。
漫画ネタバレ
KOREWATA
タイトルとURLをコピーしました