スポンサーリンク

来世は他人がいい【第12話中編ネタバレ】横浜散策。2人っきりの椿と霧島は・・・。

スポンサーリンク

アフタヌーンで連載中の小西明日翔先生の『来世は他人がいい』第12話中編のネタバレ。

前回の話では、吉乃はいとこの椿に会うため横浜に行きます。

もちろん霧島も一緒。

話に花を咲かせながら、横浜の街を散策する3人。

吉乃に似合いそうなサンダルを見つけた椿は、吉乃に声をかけようとすると、霧島が先に吉乃に声をかけます。

その様子を見つめる椿には、何か思う所があるようで・・・。

それでは、『来世は他人がいい』第12話中編のネタバレを始めていきます!

当記事では『来世は他人がいい』第12話中編のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『来世は他人がいい』のネタバレ一覧を見る

『来世は他人がいい』をeBookJapanでお得に読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

来世は他人がいい第12話中編のネタバレ!

食べ過ぎた吉乃は苦しそうです。

横浜中華街で、肉まん・ラーメンを食べた後、さらに点心を食べたらしい・・・。

 

アジア系喫茶店に入る3人。

会話は尽きないようで、蓮二が大好きな椿は吉乃の祖父・蓮二のことを神様がつくった完璧な芸術品と言い出します。

吉乃に頭大丈夫と心配される椿。

霧島も蓮二がカッコイイことを認めますが、霧島的には吉乃の方が完璧だといい謎の張り合いになります。

 

椿はその清楚な外見に似合わず、男関係が奔放らしく、現在3股かけている上に流動的なキープが幾人もいるようです。

吉乃は、椿には貞操概念が存在しないのだろうと言います。

貞操に関して、椿と霧島を同族扱いする吉乃。

 

進捗状況

貞操といえばどこまでいったのかとぶっこんだ発言をする椿。

吉乃は激しく動揺するが、霧島は婚前交渉しようものなら吉乃にも吉乃のご親類にも確実に殺されるのでときっちり返事をします。

お預け喰らうの大好物なのでこの状況も最高だとムダに爽やかに話す霧島と、それを品のある雰囲気で聞く椿・・・。

しかし話の内容は明らかにエグイです・・・。

 

2人の会話にドッと疲れた吉乃は、無性に甘いものが食べたくなり、隣の席で食べているマンゴーたっぷりのかき氷が気になります。

しかしすでにお腹がいっぱいな吉乃は全部食べきれる自信がありません。

注文するか悩んでいる吉乃に、吉乃が食べきれなくなったら自分が食べると言う霧島。 

霧島の発言に後押しされて、嬉しそうに吉乃はかき氷を買いに行きます。

そんな2人のやりとりを、何か思う所があるような顔つきで見る椿・・・。

 

わかりやすいのかわかりにくいのか・・・

霧島と2人きりになった椿は、霧島が吉乃のしたいことを全部自分が先回りして、他人を入り込ませないようにしてると指摘してきます。

霧島はそういうつもりはなかったと答えます。

霧島を想像していたよりはわかりやすい人と椿が評すると、霧島はそういう評価を受けたのは初めてだと意外そうにします。

霧島が吉乃には何を考えているかわからないクズ野郎”と言われていると話すと、それも大正解ねと笑顔で椿は肯定します。

 

吉乃と吉乃以外の人との扱いの違いが分かりやすいと説明する椿。

霧島は吉乃以外の人との会話は微塵も楽しんでいないけれども、会話は成立しているし欲しい言葉をくれる霧島に、相手は一喜一憂する羽目になる。

ところが吉乃が何か話しはじめようとすると、霧島の雰囲気が前のめりになりどうしたのと言わんばかりの目をしていると言います。

霧島が優しくしてあげたいし構って欲しいと思ってるのが伝わってくるけれど、報われてはなさそうだと分析する椿。

吉乃にとって、霧島は相当”救いようのないクズ野郎”なのかしらと椿が笑うと、霧島も笑顔で肯定します。

 

訊きたいこと

霧島が椿に一つ訊きたいことがあると言うと、椿も興味ありげに応じます。

霧島が吉乃の・・・と言いかけると、そのタイミングで吉乃がかき氷を買って戻ってきた為、ひとまず中断となるのでした。

 

霧島の誘い

すっかり日も暮れ、椿を送ろうとする吉乃と霧島。

椿は横浜駅の近くにホテルをとったといいます。

 

そこへ吉乃が提出した数学の課題が抜けている為、すぐに学校へ持ってくるようにという連絡の電話がかかってきます。

夜8時までなら待つというので、吉乃は急いでタクシーで帰ることにしますが、霧島は一緒にタクシーには乗らず椿をホテルまで送ってから帰ると言います。

椿を一人で歩かせることを心配した吉乃もそれに同意します。

 

吉乃が乗ったタクシーを見送る椿と霧島。

2人っきりになると霧島は、ホテルまで送る前に少しデートでもしませんか?と椿を誘います。

椿はそうだと思ったと応じます。

デート場所は誰にも邪魔されない場所がいいと言う椿は、近くにある観覧車に乗ることを提案するのでした。

 

一方、タクシーに乗った吉乃。

多分バレてると思っているようですが・・・。

 

>>『来世は他人がいい』第12話後編ネタバレに続く

スポンサーリンク

来世は他人がいいなど漫画を無料で読む方法

以上、『来世は他人がいい』第12話中編のネタバレになります。

ネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、eBookjapanなら『来世は他人がいい』をお買い得に読むことができますよ

  • 簡単登録無料
  • 別途料金は発生しません
  • 割引クーポンが豊富

無料 eBookJapanで『来世は他人がいい』を読む

リンク先:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/

初回登録で半額クーポン!

『来世は他人がいい』を無料で読む方法として、FODの登録して1300ポイントもらえる方法を利用すれば、漫画を無料で読むことも可能です。

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

来世は他人がいい第12話中編の感想・考察

とても頭の回転がいい、とても顔がいい、とても股が緩いって・・・。

霧島とほぼ一緒じゃないですか!!(笑)

椿、霧島の性格分析してましたが、吉乃にしてあげたいと思うことが霧島と被っちゃうのでピンとくるものもあるのかな。

同族嫌悪ってのありそうです。

 

椿の霧島評に、霧島も否定はしませんでしたね。

そうなの?

気持ちが前のめりになったり、他人を入り込ませないようにしたり、そんな好きな子に対して余裕がないとついついしちゃう人間らしいことしてるの?!

霧島可愛いとこあるじゃん!!・・・て思いました(笑)

 

さて霧島が訊きたいことって何でしょうか

吉乃もバレてるって、予想してますけど・・・。

霧島にバレてることって、何のことでしょうか??

とっても続きが気になります!!

 

以上、『来世は他人がいい』第12話中編のネタバレ感想でした。

タイトルとURLをコピーしました