漫画ネタバレ

サタノファニ【最新108話ネタバレ】名前も顔も判らぬ真聖教団メデューサ捜し開始!

更新日:

ヤングマガジンで連載中の山田 恵庸先生の『サタノファニ』最新108話のネタバレ。

前回の話では、この一か月ほどで、メデューサ症候群の少女たちが次々に殺される事件が発生していた。それは五菱とは違うルートでメデューサを生み出す計画を持つ、真聖教団によるものだった。

「真聖教団のメデューサを皆殺し」にしろと言うのが、上からの命令。

そのターゲットの中に、羽黒から姉と共に脱走し、今は外の世界で幸せに暮らしていると信じられていた真希が含まれていると女医は言う。

真偽のほどはともかく、千歌たち羽黒メデューサたちは、真聖教団の本拠地に潜入することとなった!

前回ネタバレ
サタノファニ
サタノファニ【最新107話ネタバレ】真聖教団からの挑発と受けて立つ羽黒メデューサたち

ヤングマガジンで連載中の山田 恵庸先生の『サタノファニ』最新107話のネタバレ。 前回の話では、真聖教団の本拠地に、先行調査で潜入していた女・友坂と、羽黒の対メデューサ部隊の男たちが合流。本拠地の広州 ...

続きを見る

それでは、2019年10月7日発売の週刊ヤングマガジン2019年45号掲載、『サタノファニ』第108話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『サタノファニ』第108話の最新話ネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

『週刊ヤングマガジン』をU-NEXTで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

サタノファニ第108話のネタバレ!

いまだ五菱側は、真希以外の真聖教団メデューサの顔も名前も分からない。

そんな本拠地の学校に千歌と小夜子は姉妹として通い始めることになった。

転校生の千歌はクラスメートに囲まれて、新しい仲間に次々に質問してくるかれらの相手をしていた。

 

3年に同じ苗字の転校生がいることを知った犬養ひよ里は、屈託なく千歌にはなしかけてくる。

自己紹介する彼女につられるように、他のクラスメートもそれぞれ名前を口にした。

そんな千歌の目に、窓際に立ちパンを頬張るモデルのような肢体を持つ少女が写る。

「桜川円。いつもボンヤリしているけど体力凄いんだ」

ひよ里に呼ばれて、円は千歌の方を向いてぺこりとお辞儀した。

ひよ里と円は出家組だと教えられて、その出家とはどんなものかと千歌は尋ねる。

 

甲州九龍城とは真聖教団本部の事だが、そこに住む者が出家信者。

村に住む者は在家信者だ。

千歌を囲む輪の一人が、「ちかもそのうち本部に呼ばれるよ」と話していると、離れてた場所から千歌をじっとみつめる少女の存在に千歌は気が付いた。

千歌が声をかけるも、その少女はプイッと横を向いてしまう。

彼女も一か月前に転向して来たばかりの上、人と触れ合いたくない性質らしく、ひよ里も苦手だと言い、他の男子生徒も彼女には近づかない方が良いと語る。

その少女、「根津遊里」には、小動物を殺しているという悪い噂があるのだと教えてくれた…。

家族の団らんのように

カナカナカナ…とヒグラシの声が聞こえる山間部の夕暮れ時刻…。

橋の下の河原には、人目を避けるようにセーラー服姿の二人の少女が戯れていた。

顔を赤らめて深い口づけをしながら、「ちか」と呼ばれた少女が、「お姉ちゃん」と返す。

「さよお姉ちゃん」と改めて呼ばれた小夜子がクスクスと笑いだすと、千歌も釣られる。

彼女たちは帰宅途中だったようで、「帰ろうか」と河原を後にした。

 

庭に一台の軽乗用車の停まるその日本家屋の玄関を「ただいま」と“姉妹”が開けると、中からはみそ汁のいい匂いがしてきた。

料理の得意な霧子が、バイト先の鮮魚店からもらった魚を使って夕食の支度をしていた。

今日はツミレ鍋だと言いながらも彼女の手は手際よく下準備を続ける。

更に、小夜子たちに手伝いの指示を出し、彼女たちも素直に従う。

 

美依那の姿がないことを気にした千歌の問いに、豆腐を買いに行っていると霧子が答えるとちょうど良く彼女も帰ってきた。

「アラ、帰ってたのあんたたち」と姉妹を見る小太りの中年女性…。

それは普段ツインテールも可愛い、美依那の今の姿なのだ。

「誰?!怖い」とそれぞれに苦情を口にする小夜子と千歌。

それに対して美依那ママは、今回の設定を再確認するように言い返した。

「旦那に先立たれて女で一つで育ててやったのに薄情な娘たちね」と。

…ヒゲ爺の作ってくれた精巧な着ぐるみを脱ぐと、汗だくの美依那はぐったりと畳に横たわった。

 

そんなやりとりの間にも、霧子が夕食を仕上げてくれていた。

「いっただきまーす」と4人は今夜のメニューに舌鼓を打ち、笑顔になるが、千歌が黙ってしまった。

「なんだか他のみんなに申し訳なくて」

学校に行き、ご飯を食べる。

そんな普通の生活を送ることに罪悪感が生まれたようだ。

だが、彼女たちはあくまで先遣隊だ。

何日かすれば他の者たちも集まる。

「この村で一番注意すべきは人の目よ。全て教団の見方なんだから」

美依那が釘を刺した。

すでに羽黒警備隊の全滅の報は彼女たちは知っているのだ。

そういえば、と小夜子が警備隊がもたらした『真希』がこの地に居ると言う情報を思い出した。

だが、少なくとも今日は学校で真希を見つけることはできなかった。

 

…少し尋ねにくそうに霧子は「瀬里はいなかったか?」と口にした。

それに対して千歌は沈黙した。

「でも諦めねえぞ、あいつが死んだなんて」

あくまで瀬里の生存を信じて、食事を続ける霧子だった。

メデューサ単独行動秘密兵器の存在

あてにならない女医の言葉など信じるな、と美依那が言ったそのころ、噂をされていた女医はまさにくしゃみをしていた。

「天城さんたちかも」などと言いつつ、彼女は自分を含めた3人での性行為の真っ最中だった。

吾妻は、千歌たちメデューサだけでの任務に不安を口にする。

 

女医はと言えば、“枷”をつけたからとさほど心配していない。

“枷”とは、これまで彼女たちの監視に使用していた耳錠の代わりになる、後頭部に埋め込まれたマイクロチップの事だった。

それには即効性の毒が仕込まれており、客船の時のような反意を持とうものなら、五菱側の意向で簡単に処分できる代物だ。

 

心配し続ける吾妻とは違い、その“枷”の安心からか快楽に溺れる女医の声が響いていた…。

姉さんと一緒に幸せになる

そんな会話がなされている頃、当の真紀は九龍城のほの暗い一室にいた。

自室と思われるその簡素な部屋には、机と椅子が一式、ベッド、そして真希の身長より低そうな高さの箪笥が一つ置かれているだけだった。

コップ一杯の水を飲み干した真希の様子はどこか疲れているように見える。

彼女は立ち上がると、皿に乗ったフランスパンようなものを手にして移動した。

そのパンだけをポトっと床に落とした彼女が言う。

 

「食べてください」

 

今日はこれだけしか手に入らなかったと告げるその言葉は、甲州九龍城で捕獲した羽黒警備隊の隊長の男に向けられたものだった。

彼は今、後ろ手に鎖で縛られ、足と首にも拘束具をつけられて床に転がっている。

真希との戦闘での傷であろう左の太ももに巻かれた包帯には薄っすらと血がにじんでいるようだった。

口元に落ちてきたパンを噛むより先に、彼は真希に問いかけた。

彼が知る限り、真希はもう5日間も食事をとっていない。

「キミは食べないのかね」

それに対して真希は、断食中であり、教祖から許可があるまでは聖水しか口に出来ないと答える。

 

ガリッと床に落ちたパンをかじりながら、男は真希に言う。

「姉さんの事は…残念だったね」と。

 

しかし、真希は「姉さんはいますよ」と自分の胸に手を置き、ここにずっといると言うのだ。

「次の儀式で私は正式に“ダーキニー”になります」

姉と共に幸せになるのだ、とそう応える真希は微笑んでいた……。

>>『サタノファニ』第109話ネタバレに続く

Sponsored Links

サタノファニなど漫画を無料で読む方法

以上、『サタノファニ』第108話のネタバレになります。

文字で読むよりも、漫画はやっぱり絵でも読みたい…と思ったら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT無料登録後、すぐ600円分のポイント。
music.jp無料登録後、すぐ600円分のポイント。
FODプレミアム無料登録後、1ヶ月間で1300円分のポイント。(8のつく日にポイントがもらえます)

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『サタノファニ』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『週刊ヤングマガジン』の最新号もポイントを使って無料で読むことができますよ!

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

『週刊ヤングマガジン』を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

▼最新刊の発売日はこちら

最新刊発売日
最新刊発売日
【最新刊】サタノファニ11巻の発売日情報!続きを早く見たい方必見!!

こちらでは、週刊ヤングマガジンで連載してる山田 恵庸先生の『サタノファニ』最新刊(11巻)の発売日情報をまとめています。 「サタノファニの11巻発売日はいつなの?」 「サタノファニ最新刊の続きが気にな ...

続きを見る

サタノファニ第108話の感想・考察

我らが五菱メデューサもそうですが、真聖教団メデューサたちも、学校ではいたって普通の少女のような雰囲気です。

既に“メデューサ”としてはっきりしている桜川円や根津遊里はともかく、学級委員のボクっ娘の犬養ひろ里も多分、この目立ち方からするとメデューサなのでしょう…。

面倒見がよく、笑顔も可愛い彼女ですが、この真聖教団編のラスボス的な位置づけではないかと踏んでいます。

さて、それはさておき、真希は教祖の教えに従い、断食の真っ最中で、学校にも登校していないわけですが。

本当に彼女は真聖教団に転向したのでしょうか??

気になるのは羽黒警備隊の隊長の命を取らず、あまつさえ食事を世話しているところです。

この流れだけ見ると、真聖教団側に彼の存在を示していなそうです。

完全に自分の羽黒側への切り札と見るか、それとも口では真聖教団に帰依したように見せて、まったく別のことを考えているのか…。

早く彼女の真意を知りたいです!

今回は比較的平和なサタノファニでしたので、次回辺りはまた何かが起こりそうです!!

次回の『サタノファニ』はヤンマガ発売日の2019年10月12日になります。

以上、『サタノファニ』第108話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.