漫画で人生にワクワクを

【徹底比較】失敗しない電子書籍ストアの選び方!!タイプ別おすすめ5選を紹介!!

電子書籍のおすすめ比較

2020年11月15日、情報を更新しました。

電子書籍を利用しようと思っているけど、

「安く漫画を買えるのはどこ?」

「漫画と小説(活字本)、両方とも読みたい…」

「専用リーダーやタブレットなど端末も揃えた方がいい?」

など分からないことが多いですよね。

私は漫画を過去に2000冊以上集めたり、その他小説やビジネス書籍などずーっと「本は紙派」でしたが、本棚に入りきらず、段ボールへ入れて山積み状態…。

さすがにこれは…と思い、電子書籍へと切り替えたのですが、便利過ぎて驚きました。

一人暮らしの部屋には多すぎた読まなくなった漫画などを売ったおかげで、部屋は広くなり、スマホやタブレット端末で、どこでも何冊も読める…。

紙で読むのもいいけど「場所を取らない」「どこでも読める」の2つはかなり大きいです。

そんな便利な電子書籍ストアですが、どこを利用すればいいのかって悩みますよね?

私が初めに利用したのは、普段から使っているという理由からAmazonのkindleを選択。

でも、それが大きな失敗となりました…。

その経験も含めて、こちらでは、電子書籍ストアを選ぶときに失敗しないためのポイントと、有名&人気の電子書籍サービス10社を比較した結果をお伝えします。

紙の書籍から電子書籍に切り替えようかと思っている方向けに選び方やおすすめの電子書籍ストアを紹介していくので、失敗したくない方は参考にしてください。

クリック→おすすめ電子書籍ストアをすぐに見る

電子書籍ストアを選ぶ4つのポイント

電子書籍ストアを比較するポイント

これから、電子書籍を使うにあたってストア選びで失敗しないポイントを解説します。

電子書籍ストアはそれぞれ特徴が異なるため、「これがおすすめ!」とランキング1位とかにあるストアが、本当にあなたにとっておすすめな電子書籍ストアとは限りません。

そこでまずは、電子書籍ストアを選ぶときに気をつけたいのが以下の4つ。

失敗しないためのポイント

  • 1.『漫画』or『一般書籍』どちらを読みたいか?
  • 2.お得に購入できる割引サービスはあるか?
  • 3.読みたいジャンルの品揃えは豊富か?運営会社は信頼できる?
  • 4.電子書籍ストア専用のアプリ使いやすいか?

それぞれのポイントについて詳しく解説していきますね。

1.読みたいのは『漫画』or『一般書籍・小説』?

電子書籍の選び方

電子書籍ストアは、大きく分けると『漫画特化』or『書籍全般』の2つに分けられます。

  • 漫画特化…ebookjapan、まんが王国、コミックシーモアetc…
  • 書籍全般…Amazon Kindle、楽天kobo、honto

私の場合、漫画も読むし、ビジネス書など一般書籍も読むため、良く利用していたAmazonで電子書籍リーダーのkindleとともに漫画やビジネス書を購入。

でも、これは大失敗だということが買ってから分かりました。

電子書籍選びで失敗した理由が気になる方はこちらをクリック

漫画と一般書籍では、電子書籍ストアも分けて利用するのがおすすめです。

2.お得に購入できる割引サービスはあるか?

電子書籍は割引が重要

紙で買っていたときは気にしたことがありませんでしたが、電子書籍ストアによって、初回割引やポイントバック、その他無料キャンペーンなどを頻繁に行っています。

  • 初回登録時に半額クーポン
  • 購入ポイントに応じて割引orポイントバック
  • 来店ポイントやメルマガポイント
  • ガチャクーポン、期間限定クーポン
  • 期間限定〇巻無料 etc…

こういった割引サービスを知らずに購入すると損してしまうので、せっかく電子書籍を利用するなら、お得に購入できるところを選ぶようにしましょう。

3.そのストアは品揃えが豊富か?信頼性があるか?

電子書籍会社の信頼性

電子書籍はストアによって、取り扱ってる書籍の数が違います。

また、紙の書籍と違って所有するのではなく、その作品のデータを読める権利を買っているようなものなので、運営会社のサービスが終了すれば読むことができなくなります。

どこかの会社が買収でもすれば引き継がれることもありますが、注意は必要。

  • 電子書籍ストアの取扱いジャンルを確認
  • 運営会社は信頼できるか?運営期間など確認

など、この2つは確認しておくようにしましょう。

また、TL、BL、アダルトなど好みが分かれるジャンルの漫画を読まれる場合は、好きな作品、作家さんの取扱いがあるかはチェックしてください。

4.アプリの使いやすさも重要!

電子書籍アプリの使いやすさ

電子書籍ストアごとに専用アプリが用意されていることがほとんどです。

私が電子書籍選びで失敗した原因の一つでもあるのがコレ。

それぞれの電子書籍によって大きな違いがあり、アプリの使いやすさも重要な項目の一つです。

  • 本棚機能の使いやすさは?
  • 自動で漫画をまとめてくれる?
  • オフラインで読めるダウンロード機能は?
  • アプリ内でそのまま買い物できる?
  • 目次機能やメモ、付箋機能は?

どれを重視するかは人によって変わると思いますが、本棚の使いやすさは特に重要だと感じました。

私の失敗談

例えば、私は初めて使ったのはAmazon kindleですが、漫画を同じタイトルでまとめてくれるな機能がなく、何十冊も出ている作品だとかなり面倒なことに…。(現在は対応されています)

しかし、漫画特化の電子書籍なら自動で同じタイトルの漫画をまとめてくれるし、巻数も最新順、古い順と並び替えれたり、背表紙表示まであります。

ビジネス書など一般書籍なら問題ありませんが、漫画やラノベの場合は同じタイトルで何冊も出るので、自動振り分け機能があるかないかは、特に重要です。

電子書籍ストア12社を徹底比較した結果!!

上記の選び方を踏まえ、電子書籍ストア12社を比較してみました!

比較した項目は以下の5つです。

  1. 『漫画特化』or『書籍全般』
  2. 割引サービスの内容
  3. 品揃え(取扱い書籍数)
  4. 運営会社の信頼度(運営期間など)
  5. アプリの使いやすさ(特に本棚機能)

これらのポイントを踏まえて、比較表を用意したので、ご覧ください。

ストア名 ジャンル 割引サービス 品揃え 信頼度 アプリ 総合評価
kindle 書籍全般 不定期割引 約600万冊 ★★★★★4.7
eBookJapan 漫画 初回50%off、不定期クーポン 約64万冊 ★★★★★4.6
まんが王国 漫画 初回50%off、最大50%ポイントバック 非公表
(6万タイトル以上)
★★★★☆4.4
BookLive! 漫画・書籍 クーポンガチャ 約105万冊 ★★★★☆4.4
コミックシーモア 漫画(TL、BL) 初回50%off、クーポン多数 約68万冊 ★★★★☆4.2
U-NEXT 漫画・動画・雑誌 最大40%ポイントバック 約35万冊 ★★★★☆3.8
Renta! 漫画 レンタル 約12万冊 ★★★★☆3.6
honto 書籍全般 初回30%off 約70万冊 ★★★★☆3.6
めちゃコミック 漫画 ボーナスポイント 非公表 ★★★☆☆3.4
DMM電子書籍 漫画(アダルト) 初回50%off 非公表 ★★★☆☆3.4
楽天kobo 書籍全般 割引クーポン、楽天ポイント 約300万冊 ★★★☆☆3.0
BOOK WALKER 漫画 初回購入半額還元 約65万冊 ★★★☆☆3.0

有名&人気の電子書籍ストアに絞ったため、運営会社の信頼度に関しては、どこを利用しても気にする必要はありません。

そのため、選ぶときのメインとなるのが『割引』+『品揃え』+『使いやすさ』。

ここからは、あなたの使い方により合う電子書籍を選んでいただけるように【タイプ別おすすめ電子書籍ストア】を厳選いたしました。

こちらを読めば、あなたにぴったりな電子書籍ストアが見つかるはずです。

【タイプ別】電子書籍ストアおすすめ5選!!

電子書籍ストアは似たようなサービスもあって迷うと思います。

そこで、当サイトではタイプ別におすすめできる電子書籍ストアを分けて紹介します。

  1. 一般書籍メイン+たまに漫画も読む方には『kindle』
  2. 漫画をコレクションとして集めたいなら『eBookJapan』
  3. とにかく漫画を安く買いたいなら『まんが王国』
  4. 使いやすさを重視したいなら『BookLive!』
  5. 漫画は月1~2冊程度、映画やアニメ好きなら『U-NEXT』

1.一般書籍メイン+漫画はたまにという方なら間違いなく『Kindle』

kindle

600万冊以上!!ビジネス書・小説など一般書籍を読むなら『Kindle』

『kindle』は、Amazonが提供している電子書籍サービスで、ビジネス書から漫画、小説までほぼ全ての電子書籍が揃っているため、これ一つで他を利用しなくてもいいレベル。

頻繁に5~10%OFF、たまに20~40%OFFなどお得に購入できるセールもあります。

漫画特化の電子書籍ストアと比べると、割引頻度が少なかったり、アプリも漫画向けに最適化されているわけではないので、若干使いにくさもありますが、総合力ではNo.1!!

大量に本を読むという方には『Amazon Kindle Unlimited』という、月額980円で和書12万冊読み放題のサービスもあるので、活字中毒にはたまりません!!

電子書籍リーダーも使いやすいし、一般書籍を読むなら『Kindle』がおすすめですよ。

総合力No.1!!一般書籍をメインに読む方に!

600万冊以上、amazon運営で安心

評価
品揃え
(5.0)
割引サービス
(3.5)
信頼度
(5.0)
アプリの使いやすさ
(4.0)
総合評価
(5.0)
MEMO

Kindleを利用する場合は、専用端末も一緒に使うと快適です!

書籍だけなら8GBでもいいと思いますが、漫画も併用して使うなら32GB、広告なし、Kindle Unlimiedなしを選択するのがおすすめになります。

2.漫画好きに!!品揃え最大級&コレクションとして集めれる『eBookJapan』

ebookjapan

品揃え最大級!!漫画をコレクションしたいなら『eBookJapan』

『eBookJapan』はyahoo!が運営している日本最大級の漫画の品揃えを誇っている電子書籍ストアで、少年コミック、少女コミック、青年コミックなどはマイナー作品まで取り揃えています。

しかも、本棚機能では単行本の背表紙まで見ることも可能!!

背表紙機能はeBookJapanにしかないので、本棚のようにコレクションしたい方にピッタリです。

以前までは週末クーポンで土日は20~30%offで漫画を購入できたのですが、今はyahoo!プレミアム会員やpaypay利用者を優遇するようになりました。

それでも、たまに30~50%offクーポンをもらえるし、背表紙機能などアプリの使い勝手がいいので、漫画好きのコレクター向けの電子書籍ストアになります!

漫画を本棚のように集めたい方向け!!

漫画の品揃え最大級&お得なセールも盛りだくさん!

『eBookJapan』をもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

評価
品揃え
(4.5)
割引サービス
(3.5)
信頼度
(5.0)
アプリの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(4.5)

3.漫画を安くお得に買いたいなら『まんが王国』

まんが王国

漫画をとにかく安く、お得に購入したいなら『まんが王国』

最近の『まんが王国』の勢いがすごくて、初回半額&月額コースのポイント加算、来店ポイントなど今まであった特典だけでなく、最大50%ポイント還元という割引サービスもスタート!

まんが王国の割引

さらに期間限定でに最大80%ポイント還元という、ぶっ壊れたキャンペーンをやることも!!

漫画を毎月購入する方、まとめ買いする方におすすめです。

最大50%ポイント還元でお買い得!!

漫画を安く購入したいという方におすすめ!

『まんが王国』をもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

評価
品揃え
(3.5)
割引サービス
(5.0)
信頼度
(4.0)
アプリの使いやすさ
(4.0)
総合評価
(4.5)

4.使いやすさ重視!!漫画メイン+たまに活字派には『BookLive』

booklive

使いやすさNo.1!!クーポンガチャでお得に購入も!

使いやすい電子書籍ストアでNo.1に選ばれたことのあるBookLiveは、メインは漫画ですが、小説やビジネス書なども揃えており、100万冊以上と品ぞろえも豊富。

初回は50%offクーポン、それ以降は毎日クーポンガチャを引くことができ20~30%offになるクーポンがよく当たります!

使いやすさとお得感を兼ね備えた万人向けの電子書籍ストアです。

使いやすさで選ぶなら!!

初回50%off、ガチャクーポンでお得!

評価
品揃え
(4.0)
割引サービス
(4.0)
信頼度
(4.0)
アプリの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(4.5)

5.漫画はたまにしか買わない、アニメや映画好きなら『U-NEXT』

U-NEXT

アニメにドラマ、映画も見放題!!漫画は最大40%還元の『U-NEXT』

『U-NEXT』は、“ないエンタメがない”とアピールするほど豊富なコンテンツの揃った動画配信+電子書籍ストアで、メインは見放題動画と見放題雑誌が特徴。

しかし、最近は書籍にも力を入れ、購入額から最大40%ポイント還元も!!

2ヶ月目から月額1,990円(税抜)かかるデメリットはあるけど、毎月1200Pもらえるので実質790円で14万本以上の動画、70誌以上の雑誌を見れる他、毎月2~3冊漫画も買えます。

漫画は月2~3冊程度、アニメや映画の方をよく見るという方にぴったりなサービスです。

31日間のお試し期間もあるので、まずは試してみることをおすすめします。

31日間のトライアル期間あり!

無料お試し期間中に解約すれば無料です。

評価
品揃え
(3.5)
割引サービス
(4.0)
信頼度
(4.0)
アプリの使いやすさ
(3.5)
総合評価
(4.0)

その他、特徴的な電子書籍ストア

厳選した電子書籍ストアの中に入らなかったものの、特徴的な電子書籍ストアがいくつかあるのか、そちらについても簡単に触れておきたいと思います。

  • コミックシーモア…TL・BL作品が他よりも豊富!!クーポンも多くて◎月額読み放題もある。
  • honto…紙書籍を買えば電子書籍を50%offで購入可能な作品も。(一般書籍メイン)
  • DMM電子書籍…アダルト漫画が他よりも豊富!!初回50%offは100冊までOK!
  • 楽天kobo…楽天が運営。amazonより楽天派の方におすすめ

以上、電子書籍ストア選びの参考にしてください。

電子書籍ストア選びに迷ったときはこの2つから選ぼう!

電子書籍選びで迷ったらここまで読んできて、まだ迷っている…という場合は

  • 漫画をメインに読むならeBookJapan
  • 一般書籍をメインに読むならkindle

を選んでおけば間違いありません。

1社にまとめたいという気持ちがあるかもしれませんが、電子書籍ユーザーの約30%は2つ以上のストアを並行しているという調査結果もあります。(※電子書籍ビジネス調査報告書2018)

1社にまとめると管理も楽になりますが、ジャンルが違うと読みやすさも変わってきます。

だから、もしあなたが両方読むのであれば使い分けるか、上記で説明したものを参考に読みたいジャンルの書籍によって使い分けた方が、快適に読書を楽しむことができますよ。

もう一度おすすめの電子書籍ストアを見る

電子書籍を利用するメリット・デメリット

紙に慣れ過ぎてしまってる方にとって、電子書籍に切り替えるのは結構勇気がいりますよね。

私も紙のページをめくる感じや重みなどが好きなので、ずーっと『紙派』でしたが、今ではすっかり電子書籍派になってしまいました。

ここからは紙にするか、電子書籍を利用するか迷ってる方向けに、電子書籍のメリット・デメリットについて詳しく解説していきたいと思います。

電子書籍のメリット

電子書籍のメリット

電子書籍を利用しててメリットだと感じるのは以下の5つ。

電子書籍のメリット

  • 置き場所に困らない
  • 無料で読めたり、安く購入することができる
  • 持ち運びが楽でいつでも読める
  • 読みたいと思ったときにすぐ買える
  • 紙媒体で発売されてない作品も読める

1.漫画の置き場所に困らない

電子書籍の大きなメリットが場所を取らないということ。

例えば、私は漫画を2000冊以上集めていた頃は、本棚に漫画が入らずに段ボールに詰めて山積み状態になっていたので、場所は取るし、取り出すのも一苦労…。

しかし、電子書籍なら必要なのはスマホや電子書籍リーダーのみ。

データとして入れておくことができるから、本の数が多い人ほど電子書籍を便利だと感じるはず。

日焼けなどの劣化もないので、保存環境を気にしないで済むし、大人向けやBL、TLコミックをお店で恥ずかしい気持ちなく買うことができます。

2.無料で読めたり、安く購入することも可能

電子書籍は紙媒体よりも5~20%ほど安く購入できるものがほとんど。

さらに、1巻無料などじっくり試し読みができるものがあるし、まれに連載〇年記念とかで無料で最新刊直前まで無料で読むことができるものもあります。


過去には『進撃の巨人』28巻まで無料読み放題だったことも!

割引額やポイント還元などによって、普通に購入してもお得です。

3.持ち運びが楽でいつでも読める

スマホか電子書籍リーダーがあれば、本棚を持ち運んでるのと同じ!

電子書籍を読むときは、基本的に購入したWEBサイトで閲覧するか、専用のアプリや電子書籍リーダーに入れて読むことになります。

ということはスマホさえあれば、いつでも書籍を読めるという事です。

電子書籍を読むなら、amazonの『kindle』か『ipad』のようなタブレットを利用すると、快適な読書を楽しめます!

鞄に本を入れると意外と重いし、電車などで読むときは両手を使わないといけないから不便になる時もありますが、電子書籍ならそういった不便が一切ありません。

ページめくりもワンタッチなので、片手で読むことが可能です。

4.読みたいときにすぐに買える

「この本読みたい」と思ったら、ネットさえ繋がってればすぐに買えます。

紙の場合は、わざわざ書店まで買いに行かなければ読むことができませんが、電子書籍はデータなので、買った瞬間から読むことができます。

家を一歩も出ずに漫画などを読めるのは楽でいいですよね。

5.紙媒体で発売されてない作品も読める

最近はアプリなどで連載してるWEB漫画も増えてきて、紙媒体で売上が見込めない漫画とかは電子書籍でのみ発売されることも少なくありません。

そう言った漫画を読むために電子書籍を利用しなきゃいけないという事もあります。

もう一度おすすめの電子書籍ストアを見る

電子書籍のデメリット

電子書籍のデメリット

普通に利用してればデメリットに感じることは少ないと思いますが、電子書籍のデメリットになりそうだと感じるのは以下の4つです。

電子書籍のデメリット

  • 電子書籍ストアのサービス終了
  • 中古本として売ることができない
  • 端末次第で読みやすさが変わる
  • 読みたい作品が電子書籍化してない

1.電子書籍ストアのサービス終了

電子書籍を利用することで一番恐いのはサービスの終了ですね。

サービスが終了してしまったら、せっかく購入した漫画が読めなくなってしまうので、このリスクだけは避けたいところです。

そのためには、有名・安心できる会社が運営しているストアを選ぶこと!

当サイトの『おすすめの電子書籍ストア』は、どれも安心できる有名企業が運営しているので安心ですが、聞いた事もない無名ストアを利用するのはリスクが高いので止めておきましょう。

Amazonはもちろん、eBookJapanもヤフーとの共同運営なので安心ですよ。

2.中古本として売ることができない

当たり前ですが、実物がないので売ることができません。

今までは、もう読まなくなった漫画とかをブックオフやフリマアプリなどを使って売っていたかもしれませんが、そういったことはできなくなりますね。

また、逆に中古で安く購入するという事もできません。

古い漫画とかだとブックオフで100円で買えたりするので便利なのですが、それができないので古い漫画を集めたいと思うと、少し費用がかかってしまいます。

そういった昔の作品を集めたいときは、セールやポイント還元を上手に利用しましょう。

3.端末次第で読みやすさが変わる

電子書籍はスマホかタブレット、専用の電子書籍リーダーを利用して読みます。

紙の書籍はサイズが決まっているので当然読みやすいのは確かですが、電子書籍の場合は利用する端末の画面サイズがそのまま反映されるのでサイズが小さいと読みにくいことも。

タブレットや電子書籍リーダーだと快適に読めますが、別途購入費も発生してしまいます。

そのため、試し読みなどで読みやすさを確認してから購入するようにしてください。

4.読みたい作品が電子書籍化してない

最近は電子書籍化が普通になってきましたが、中には電子書籍がない作品もあります。

例えば、『はじめの一歩』の森川ジョージ先生、『20世紀少年』などの浦沢直樹先生や、『スラムダンク』『バガボンド』などの井上雄彦先生の漫画は電子書籍がありません。

作者の意向で電子書籍化しない場合もあるので、あなたが買いたいと思っている書籍が電子書籍化してない可能性があることを理解して使いましょう。

もう一度おすすめの電子書籍ストアを見る

私が電子書籍ストア選びで失敗した理由

余談にはなりますが、私が電子書籍ストア選びで失敗したなと思った経験談を紹介します。

最初に利用したのが、普段から使っているという理由でamazon kindleを選択。

失敗理由①「白黒反転」

こちらの動画を見ていただければわかるように、kindleって漫画だと白黒反転するんですよね;

一般書籍を読むときはまったく問題ないのですが、漫画のように白黒描写が多いものだと、このようにページをめくるたびに反転して目がチカチカします…。

スマホやタブレットでは問題ありませんが、電子書籍リーダーを購入予定の方は要注意です!!

一般書籍や小説、ラノベを読むには最高ですが、漫画を読むには不向きに感じます。

失敗理由②「本棚機能」

また、kindleは同じタイトルの漫画を自動で割り振ってくれる機能がなく、自分でフォルダ分けをしないといけないのも、かなり不便に感じます。(今は改善されてます)

放置すると、購入順、読んでた順などバラバラに…。

『漫画特化』の電子書籍ストアは、同じタイトルを一個にまとめ、巻数も自動で揃えてくれるので快適です!

そのため、私は漫画用とビジネス書籍用と分けて利用しています。

漫画と一般書籍の両方を読む方の場合、それそれ使い分けることも考えましょう。

もう一度おすすめの電子書籍ストアを見る

電子書籍でよくあるQ&A

オフラインでも読むことができますか?

利用する電子書籍ストアによります。

例えば、『eBookJapan』や『Kindle』は専用アプリでダウンロードしておいたオフラインで読むことができますが、『めちゃコミック』などはオンラインでしか読めません。

利用する電子書籍ストアの利用方法を確認しておきましょう。

kindleのような専用リーダーやタブレットは必要?

あったほうが快適です。

私の場合は、一般書籍はkindle paperwhite、漫画はipadを利用しています。ワンピースなど、一部の漫画はカラーで読むことができるので、タブレットがあると最高です!

パソコンに保存することは可能?

できません。WEBサイトやアプリを利用します。

書籍には著作権があるので、パソコンにダウンロードしておくといったことはできません。読むときは専用アプリやWEBページ上で読むことになります。

購入にクレジットカードは必要ですか?

それ以外の決済方法も用意されています。

電子書籍ストアの多くは、クレジットカード決済以外にも、スマホの料金と一緒に決済する方法やPayPayなどの決済方法も用意されています。ただ、現金での支払いはできないですね。

まとめ

以上、電子書籍ストアの比較、おすすめになります。

電子書籍ストアがたくさんあって迷うこともあると思いますが、こちらで紹介した『おすすめの電子書籍ストア』を参考にあなたに合ったところを利用してください。

もし迷ったら、以下の2つを選んでおけば間違いありませんよ。

基本的に登録自体は無料のところばかりなので、まずは実際に無料書籍などを読んでみて、一番使いやすいと感じた場所を選ぶようにしてみてください。

電子書籍を利用して、快適な読書生活を楽しんでくださいね。