スポンサーリンク

捨てられた皇妃【第16話ネタバレ】剣術を習いたいというティアに…

スポンサーリンク

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第16話のネタバレ。

前回の話では、アレンの剣術の練習が始まるため、ティアは朝から練習場に見学に行き、騎士の皆が優しく良い人達だということ、帝国のために盾になっていることを知ります。

その夜、ティアは父の元へとお茶を運び、自分にも剣術を教えて欲しいと頼むのでした。

それでは、『捨てられた皇妃』第16話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第16話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

捨てられた皇妃 第16話のネタバレ!

剣術を教えて欲しいと言うティアの希望を聞いたモニーク侯爵は、かけっこも出来ないティアには「無理がある」と答えた。

それでも習ってみたいというティアだが、生まれつき体の弱いティアに耐えられるとは思えない

それでもティアは一生懸命頑張るし、体が弱いのも克服するし、体力をつけるためにも、と重ねてお願いする。

 

剣術を習いたい本当の理由

カップを置いたモニーク侯爵は「習いたい本当の理由は…皇太子殿下と関連があるのではないか?」と尋ね、ティアはビクッと反応する。

ティアが皇太子と関わりたくないと言ったのを、モニーク侯爵も聞いていた。

しかし父にその話をするわけにはいかない。

ティア(未来での出来事、そして一度死を迎えたことなんて…)

信じてもらえるわけがないと思う。

そんなティアに「何か思い出したのか?」と父は聞いた。

父が何の話をしてるのかわからなかったティアは、(まさかお父様も…未来のことを!?)と考える。

時間が撒き戻ったのは自分だけとは限らないのだ。

もし父も未来の悲劇を覚えているのだとしたら、ティアはどうすればいいのかわからない。

モニーク侯爵「おまえがまだずっと幼かったころのことだ」

そう言われ、父が言っているのは別の事だったとわかり、ティアはホッとする。

しかし幼い頃の事は覚えていないし、ルブリスに会ったのもこの間が初めてだ。

モニーク侯爵「…ならいい、今言ったことは忘れなさい」

父は関わり合いになりたくなり理由を改めて聞く。

ティア「結婚なんてしたくないの」

これからもずっと、父と一緒に幸せに暮らしたいだけなのだ。

それを聞いた父はポカーンとし、ティアははっと気がつく。

ティア(…やだ私!なに言ってんの!!)

これではまるで子供の駄々のようで、子供に戻って、考え方まで子供っぽくなってしまったようだと、ティアは焦る。

そんなティアに父は「こちらに来なさい」と手を差し伸べる。

モニーク侯爵「もうお姉さんだと思っていたのに、まだまだ子供だったんだな」

そう言いながらティアを抱きしめ頭を撫でる。

モニーク侯爵「おまえがそれを望むならそうしよう」

そのかわり剣術は厳しいものだから覚悟しなさい、とモニーク侯爵は言うのだった。

 

ティアの訓練が始まる

早朝、アレンの元に駆け寄ったティアは、「私も剣術を習うことんしたんだ」と笑いかける。

アレン「うわ~、最高だ~!!」

そう言ってティアを抱きしめるアレンを、その場にいた騎士たちは(なんだこのガキ!!)と怒りのこもっためでギロッと睨みつける。

ティアを抱きしめたまま「それじゃ毎朝会えるんだね」と喜ぶアレンに、「アレンディス、放して…」とティアは焦った。

この場に来るまで緊張していたティアは、アレンも一人で心細かったのだろうと思うのだった。

バッとティアとアレンをモニーク侯爵が引き離し、「これは一体どういうつもりだ?」とアレンを睨みつける。

ティアと一緒に習えるのが嬉しいだけだと答えるアレンに「よかったな」と冷たく言い放つと、アレンには練習場30周、ティアには10周を命じ、居並ぶ騎士たちと一緒にアレンを睨みつけた

アレンは「目をつけられちゃったみたい」と引きつった笑いを浮かべ、ティアは(10周も走れるかしら…)と不安になる。

走り出す二人を、モニーク侯爵は見つめるのだった。

 

ラス公爵邸では珍しくラス公爵が早くに家に戻っていた。

陛下に会ってきただろうラス公爵に、公爵夫人は「お変わりなかった?」と尋ねる。

相変わらず強気な方だったと笑うラス公爵は「久しく会っていない妹を恋しがっていた」と言い、公爵夫人は「まあ?意外だこと」と頬を染める。

公爵夫人は陛下の残り一人の兄弟なのだ。

ラス公爵「たまには君の方から会いに行きなさい」

そう勧めるラス公爵だが、公爵夫人は最近は忙しく、動くのも大変なのだ。

そこにいきなりドアを開け「母上!!」と一人の少年が飛び込んできたのだった。

 

>>『捨てられた皇妃』第17話ネタバレに続く

スポンサーリンク

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第16話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

  • アプリダウンロード無料
  • 『捨てられた皇妃』を毎日1話無料で読める
  • オリジナル漫画も豊富

無料 『捨てられた皇妃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://piccoma.com/web/

※無料チケットの範囲なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第16話の感想・考察

突然剣術を習いたいと言い出したティアですが、ちゃんと理由があることにモニーク侯爵は気がついていました。

そして身体の弱い、かけっこさえ出来ないティアには無理だろうと、冷静に判断します。

しかし話の間に出てきた“何か思い出したのか?”というモニーク侯爵の言葉は何を指しているのでしょう。

そのせいで皇太子と関わりたくない、と思っていると考えているのなら、何かティアが幼い頃に重大な事があったということです。

全く覚えていないティアに、モニーク侯爵は説明もしませんでしたが、思い出さない方が良い事、と言うことでしょうか。

しかしティアが父親とずっと幸せに暮らしたい、というのは、前世のように不幸になりたくないという事ですね。

モニーク侯爵は驚いた顔をしますが、娘にそう言われて嬉しくない父親がいるはずはありません。

ともかくアレンと一緒に訓練を受けることになりました。

体のほうが心配ですが、これで体力がついてきて、少しでも丈夫になればいいですね。

そしてラス公爵邸にいた元気そうな少年、これは誰でしょうか。

赤い髪をしているようですから、名前だけ出てきているラス公爵家の息子でしょうか。

これからどのように関わってくるのか楽しみです!

以上、『捨てられた皇妃』第16話のネタバレ感想でした。

スポンサーリンク
電子書籍でお得に漫画を!
あなたに合った、タイプ別おすすめの電子書籍サイトを解説しています。 電子書籍サイトを利用することで、漫画を50%offで購入できるクーポンがもらえたりするので、書店で漫画を買うよりもお買い得です。
漫画ネタバレ
KOREWATA
タイトルとURLをコピーしました