漫画ネタバレ

サレタガワのブルー【最新37話ネタバレ】弁護士に相談した暢!!でも、藍子の方が上手…??

更新日:

ネタバレ感想

マンガmeeで連載しているセモトちか先生の『サレタガワのブルー』最新37話のネタバレ。

前回の話は、梢目線のサレ妻の苦悩を描いた話で、証拠集めや保育園決め、就職活動、苗字についてなど色々悩みを抱えてます。そんな梢が前に電車で助けてもらった男の子とまた会いました。

前回ネタバレ
サレタガワのブルー
サレタガワのブルー【最新36話ネタバレ】苦悩の多い梢の前に、あの男の子が再び…!?

マンガmeeで連載しているセモトちか先生の『サレタガワのブルー』最新36話のネタバレ。 前回の話では、朝帰りした藍子にブチ切れた暢が浮気のことを言うと、浮気ではなく本気だと言ってくる藍子。しかも、それ ...

続きを見る

今回は暢が弁護士に相談しに行くお話です。

それでは、『サレタガワのブルー』第37話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『サレタガワのブルー』第37話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『サレタガワのブルー』ネタバレ一覧はこちら

『サレタガワのブルー』をマンガMeeで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

サレタガワのブルー第37話のネタバレ!

例の男の子は、これから家庭教師のバイトがあるから、家に財布を取りに帰る時間がないので、後日必ずお金をお返しすると言って、梢に連絡先を渡していた。

彼の名前は『水無瀬 葵(みなせ あおい)』と名前もイケメン。

梢は、別に千円くらいだし、自分も助けてもらったのと、今はそれどころじゃないから連絡しなくてもいいかと考えた。

弁護士に相談しに来た暢

暢は弁護士に相談すると、これだけの証拠があれば99%負けることはないと言われた。

それを聞いて安心する暢。

弁護士は、証拠の内容証明を相手に送り、不貞の事実関係を認めさせてから、示談金の交渉→協議離婚するのが時間も手間もかからないパターンだと説明する。

暢が示談金=慰謝料のことかと聞くと、法律上では違うらしい。

慰謝料とは精神的に傷ついたことに対する謝罪金で、示談金はそれを含めた双方を納得させるためのお金だから、浮気調査のためにかかった金額なども含めて計算するのだと弁護士が説明する。

また、離婚が決定したら、貯金なども分け方も決めていく。

それを聞いて、暢は結構な額が貰えそうだと思い、相場について尋ねてみた。

すると、個人差はあるけど100~300万円くらいは請求できると言われ、驚く暢。

まずは300万円で請求して、減額要求に応えるという形で200万円を落とし所にして示談交渉を進めていくのが妥当だと聞き、藍子が泣いて謝る姿を想像する暢。

ただ、相手の男性は子持ちの既婚者なので、向こうの奥様が慰謝料養育費を請求するだろうから、100万円くらいで交渉してみようという話になった。

悪を成敗する

そんなに取れるのかと驚いている暢。

弁護士は、トーク履歴を見る限り、当事者の二人からは罪悪感のかけらも感じないし、この手の人間を反省させるには、お金をたっぷりいただくのが鉄則だという。

弁護士「『悪を成敗』という気持ちで容赦なくいっちゃいましょうね♡」

『悪』という言葉に、暢は藍子との思い出が頭をよぎる。

弁護士は、確認のために暢の意志は『離婚』で間違いないかと聞いてきた。

というのも、示談交渉が進む中で、やっぱり離婚せずに夫婦関係を修復、継続する人もいるらしく、そうなると金額面でも一気に違いがでてくるのだ。

暢「いえ!そこはちゃんと『離婚』…で、か、考えてます、けど…」

『けど』と迷いがある自分に驚く暢。

弁護士は、そんな暢の気持ちを見透かすように、『浮気された側の夫』は連れ添った情や一生守ると誓った女性と戦うのは精神的にきつい選択なのだと説明する。

慰謝料の請求は、不倫の事実を『された側が知った時点』から三年間は有効なので、戦いに向けて、まずは胸の内を整理するように伝える弁護士。

弁護士「正式にご依頼いただけたら、私ができるだけ力になりますから…」

暢は弁護士と固い握手を交わす。

心の整理なんて、とっくに出来ていると思っていたけど、いざ離婚に向けて動き出すと、並々ならぬ決意・時間・精神力が必要なんだと思い知らされた暢。

ちなみに、弁護士の吹田も『された側』のバツイチらしい。

暢のお金が…

帰り道、無料相談なのにすごい勉強になった暢は、吹田に正式に依頼しようかと考える。

しかし、そうなると着手金に20万+報酬で200万取れたら30万円の支払いで合計50万円支払わなければいけない。しかも、相手側に支払い能力がない、支払わないとなった場合、赤字になる悲劇も。

何故、された側ばかりがそんな目に…!?

そんなことを考えながら歩いてると、ATMが目に入り、お金を下ろそうと思った暢だったけど、なぜかお金が引き出せず、残高が258円だった…。

・・・・

その頃、藍子はるんるん気分で3万5千円もするコートを買っていた。

藍子は、どうせもうすぐ離婚するから、夫婦の共有財産を今のうちに使いこんでおかないと損だと思い、さらに買い物をしに向かう─…。

>>『サレタガワのブルー』第38話に続く

Sponsored Links

サレタガワのブルーなど漫画を無料で読む方法

以上、『サレタガワのブルー』第37話のネタバレでした。

『サレタガワのブルー』はマンガmeeで無料配信されている漫画なので、無料で読みたいのであれば、23時間ごとに配布されているチケットやコインを使って読むことができます。

『サレタガワのブルー』をマンガMeeで無料で読む

1話ずつ無料で読みたいのなら、マンガmeeをダウンロードしましょう。

これから単行本が発売されることがあるなら、動画配信サービスを利用するのもおすすめ!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典

600P / 40%還元

1200円以上購入で40%還元

1300P / 20%還元

8の付く日に400Pずつ

600P / 25%還元

まとめ買いで最大25%還元

無料期間
31日間1ヶ月間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分は無料で漫画が読めます!
公式サイト公式サイト公式サイト

こういったサイトを上手に活用すれば、発売されたばかりの漫画や読み代雑誌をポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

サレタガワのブルー第37話を見た感想・考察

くっそー!藍子ムカつくわー!

弁護士に相談しに行って、これからって時なのに、藍子は共有財産だからとお金を使い始めてしまうので、藍子の方が上手ですね。

麻衣が言わなければ、こっそり弁護士に相談して離婚できたのに!

まだ躊躇してるノブくんもダメ。

がっつり藍子のことを追い込んで、示談金たっぷり請求して欲しいですね。

以上、『サレタガワのブルー』第37話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.