スポンサーリンク

捨てられた皇妃【第12話ネタバレ】無事に謁見を終えるも、ティアはルブリスに会ってしまう

スポンサーリンク

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第12話のネタバレ。

前回の話では、皇帝に試されているとティアは感じますが、それでも国民のために最善と思われる案を進言します。その案に感心する皇帝ですが、ティアは皇帝になるためには優しすぎ、皇后として相応しいと言います。それに対しティアは、ルブリスとは関わりたくないと真直に訴えるのでした。

それでは、『捨てられた皇妃』第12話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第12話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

捨てられた皇妃 第12話のネタバレ!

ルブリスも、ティアがどれだけ賢いかは伝え聞いていた。

礼儀作法、学問、どれをとっても伴侶として二人といない女性だと勧めるのだ。

しかし(令嬢がなんだ)とルブリスは思う。

誰もが自分ではなくティアの話ばかりするのが気に入らない。

ルブリス(いっそあの女を次期皇帝にすればいいだろう)

 

謁見はティアの聡明さを示して終わる

皇帝はルブリスと関わり合いになりたくないと言ったティアに、その理由を聞く。

ティア(しっかり伝えなきゃ、あのような人生は絶対に歩みたくない)

心配そうな父親の横、ティアは顔を上げ話し出す。

皇位継承権を持つこととなったティアを他の家門や外国に送ることは出来ず、かといって皇后に迎えてしまうとルブリスがどう思うかわからない。

そのため陛下はティアを皇妃に、と考えているのではないかとティアは皇帝に尋ねる。

皇帝「よくわかっているではないか」

その言葉に、皇帝とルブリスがそっくりだとティアは思うが、皇太子の伴侶に選ばれてしまった以上、それは仕方のない事だ。

ティア「わたくしを殿下の伴侶であると断定するには多少無理がございます」

しかしティアは皇帝に反論した。

神のお告げの「少女の誕生」が懐妊を意味するのか、誕生を意味にするのかは定かではない。

実際にビタの愛を受けた少女は異世界からやって来た美優だったのだ。

ティアが生まれたのは神のお告げのあった翌年で、美優はティアのひとつ上。

お告げはちゃんと美優を指していたのだ。

しかし今ここでその事を言ったとしても、誰も信じてくれる訳もない。

ティア「わたくしに時間をください、解決策を探して参ります」

今すぐではなく、ひとまず引き下がり別の手段を探す、それは皇帝が先程ティアに教えた方法だ

そして解決策とは関係なく、ティアはしばらくの間はルブリスの伴侶として過ごすと言い、「…ほお、それなら話が早い」と皇帝もうなずく。

二人のやり取りを見ていたベリータ公爵は(本当にすごい子だ)と感心していた。

ティアは今の短い会話の中から、皇室と皇帝派閥の葛藤が起こるであろうことまで見据えたのだ。

たしかに今、破談となれば、皇室とモニーク家の間に亀裂が入ったという噂が広まり、それは対立している貴族派のまたとない口実となり得る。

ラス公爵(ケイルアンはとんでもない子を持ったものだ)

ティアに対し、ラス公爵も感嘆していた。

皇帝は皇太子の成人まではまだ数年あるため、それまでティアに時間をやると約束し、ティアは頭を下げる。

まだ9歳のティアであるが、やがて喉から手が出るほどの人物になるだろうと、誰もが思うのだった。

 

偶然の出会い

謁見が終わったティアは、「ふぅ~、疲れた…」と言いながら廊下を歩いていた。

いつ会っても陛下には圧倒されるのだ。

緊張しすぎたせいなのか、腰まで痛くなり、ティアはかぶっていた帽子をとる。

ティア(これからどうしよう)

ぼんやりと考え込んで歩いていたティアは、目の前にそびえ立つ大きな樹を目にし、自分のいる場所がどこだが不意に気がつく。

ティア「早く戻らなきゃ」

考え事をしながら歩いていたため、つい癖で皇宮の奥にある庭園に来てしまったのだ。

ティア(ここはマズい、もしも…もしもー!誰かと出くわしたら…!)

足元の草がカサッと音を立てる。

「誰だ」と声がし、ティアは立ち止まる。

ティア(こんなところで会うなんて…)

「ここは皇帝陛下の庭園だ、勝手に入ってきていいと思っているのか」と声が続く。

ティア(忘れられすはずのないこの声)

木の陰に隠れ、そっとティアは後ろを振り返った。

ティア(ルブリス皇太子…!!よりによってここで…!)

見つかったら怒られる、とティアはその場に小さくなるが、どうすればいいのかわからない。

ティア(逃げなきゃ)

返事がないことを不思議に思ったルブリスは、「隠れてないで出てこい」と呼びかけ、見えない誰かを探す。

ティア(と…とりあえず隠れていよう…!)

ルブリスが近づいてくる気配を感じ、ティアはパニックを起こしそうになっていた。

そこに強い風が吹きつけ、持っていた帽子が飛び、それをつかもうとしたティアがルブリスの前に出てしまう。

ルブリス「…そなたは、モニーク家の娘」

冷たい声に、以前のルブリスの姿が重なり、ティアは声も出せず、手も体も動かすことが出来なかった。

黙り込むティアに、「なんと不躾な女なんだ」とルブリスはティアを見下ろすのだった。

 

>>『捨てられた皇妃』第13話ネタバレに続く

スポンサーリンク

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第12話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

  • アプリダウンロード無料
  • 『捨てられた皇妃』を毎日1話無料で読める
  • オリジナル漫画も豊富

無料 『捨てられた皇妃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://piccoma.com/web/

※無料チケットの範囲なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第12話の感想・考察

9歳にして、皇帝の前でのしっかりした態度や話し方、考え方は、将来どれだけティアがすごくなるかを示してしまいました。

これだけ目立ってしまえば、皇位継承権を持ったことももちろん、他の家門や外国に送ることは絶対にできないでしょうから、皇室に留めて置くのが一番と考えるのが普通です。

しかもそれを9歳の子が言うのですから、末恐ろしいとしか言えません。

しかしあまりに緊張したのでしょうか。

ぼんやりしていて皇宮の奥の庭に来て、そこでルブリスに会ってしまいました。

どうもルブリスはティアをよく思っていないようですから、冷たい目を向けてきます。

そして、その目の前でティアは動くことも言葉を発することもできなくなってしまいました。

これはルブリスが今まで聞いていたティアとは、全く違う印象を受けたのではないでしょうか。

しかも無礼で不躾とかなり悪い評価です。

ティアはこの場から離れることが出来るのでしょうか。

以上、『捨てられた皇妃』第12話のネタバレ感想でした。

スポンサーリンク
電子書籍でお得に漫画を!
あなたに合った、タイプ別おすすめの電子書籍サイトを解説しています。 電子書籍サイトを利用することで、漫画を50%offで購入できるクーポンがもらえたりするので、書店で漫画を買うよりもお買い得です。
漫画ネタバレ
KOREWATA
タイトルとURLをコピーしました