漫画ネタバレ

捨てられた皇妃【第30話ネタバレ】ティアに敵意を向けるセイン

ネタバレ

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第30話のネタバレ。

前回の話では、都の武器屋でティアは一人の少年と知り合います。馴れ馴れしくティアに話しかけてくる少年はラス公爵の次男のカルセインでした。セインは剣術の練習で困ったら尋ねてくるように言って帰っていきます。

数日後ティアはセインを尋ねますが、名前を名乗った瞬間、セインの態度が変わるのでした。

前回ネタバレ
捨てられた皇妃
捨てられた皇妃【第29話ネタバレ】ラス公爵邸を訪ねたティア

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第29話のネタバレ。 前回の話では、遠征にはアレンもベリータ公爵の補佐として参加することを知り、ティアは寂しくなります。父は何かあればラス侯 ...

続きを見る

それでは、『捨てられた皇妃』第30話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第30話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

捨てられた皇妃 第30話のネタバレ!

騎士団出兵前日のベリータ公爵邸では、ラス公爵とモニーク侯爵がチェスの勝負をしていた。

モニーク侯爵は上の空で、ラス公爵がチェック・メイトと勝負を詰む。

勝負中に雑念が気になるなど、モニーク侯爵らしくない態度に、「そんなに娘が心配か?」とラス公爵が聞く。

しかしモニーク侯爵はアレンの事も心配していた。

類を見ない天才だと噂だが、ティアの婚約が白紙に戻るかもしれないということを嗅ぎつけ求婚したことを、ラス公爵は知っていた。

 

ラス公爵の提案

相手としては申し分はないと言うラス公爵を、モニーク侯爵は睨みつける。

ラス公爵「そんなに露骨に嫌がると、ルースが悲しむぞ?」

しかし彼にそのくらいの思いがあるのなら、モニーク侯爵も心配はしない。

チラッとベリータ公爵とその長男が話をしているのを見たラス公爵は「…それもそうだな」とうなずく。

ため息をつくもベリータ公爵に、「こうするのはどうだ?」とラス公爵は提案した。

ティアをラス公爵の次男のセインに任せるというものだ。

多少血の気が多く単純ではあるが、「私に似て、社交的で良いやつだから!」とラス公爵は明るく笑った。

 

セイン「なんだよ!おまえみたいなチビに教えるか!」

いきなり怒鳴られたティアはポカーンとセインを見つめる。

セインは母親にも嫌だと訴えた。

ラス公爵はセインの行儀の悪さを叱ると、「父親の指示に背こうだなんて、なんて子かしら」と言い、セインは言い返すことが出来ない。

セインの態度の変化に、ティアは戸惑っていた。

突然来たからかと思うが、最初は歓迎してくれているように見えた。

セインはチラッとティアを振り返ると敵意のこもった視線を向ける。

再度母親に促されたセインは「…行きますよ…公爵令嬢」とティアに声をかける。

剣術を習いに来たというティアに、まず実力があるかどうか見せてもらうというのだ。

セイン「早く行きますよ」

「はい…」と答えながら、ティアは(来るんじゃなかった…)と思うのだった。

 

ティアの剣を見たセインだが…

着替えをして外に出たティアだが、セインは着替えが遅いと言って怒る。

父にセインと訓練するように言われたと聞き「ハッ!笑わせるよ!」とバカにする。

セイン「剣術ってそんな甘いもんじゃないんだぞ?」

ヤレヤレという呆れたような態度で首を振ると、見よう見まねで剣を振り回していればいい、というのだった。

セインが尋ねてくるように言ったのだとティアが訴えると、「…それはお前がモニーク家の娘だって知らなかったからだ」と答えた。

誰だか分かったからには考えを改めると言うセインに、ティアはその意味を聞くが答えてもらえない。

ティアは木刀を握りしめ、自分が本気で剣を学んでいることを話そうとする。

しかし、セインは貴族の娘なんて人と違う事をしてる自分に酔っているだけだ、と鼻で笑う。

ティアが貴族の娘だということは最初から分かっていたはずだ。

最初は笑顔で歩み寄ってきたのに、こちらが本当の姿なのだろうかとティアは考える。

ティア「…私にはちゃとした目的がございます」

そう言ってもセインは信用せず、「もし本気なら、それだけの意地を見せてみろ」と言う。

そしてまず基本ができているかどうかを確認するのだった。

剣を振るティアをじっと見ていたセインが「そこまで」と声をかけた。

ティア「…いかがでしょうか?」

少し考えたセインは「はっきり言ってめちゃくちゃ!」と言い切り、(なんて言い方…!!)とティアは木刀を握りしめる。

基本技はまあまあだと言うが、その実力で剣術を習いたいというティアに「正気か?」と聞き、ティアはイラッとする。

しかし自分の実力不足を知っているティアは我慢する。

そして教わる人がいないため伸び悩んでいると訴えるが、セインは更に「マヌケなフォームで上達するわけがない!」とひどい言葉を浴びせるのだった。

>>『捨てられた皇妃』第31話ネタバレに続く

Sponsored Links

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第30話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

ピッコマなら無料で読める

捨てられた皇妃を無料で読む

※色々な漫画が用意されています

また、下記のような動画配信サービスを利用すれば、コミックも2~3冊無料で読めます。

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典

600P / 40%還元

1200円以上購入で40%還元

1300P / 20%還元

8の付く日に400Pずつ

600P / 25%還元

まとめ買いで最大25%還元

無料期間
31日間1ヶ月間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分は無料で漫画が読めます!
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第30話の感想・考察

セインがティアに剣術を教えるのは、ラス公爵からの提案もあったのですね。

しかし、セインはティアの名前を聞き、皇太子の婚約者だと知ってから態度が一変してしまいました。

あんなに親しげにセインの方から寄ってきたのに、この態度の違いはなんでしょう。

社交的でいいヤツ、とラス公爵が言っていますが、これだけ敵意を向けて馬鹿にしてくるなんていいヤツとは思えません。

なにか王室に恨みでもあるのかと思いたくなるぐらいですが、前に騎士になって第一騎士団に入ると言っていたのですから、そんな事もなさそうです。

一応ティアの剣を見てはくれましたが、やっぱり憎まれ口ばかりですし、セインは何をしたいのでしょうか。

以上、『捨てられた皇妃』第30話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA , 2020 All Rights Reserved.