スポンサーリンク

捨てられた皇妃【第32話ネタバレ】ティアの本心を聞いたセイン

スポンサーリンク

[st_af id=”16497″]ネタバレ

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第32話のネタバレ。

前回の話では、セインにバカにされモニーク邸へ戻ったティアですが、体力づくりが最初だということに気が付きます。さっそく栄養強化と筋力トレーニングを始めます。無理をして特訓を続けるティアですが、心配したセインがやってきて、無理をするティアを止めようとするのでした。

[st-card id=23223 label=”前回ネタバレ” name=”” bgcolor=”#C4E657″ color=”” readmore=”on”]

それでは、『捨てられた皇妃』第32話のネタバレと感想を始めていきます!

[st-cmemo fontawesome=”fa-exclamation-circle” iconcolor=”#ef5350″ bgcolor=”#ffebee” color=”#000000″ iconsize=”100″]当記事では『捨てられた皇妃』第32話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る[/st-cmemo]

[st-mybutton url=”https://piccoma.com/web/” title=”『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む” rel=”nofollow” fontawesome=”fa-window-maximize” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#45AA4A” bordercolor=”#45AA4A” borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontweight=”bold” width=”90″ fontawesome_after=””]

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

捨てられた皇妃 第32話のネタバレ!

セインに帰るように告げるとティアは背を向けて歩き出そうとする。

ティアを止めようとするセインだが、クラッと目眩に襲われティアが倒れ込む

セイン「おいっ!どうしたんだよ!?」

ティアを受け止めたセインだが、高熱を出しているティアに気が付き「おいっ!しっかりしろ!」と呼びかける。

セインはそのままティアを抱き上げるとリナには医者を呼ぶように言いつけるのだった。

 

ティアは目を覚ますが…

ベッドで目を開けたティアは、心配そうに自分を見つめるリナと目が合った。

リナに起こしてもらい、水を口にしながら、(結局倒れてしまった)と自分自身にがっかりしていた

9歳に戻った時から体を鍛えて必死に頑張ってきたのに、これではあの頃と変わらない

ティア(どうすればいいの?)

もうあまり時間が残っていないのに、この道までとざされてしまっては、もうどうしていいのかわからないのだ。

セイン「お…おい、大丈夫か?」

遠慮がちに声をかけるセインに、ティアはお礼を言った。

倒れた自分をセインが運んできてくれた事を覚えていたのだ。

照れたように話すセインを見たティアは(この間はあんなに冷たく突き放してきたくせに…)とクスッと笑う。

セイン「そんなことよりおまえ、あんな訓練今すぐやめろ」

子供が砂袋など着けていると関節も痛めかねず、下手をすれば剣どころかスプーンまで持てなくなってしまうかもしれない。

ティア(…わかってる)

モニーク侯爵はティアの体力の無さを指摘したり、別に訓練をさせたりしないのも恐らくティアの体が根本的な原因なのだ。

一緒に習い始めたアレンより、ティアのほうが遥かに上達が遅いのもそれが原因だ。

セインは身体の弱いティアが生花とか絵画とか女性らしい趣味ではなく、剣術を習う理由を聞いた。

ティア「…公子はどうしてあの日、私を突き放したのですか?」

もちろんセインはティアが婚約破棄をするつもりであることを知らないから、ティアが未来の皇后だ思っている。

皇后なのだから剣を使うことなどなく、剣術は結婚すれば止めてしまうだろうと思っている。

セイン「俺はただの趣味で剣術をやる人間を教える気はないんだ」

今までセインは興味半分で始めて、すぐにやめていく人たちを数え切れないほど見てきたのだ。

それを聞き、ティアは大好きな剣術を中途半端な気持ちで始められるのが嫌なのだと理解する。

ティア(だけど…)

わかってもらえたかというセインに、ティアは「絶対にやめたりしません」と断言する。

再び止めようするセインだが、ティアの「練習中に死んだって悔いはありません!」という言葉に、そこまでして剣術を習いたいという理由を聞いた。

ティア「騎士に、なりたいのです」

セインをまっすぐに見て、ティアは言うのだった。

 

皇宮への使節団

皇宮の空も薄暗く染まり、遠くで雷が鳴っていた。

ルブリスの元にハレンが追加案件の種類を運んでくる。

どうやら地方の領主からの抗議が絶えないらしい。

窓の外を見つめていたルブリスに気がついたハレンが「どうかされましたか?」と声をかける。

リサ王国の使節団が来たらしく、長い行列が続いていた。

普通ならばこのような忙しい時期に使節団が来ることはないのだが、今年は凶年のため大陸全体が危機に瀕しているため無理もない。

リサ王国は寒くは乾燥した北国のため事態が深刻化しやすいため、支援を求めに来たものとも考えられる

ルブリス「…それだけならいいのだが」

使節団の荷物が多すぎるのが気になり、何かを企んでいるのだろうかとルブリスは考えるのだった。

雨が降り出していた。

 

騎士になりたいといったティアをセインは驚いた顔で見つめる。

セイン「皇太子妃が…?」

皇后になるけど、騎士にもなりたいというのがよくわからず「えっ?そんなことが可能なのか?」とセインは聞く。

ティア「…皇后にはなりません、私は父の跡を継ぐつもりです!」

真直にティアは宣言するのだった。

>>『捨てられた皇妃』第33話ネタバレに続く

スポンサーリンク

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第32話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

[st-mcbutton url=”https://piccoma.com/web/” title=”捨てられた皇妃を無料で読む” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#45AA4A” bgcolor_top=”#45AA4A” bordercolor=”#45AA4A” borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontweight=”bold” fontsize=”120″ width=”90″ fontawesome_after=”fa-chevron-right” shadow=”#3b8940″ ref=”” mcbox_bg=”#fafafa” mcbox_color=”” mcbox_title=”ピッコマなら無料で読める”]※色々な漫画が用意されています[/st-mcbutton]

また、下記のような動画配信サービスを利用すれば、コミックも2~3冊無料で読めます。

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第32話の感想・考察

結局一人で訓練をすることになったティアですが、無理をしすぎです。

筋力が足りないからとていっても、無理な鍛え方は体を壊してしまいます。

前にアレンが何かに追いかけてられてるようだと言っていましたが、一人になってしまい、一層焦りが募ってしまっている感じです。

ちょうどいいタイミングでセインが来てくれましたが、倒れてしまってもティアは訓練を止めようとはせず、はっきりとセインに皇后にはならずに、父の跡を継ぐつもりだと言いました。

自分の気持ちを時には口に出すことも必要です。

そして同じ頃宮廷にやってきた使節団ですが、ルブリスは何か嫌な感じを受けているようです。

彼らの目的は何でしょうか。

以上、『捨てられた皇妃』第32話のネタバレ感想でした。

タイトルとURLをコピーしました