スポンサーリンク

捨てられた皇妃【第9話ネタバレ】ティアは神の答えを受け取る

スポンサーリンク

ピッコマで連載してiNA先生Yuna先生の『捨てられた皇妃』第9話のネタバレ。

前回の話では、温かい日常を送るティアは、夢と現実がわからなくなっています。夜中に悪夢で目を覚ましたティアは、父が傍にいることを知り、しがみつくのでした。神殿にお告げがあるかもしれないと思いついたティアは早速向かいます。

そこで何者かがティアに話しかけてくるのでした。

それでは、『捨てられた皇妃』第9話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『捨てられた皇妃』第9話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『捨てられた皇妃』のネタバレ最新話まとめを見る

『捨てられた皇妃』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

捨てられた皇妃 第9話のネタバレ!

声を聞いたティアは思わず辺りを見回し「誰!?誰がしゃべってるの!?」とその声に向かって叫んだ。

 

ティアに届く声の主は…

声は『私は万物に生命を与える者、そなたたちは私を“ビタ”と呼ぶ』と言う。

すぐには信じられず、ティアは誰かのイタズラかと思った。

“ビタ”は16のティアと今のティア、どちらが本物か知るためにティアがやって来たことを知っていた。

ティア「ど…どうしてそれを…!?」

と驚くティアだが、『私は全てを知っている』と“ビタ”は答える。

そして16のティアも、今のティアも、『どちらもそたなである』と言うのだった。

ティア「時間が逆戻りしたってこと!?」

驚くティアに、“ビタ”は『その通り』と答えた。

“ビタ”『私に与えられた命の権限により、時間が巻き戻ったのだ』

ティアは其の理由を聞く。

“ビタ”『あまりにも多くの者たちの運命がねじれてしまったから』

自分の選んだ子、美優は、本当ならばこの世界に生まれるはずだったのだが、次元の歪みにより、他の世界に生まれてしまったのだ。

急いでこの世界に呼び戻したのだが、ティアを含む多くの者の運命を変えることになってしまった

それを聞いたティアは、美優が選ばれし子だったのだと知った。

しかしそれならば美優が現れるというお告げを下せばよかったのだ。

もしももっと早く美優が現れると言うことを知っていたなら、ティアもルブリスを諦めることが出来たかもしれない。

“ビブ”『そうはできなかった…』

選びし子である美優が他の世界に行ってしまったため、ティアもルブリスと長い長い運命の糸で結ばれてしまったのだ。

その言葉を聞いたティアは「わ…私と彼の縁は、美優がいない間の穴埋めでしたなかったってことですか」と聞く。

『そういうことだ』と言う“ビブ”の言葉に、あれほど胸を痛めた恋は、自分の意志ではなく、運命によって決められた感情だったのかと訴える。

『そうとも』とビブは答えた。

どれほど努力しても振り向いてもらえなかったのも、美優が現れるまでの代用品でしかなかったからだ。

神が愛した、選ばれた子のためだけに、自分は存在していたのだ。

 

真実を知ったティア

ティアの目から涙がこぼれた。

苦労するだけ苦労して、結局全てを美優に奪われたのだ。

ティア「万物を平等に扱うという神が選ばれし子を創って、どうして好き勝手干渉するの!」

人間に与えられた避けることのできない決定事項が“運命(ファートゥム)”だと“ビブ”は言う。

『人間は運命に背を向けることなどできない』という“ビブ”の言葉に、ティアは悲鳴を上げる。

ティアは一度も優しさを見せてくれないルブリスを心の底から愛し、皇后である美優の代りに激務をこなしてきた。

後ろ指を指されても恨まなかった。

神が試練を与えるのは、自分を強くするためで、辛い思いをした分だけ幸せになれると思っていた。

それなのに、意思を否定され、強制的にルブリスに尽くす女となり、父の愛も知らずに生きてきたのだ。

“ビブ”もティアのことは哀れだと思っていた。

そして『代りにそなたの運命が歪んでしまったことへの償いをしよう』とティアに語りかける。

償いと聞いたティアは顔を上げた。

そしてどんな償いなのかを見せてもらうが、もう“ビブ”を神だとは思わないし、感謝もしない、と叫ぶ。

ティア「私はもう、神の存在なんて信じないんだから!!」

神の存在を否定し、あてにしない、とティアは言い切った。

“ビブ”『…いいだろう、好きなようにするがいい』

ティアの周りでピキッピキッと何かが弾ける。

『そなたのことは私が見守っている。そなたが選ぶ道はそなたの運命』

ティアの耳に“ビブ”の声がどこからか声が届く。

『そなたの望むことがそなたの道、そたなた運命を切り開く者』

その声を聞きながら、ティアは気が遠くなっていくのを感じる。

『アリスティア・フィオニア・ラ・モニーク』

暗い中、膝を抱えながら、ティアは自分は何のために生まれてきたんだろうと思う。

自分という存在が何なのか、自分にもわからない。

ティア(今思えば、私なんて、なんでもなかった)

ボタッとしずくの溢れる音と一緒に、“ティア”と呼びかける声が届く。

ティア、ティア、とそれはずっと続いている。

しかしティアは耳をふさぐ。

ティア(私のことは放っておいて、私を呼ばないで、私を探さないで)

もう自分には何も残っていないのだ。

努力も誇りも涙も、そして恋もー。

しかし自分を呼ぶ声は止まらない。

ティア(結局私の存在まで否定しておいて、今度は何が欲しいというの?)

雨が降りしきる中、「ティア…頼む…!目を開けてくれ!」と声は続くのだった。

 

>>『捨てられた皇妃』第10話ネタバレに続く

スポンサーリンク

捨てられた皇妃など漫画を無料で読む方法

以上、『捨てられた皇妃』第9話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『捨てられた皇妃』を読むことができますよ

  • アプリダウンロード無料
  • 『捨てられた皇妃』を毎日1話無料で読める
  • オリジナル漫画も豊富

無料 『捨てられた皇妃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://piccoma.com/web/

※無料チケットの範囲なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『捨てられた皇妃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、捨てられた皇妃以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

捨てられた皇妃 第9話の感想・考察

ティアは美優が現れるまでのつなぎでしかなかった…なんて残酷な答えでしょう。

ビブが時間を巻き戻したのは、あまりにも運命が絡まり歪みすぎてしまったからです。

運命には抗えない、ティアでなくとも納得できません。

全てに耳をふさいで俯いてしまったティアですが、巻き戻された人生ならば、運命に従うこと無く、自分の人生を自分で選んで切り開いていけるのです。

9歳から、また始めることができるのです。

ティアの父との関係も、巻き戻す前よりもずっと良くなりました。

そしてこれはティア自身が選んだことです。

真実を知ってしまった辛さはありますが、もう一度やり直すことが出来るのですから、次はもっと違う人生を選ぶ事ができます。

美優もいずれは現れるのでしょうが、それまでに出来ることもたくさんあるはずです。

早く顔を上げて欲しいです!

以上、『捨てられた皇妃』第9話のネタバレ感想でした。

タイトルとURLをコピーしました