スポンサーリンク

捨てられた皇妃【第23話ネタバレ】父からの誕生日プレゼント

スポンサーリンク

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第23話のネタバレ。

前回の話では、永遠の愛を誓うのは無理だ、とアレンは言います。考え込むティアに、アレンは跪き手を差し出すと誓いの言葉を告げ、ティアに誓いを交わして欲しいと願います。笑顔のアレンを前に断りきれないティアは、その手を取るのでした。

それでは、『捨てられた皇妃』第23話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第23話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

捨てられた皇妃 第23話のネタバレ!

1年前、モニーク侯爵はティアに「受け取りなさい」と剣を差し出した。

 

父からもらった剣

両手でそれを受け取ったティアに、「剣術を学ぶのに必要となるだろう」とモニーク侯爵は言った。

それを聞いたティアは「あ…ありがとう、パパ…」とお礼を言い、側にいた団員たちは驚きの目でその様子を見つめる。

その場を去るティアの背中を見ながら、モニーク侯爵は(気に入らなかったのか?)と考えていたが、「団長…」と団員が控えめに声をかけた。

モニーク侯爵「どうした?……?」

団員たちは困ったような悲しむような表情でモニーク侯爵を見つめる。

モニーク侯爵「…言いたいことがあるのなら言いなさい」

しかし団員たちはただ黙ってモニーク侯爵の周りを取り囲むのだった。

 

「誕生日に剣をやったのか!?」

それを聞いたラス公爵は大笑いする。

ティアはまだ9つの女の子で、剣に夢中のラス侯爵の次男でさえも、誕生日には他のものを欲しがるのだ。

モニーク侯爵「わからなかったのだから仕方あるまい」

訓練を頑張っているから剣は喜ぶと思ったのだが、団員たちにも責められまくってしまったのだった。

普段からコミュニケーションをとっていなから自業自得だ、とラス侯爵は容赦ない。

ラス公爵「これから少しづつ知っていけばいいじゃないか」

そう言ってモニーク侯爵の肩に手をかける。

ラス公爵「それに案外…少しくらいは…喜んでいるかもしれないぞ?」

少しどころか、ティアは大喜びだった。

 

そして今年の誕生日…

モニーク侯爵「ティア、10歳の誕生日おめでとう」

プレゼントだと渡されたのは女の子の人形だった。

しかしティアは本当は16歳で、そして、生まれ変わる前の子供時代にもお人形で遊んだことはなかった。

ティア(どんな反応をすればいいの?)

じっと人形を見つめるが、遊び方もよくわからない。

モニーク侯爵「…気に入らないのか」

騎士たちが女の子は人形などが好きだと言うのを聞き、選んだのだ。

モニーク侯爵「うむ…、今年も失敗だ」

それを聞いたティアは慌ててお礼を言う。

モニーク侯爵はティアの嬉しそうな様子を見て安心すると、「それならよかった」とティアの頭を撫でる。

モニーク侯爵「ティア、パパと一緒に出掛けようか」

ティアを外出に誘うのだった。

 

父と一緒に歩くティアを見た誰もが振り返る。

ティア(背中に視線が突き刺さるよ~)

父はティアを皇宮に連れてきたのだ。

ティア(パパ…これはお出掛けじゃなくて出勤よ…)

俯いて歩きながら、ティアは手に人形を抱えたままだったことに気がついた。

みんながティアを振り返るのは、子供っぽい人形を抱いていたせいだったのだ。

チラッとティアを見たモニーク侯爵は、目が合うとニコッと笑い、ティアもヘヘッと笑い返した。

ティア(もうどうにでもなれ…)

 

「団長!」一人の団員が叫びながらモニーク侯爵の元へと駆け寄ってきた。

赤い髪、赤い瞳のカイシアン・デ・ラス、ラス公爵家の長男で、第2騎士団補佐官だ。

訓練中に事故が起こり、収集に努めたが手に負えなくなってしまったため、団長であるモニーク侯爵を探していたのだ。

モニーク侯爵はティアに執務室で待っているように告げるとカイシアンと一緒に現場に向かった。

今日は視察もある予定だ。

あいかわらずモニーク侯爵は忙しいが、それでもティアの誕生日はちゃんと覚えていたのだ。

去年の今頃、子供用の剣を貰ったことを思い出したティアは(まさかあれも誕生日プレゼントだったの?)と思い返す。

帝国では成人前の誕生日を祝う習慣は無いのだが、モニーク侯爵は2度もティアのためにプレゼントを用意したのだ。

ティア(大切にしなきゃ、パパが私を喜ばせようとしてくれたんだもん)

人形を見つめると、改めて抱きしめる。

ティア(肌身離さず持ち歩こう)

執務室へ向かって歩き出したティアだが、廊下の角を曲がろうとし、誰かとぶつかって転んでしまった。

ティア「も…申し訳ござい…」

謝ろうと顔を上げたティアは、ルブリスと目が合うのだった。

 

>>『捨てられた皇妃』第24話ネタバレに続く

スポンサーリンク

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第23話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

  • アプリダウンロード無料
  • 『捨てられた皇妃』を毎日1話無料で読める
  • オリジナル漫画も豊富

無料 『捨てられた皇妃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://piccoma.com/web/

※無料チケットの範囲なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第23話の感想・考察

モニーク侯爵から子供用の剣を貰った、と前にティアが言っていましたが、実は誕生日プレゼントだったのですね。

見ていた団員たちからはかなり非難されたようですが、実はティアはとても喜んでいて、それを知っているのはアレンだけです。

モニーク侯爵が一生懸命考えたプレゼントは、ちゃんと喜んでもらえていました。

そして今年はお人形です。

女の子が好きだとリサーチしてきてたのは良いことですが、ティアがお人形遊びをしているところを見たことはないはずです。

これからコミュニケーションを取ればいい、とラス公爵は言いましたが、ちょっと失敗でした。

それでもティアは、モニーク侯爵がくれるものならば、何でも喜んでくれます。

プレゼントは自分のことを思って選んでくれたものならば、何でも嬉しいですよね。

そして皇宮に来たティアは、またルブリスと会ってしまいました。

今回はどうなるのでしょうか。

以上、『捨てられた皇妃』第23話のネタバレ感想でした。

スポンサーリンク
電子書籍でお得に漫画を!
あなたに合った、タイプ別おすすめの電子書籍サイトを解説しています。 電子書籍サイトを利用することで、漫画を50%offで購入できるクーポンがもらえたりするので、書店で漫画を買うよりもお買い得です。
漫画ネタバレ
KOREWATA
タイトルとURLをコピーしました