漫画で人生にワクワクを

捨てられた皇妃【第15話ネタバレ】ティアは初めて騎士の訓練を見学する

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第15話のネタバレ。

前回の話では、奢侈税は本を見て提案したと誤魔化そうとするティアに、それでも皇帝の前で意見を述べた事をアレンは評価します。そしてティアに求婚します。ティアは混乱し、モニーク侯爵は反対します。モニーク侯爵はアレンが剣術を身につけることが出来たら友人として認めると条件を出すのでした。

それでは、『捨てられた皇妃』第15話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第15話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

捨てられた皇妃 第15話のネタバレ!

後宮の図書室で、ルブリスは調べ物をしていた。

探していた書物で見つかったものはごく一部、別のものは西の図書館にならありそうだ。

「あっ…!」と声がし、リブリスは本から顔を上げる。

貴族たちがルブリスに挨拶をし、そのまま立ち去って行った。

ルブリスは側にいたハレンに「皇宮に出入りできる貴族なら、僕をしらないわけがないよな」と声をかける。

ハレンはうなずくと、貴族だけではなくこの国にルブリスを知らない人間などいない、と断言する。

しかしそれならば先日のティアが、ルブリスの問に答えようとせず、ただ黙って見つめていた意味がわからない。

そしてそのような礼儀作法のなっていない人間は皇宮に入ることなできない。

ルブリス「…そのはずなんだが、どういうわけだろう」

黙り込んでしまったルブリスにハレンは声をかけようとするが「なんでもない」とルブリスは会話を打ち切った。

ルブリス(やはりあの子は僕を無視しただけなのか、生意気だ)

 

朝の訓練場

騎士たちが練習している場所をティアは訪れていた。

アレンはまだ来ていないようだが、思っていたより人が多く、後ろの方までは見えない。

ティアに気がついた一人の騎士が「あれっ?お嬢様」と声をかけた。

騎士はリグ卿で、二人に気づいた練習中の騎士たちもティアの周りに集まり口々に挨拶をし、お嬢様と呼びかける。

知らない騎士たちに囲まれ、ティアは目が回りそうになった。

モニーク侯爵はまだ来ておらず、騎士たちはティアにここで待つかどうかを聞く。

「この間も朝早くに練習場にいらっしゃいましたよね」と言う騎士の言葉に、ティアは先日の大失敗を思い出した

「怖い夢でもご覧になられたのですか?」「今日は大丈夫でしたか?」と次々に聞かれるが、ティアはオドオドと焦りながら「あのときは…!恥ずかしい姿をお見せしてしまいました」と赤くなった。

ティア「どうか!お忘れください!!」

焦るティアを前に、「はいっ!わかりました」と騎士たちは笑顔になる。

ティアが言うのならそのようにするが、騎士たちはあの時のようなティアの姿もとても微笑ましいと感じていて、「お気になさらないでください」と言うのだった。

見学するティアのために、騎士は日差しの柔らかい木陰に案内する。

今までろくに挨拶もしたことがなかったのだが、(いい人たちだったんだ)とティアは思った。

 

訓練を見学したティアが考えたこと

「アリスティア!」と手を振りながら、アレンがやってきた。

今日から訓練が始まるが、剣術を磨いてティアの恋人…友達として認めてもらう、と張り切るアレンを、騎士たちが横目で見ていた。

訓練を行う騎士たちを見ながら、ティアは横にいるリナに声をかける。

今までティアは体が弱いせいもあり、本を読んでばかりいて練習場に来ようと思ったこともなかった。

そのためこんなにたくさんの人が訓練していることも知らずにいた

モニーク侯爵はカスティーナ帝国第2騎士団長。

リナ「あのお方たちが帝国を守る盾となるのですよ」

ティアの目の間で、アレンがブンブンと笑顔で剣を振り回していたが、モニーク侯爵にギロッと睨まれるのだった。

 

夜になり、ティアはモニーク侯爵の元へお茶を運ぶ。

そして「あのね…パパ、お願いがあるの」と話しだした。

お茶を飲みながらモニーク侯爵が続きを促す。

ティア「私にも、剣術を教えて!」

 

>>『捨てられた皇妃』第16話ネタバレに続く

スポンサーリンク

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第15話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

  • アプリダウンロード無料
  • 『捨てられた皇妃』を毎日1話無料で読める
  • オリジナル漫画も豊富

無料 『捨てられた皇妃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://piccoma.com/web/

※無料チケットの範囲なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXT music.jp
ポイント特典
600円分 600円分
無料期間
31日間 30日間
無料期間中に取得可能なポイントで、漫画や動画を楽しむことができます!
公式サイト 公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第15話の感想・考察

庭園でルブリスと会ったティアですが、特にお咎めはなかったものの、やはり良くない印象を持たれてしまったようです。

恐怖で動けなかったティアですが、ルブリスは無視されたのだ、と思ってしまいました。

もともとティアの事を生意気だと思っているようですから、これからこじれてこないといいのですが…。

そしてアレンが訓練に参加することになり、ティアは見学に来ました。

そこで騎士たちに囲まれてしまいますが、みんなとてもいい人ばかりみたいです。

とても近くにいたのに、全く関わりがなかったため気が付かなかったのですね。

ちゃんとティアの周りには、ティアの事を好ましく思ってくれる人たちがたくさんいます。

騎士の訓練を見たティアは、夜になり、父に剣術を教えて欲しいと言い出しました。

帝国の盾になる騎士たちだというリサの言葉が心の中に残ったようですが、ティアは体が弱いはずです。

剣術を教えて欲しいとは言っても、どの程度のことを考えているのでしょうか。

父親は賛成しくれるのでしょうか。

以上、『捨てられた皇妃』第15話のネタバレ感想でした。