漫画ネタバレ

凛子さんはシてみたい【第1話ネタバレ】ライバルの意外な過去が明らかに!!

更新日:

ネタバレ

藤田みお先生の『凛子さんはシてみたい』第1話のネタバレ。

誰もが認める“いい女”凛子の唯一のコンプレックスは、27歳なのにまだ初体験をしていないこと。偶然にも同期のライバルの上坂が童貞だと知って、処女だとバレないようにラブホに誘うけど…。

それでは、『凛子さんはシてみたい』第1話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『凛子さんはシてみたい』第1話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

『凛子さんはシてみたい』をめちゃコミックで読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

凛子さんはシてみたい第1話のネタバレ!

雨樹凛子27歳。美人で職業はウエディングプランナー。今年の春最年少でチーフに昇進。得意料理はアクアパッツァ。得意な楽器はヴァイオリン。

地位・名誉・憧れ・羨望、完璧な女性でいるためのピースは全て揃っているかのように思えるが、彼女には足りていないピースがあった。それは男性体験だ。

彼女は27歳にして男性の経験がない。

同僚「雨樹さーん!!聞いてくださいよー彼氏がぁ」

(げっ。あぁ…今日もこの時間が来てしまった…)そう思う凛子。

凛子「また何かあったの?」

同僚に相談されても何とか雑誌の知識だけで乗り切ってきたが、それもそろそろ限界にきていた。

焦りから毎晩経験のない自分をバカにされる夢を見てしまうので、凛子は一刻も早く男性経験のピースを手に入れたかった。

自販機前でライバル出現

上坂「自販機使っていい?」

そう声をかけてきたのは上坂弦であった。

同僚「上坂さんてかっこいいですよね。」

凛子「…そう?」

同僚「仕事できるし。高学歴だし。無口で、ミステリアス。
非の打ちどころなしですよ!!」

上坂は凛子と同期入社で同じ歳。そして同時にチーフに昇進したため若手のホープとして比べられることが多く、凛子にとっては目の上のたんこぶであった。

女子社員に人気があって、そのくせスカしてる感じなのも全部気に入らない凛子。

同僚「あれだけのスペックだったら相当遊んでるんでしょうね。すごいテクニック持ってそう。」

それを聞いた凛子は上坂に敗北感を持っていた。

こんな思いをするならさっさと男性経験しておけばよかったと凛子は痛感していた。

コンパに行く凛子だったけど…

凛子には事情を唯一知る木場園子という幼馴染がいた。

園子は今日も凛子の初体験のためにコンパに連れて来られたのだ。

凛子「私は今日こそ相手見つけるから!」

園子「無理でしょ」

凛子「何でよ!?」

学生時代から初めては妥協したくないと言って散々勿体ぶってきたあげく、20代前半では簡単には落とせない高級な女でいたいと言っていた凛子。

そして今は男性経験がないことを、笑わず蔑まず余計なことを口走らない口の堅い男じゃないとダメだと言っている。

そんなプライドの高い女は男も嫌がるからである。

ただ凛子はどうしても人選ミスだけはしたくなかった。

今まで築き上げてきたものが壊されかねないからである。

男性陣と合流した凛子達。

相手は論外・調子乗り・口軽そうといった3人組。

園子「どーよ?」

凛子「うーん・・・パスで。」

そう言って足早に会場を後にすると、1人で飲み直すため1軒のバーに立ち寄った。

ライバルに遭遇。意外な一面を知ることに

扉を開けるとそこには上坂がいた。

(最悪…)と思いつつも凛子はスイッチをONにし、隣に座っていいか尋ねた。

上坂「どうぞ」

凛子は上坂に話しかけるが、「たまに」「ああ」とスカした返事しかせず凛子はイラだっていた。

久地「わ。弦が女の子と話してる!!」

そう話かけてきたのは店長の久地であった。彼は上坂と小・中・高一緒の中だ。

久地「お姉さんはどういうご関係で?」

上坂「は?!お前ウザイ。もういいから下がってろ」

そう言って何故か焦りだす上坂を見て凛子は面白がった。

凛子「私は上坂くんと同じ会社で同期の雨樹といいます。
上坂くんは学生時代どんな青年だったんですか?」

すると久地は嫌がる上坂をよそ目に、高校の時の写真を見せてくれた。

凛子は驚いた。地味男が写っていたのだ。

上坂は今でこそイケてる風だが、学生時代は無口で暗くて陰気だったために女子に“苔(こけ)”と呼ばれていたのだ。

そのせいで上坂は更に女子の前で無口になってしまったのだった。

「意外」と驚いた凛子は上坂に対する好感度が上がり、そして親近感を持った。

上坂「俺帰るわ」

まだ聞きたい凛子は彼を呼び止めた。

凛子「まーまーもう少し飲もうよ」

すると久地が上坂のピュアな話を話し出した。

上坂は15歳の時シホちゃんという子に初恋をしたが告白はできず、彼女を忘れられないまま高校、大学、現在と初恋をこじらせ過ぎていまだに女性の経験がないという。

「…え。え。」凛子は驚いた。さらに久地は続けた。

久地「同期のよしみでコイツと一夜を共にしてもらえません?」

「えーーー!?」凛子は驚きを隠せなかった。

>>『凛子さんはシてみたい』第2話に続く

Sponsored Links

凛子さんはシてみたいなど漫画を無料で読む方法

以上、『凛子さんはシてみたい』1話のネタバレでした。

文字で読むよりも、漫画はやっぱり絵でも読みたい…と思ったら、めちゃコミックなら『凛子さんはシてみたい』の最新話まで読むことができますよ。

『凛子さんはシてみたい』をめちゃコミックで読む

『凛子さんはシてみたい』以外の漫画を読みたい方は、下記のようなサイトも!

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT無料登録後、すぐ600円分のポイント。
music.jp無料登録後、すぐ600円分のポイント。
FODプレミアム無料登録後、1ヶ月間で1300円分のポイント。(8のつく日にポイントがもらえます)

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『凛子さんはシてみたい』もポイントを使って無料で読むことができますよ!

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『凛子さんはシてみたい』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

凛子さんはシてみたい第1話の感想・考察

なかなかいい人と巡り会えない凛子。

理想が高すぎるので仕方がないのであるがそんな時、上坂の友達の久地から上坂と一夜を共にしてもらえないかと提案されます。

彼の意外な一面を知って親近感を持った凛子は何と返事をするのか、次が気になりますね。

次回、第2話は読み終わり次第、ネタバレしていきたいと思います。

以上、『凛子さんはシてみたい』第1話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.