漫画ネタバレ

王様ランキング【第64~66話ネタバレ】暗闇の中でダイダが遭遇したのは…

投稿日:

ネタバレ

マンガハックで連載中の十日草輔先生の『王様ランキング』第64~66話のネタバレ。

前回の話では、ボッスの中にダイダがいることに気付いたヒリング。しかし、助け出すことはできず、ダイダは暗闇の中で泣き叫び、兄・ボッジのことを考えます。

前回ネタバレ
王様ランキング
王様ランキング【第62話・63話ネタバレ】暗闇に捕らわれたダイダに気付く母…!!

マンガハックで連載中の十日草輔先生の『王様ランキング』第62話・63話のネタバレ。 前回の話では、ヒリング暗殺に失敗したミランジョが冥府へと向かいます。その頃、ヒリングはダイダを取り戻すためにボッスの ...

続きを見る

暗闇の中、ボッジのことを考えるダイダは何を感じるのか…。

それでは、『王様ランキング』第64~66話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『王様ランキング』第64~66話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
王様ランキングネタバレ一覧はこちら

Sponsored Links

王様ランキング第64話のネタバレ!

ダイダは、幼いときのことを思い出す。

初めの頃はボッジと一緒に遊んでいたが、母からは“兄ボッジは一人では何もできなかわいそうな子”だから守ってあげるように言われ、その後、父から渡されて鏡と出会った。

鏡は常に的確なアドバイスをくれた。

鏡が「ダイダこそが選ばれた人間」「王になるべくして生まれた人間」だと褒めるので、プライドばかりがふくれ上がり、いつしか兄ボッジを弱者として見下すようになっていた。

弱者とは

ある日、修行しているボッジを見ていたダイダ。

ダイダ「ベビン、兄上は弱者だからと、どこか甘えていないか?」

それを聞いたベビンは「ボッジ様が弱者ですか?」と困り顔になり、ボッジのことを弱者としての見方しかできていないダイダを町に行かないかと提案をした。

町には小さな子供から病気で床に伏せている人、ヨボヨボに年老いた老人など様々な人がいた。

ダイダが、なぜ町に連れてきたのかと尋ねると、ソリーが社会見学、または疑似体験だと言ってくる。

ソリー「そうだ!ダイダ様は百歳まで生きたいですか?」

ダイダは生きたいわけがないというので、実際に99歳だったら同じ答えになりますか?と聞くと、ダイダは「何が言いたい?」と少し苛立ちながら話す。

そのとき、ベビンが「ダイダ様」と言って、指差した方向に耳も目も見えない男性がいた。

ベビン「あなたのおっしゃる弱者がいました」
「ボッジ様よりも数段上の」

男性を見て、ダイダは不公平だと言い、自分だったら即、自ら命を絶つと言うと、ベビンは「同じ境遇ならば生きていく自信がないということですか?」と聞いた。

ベビン「ならば、彼はそれを乗り越え、今を生きている。強者ですな

屁理屈だとダイダが言うと、ベビンは「彼はそんなことも考えていないでしょう」と言う。

ソリーが王が強く国が豊かなおかげで、皆が希望を持って生きていけるのだと言った。

ベビン「あなたには皆に希望を与える王様になっていただきたい」

ダイダは、舌打ちをし、男性が笑顔で買い物をしているのを見た。

・・・・・

暗闇の中、「俺はバカだ…」と呟くダイダ。

そのとき、暗闇の中でしくしくと泣く少女の姿が─…。

Sponsored Links

王様ランキング第65話のネタバレ!

少女を見たダイダは、その少女のもとに駆け寄り、「どこから来た?」「出口はどこだ?」と聞くと、少女はガタガタと震えて縮こまってしまう。

ダイダ「おいっ。一緒にここから抜け出すんだ」

少女は「私は悪くないもん」と言って、さらに縮こまってしまった。

すると、ダイダと少女の後ろに複数の男女が立ち並び、ダイダたちを見ている。

少女が怯え、「痛いよう。おなか空いたよう」と言うと、その複数の男女は「極悪人が何を言うかっ」と一斉にその少女に罵声を浴びせ始める。

少女「違うもん!ウソだもん!」

ブンブンと頭を振り、両手で頭を抱える少女を見ると、両手の手首から先がなくなっているうえ、顏には仮面がついていることに気付いたダイダ。

ダイダ「仮面?なんだお前は?」

この状況に戸惑っていると、複数の男女は“その子は私たちを殺したの”と言ってきた。

彼らの国は平和で豊かで、人は優しく賢かったのだけれど、その子がやってきたから全てが奪われ、破壊されてしまったのだと語るので、少女は「ウソだもん」と否定する。

ミランジョ

迫ってくる人間たちから逃げるために少女が走り出すと、コケて、仮面が取れてしまった。

手がない腕で仮面を探している少女の姿を見て笑う人々。

ダイダは、仮面がなくて泣き出す少女に仮面を手渡したときに、その少女の顔を見て驚愕し、「化け物っ、化け物めっ」とつい叫んでしまった。

泣きながら否定する少女。

すると、少女を追っていた人間たちは、ダイダに「醜いでしょうあの子」と言って、あれら全ては自分たちがやって、皆の見世物にしてあげたのだと言ってきた。

それを聞いたダイダは、少女をその人間だとを交互に見る…。

そして、ダイダはその人間たちを蹴り飛ばし、ダイダは少女に名前を聞いた。

少女「ミランジョ…」

ダイダ「ミランジョ。こんな奴らに負けんな。オレが味方だ

どこからともなく、ゾロゾロと何十人という人間たちが集まってくる。

そして、彼らはそいつは何百人と私たちを殺したのだから、何をしてもいいんだと言った。

ダイダ「知るかっ!胸糞悪い奴らめっ!」

幼いミランジョはダイダから、ボッスと同じ匂いを感じていた─…。

Sponsored Links

王様ランキング第66話のネタバレ!

ダイダは襲ってきた人々を一人残らず蹴散らすと、フッと消えてしまった。

ミランジョ「あなたは…ボッス様のお知合いですか?」

同じ匂いがすると言われ、ダイダは自分の体の匂いを嗅ぎながら、「お前こそ父上の知り合いか?」と尋ねると、少女は俯いて、ボッス様には子がいないから人違いだと言う。

ダイダ「それより、お前はどこから来た?」

ミランジョも分からないみたいで、お礼を言った後に立ち去ろうとすると、ダイダがオレのそばの方が安全だからと引き止めて、一緒にいるように伝えた。

ダイダ「必ずここから連れ出してやるぞ」
「ミランジョ、心配するな」

その言葉に反応したのは、冥府へ向かっていた鏡の方のミランジョだった。

鏡は、なぜか心が軽くなった気がしてフフと笑った─…。

ボッジとミツマタ

ミツマタは、何十個の石をボッジに向かって放つ。

それを全てよけきったボッジに「お見事です」と褒めるが、まだ目に頼り過ぎているので、感覚を研ぎ澄まし、気配や空気の動きを肌で感じるようにアドバイスした。

ミツマタ「こればかりは、ひたすら繰り返しコツをつかむしかないでしょう」

そのとき、ベビンが来ていることに気付いたミツマタは、ボッジを帰すと、影で見ていたベビンがミツマタのもとへとやってくる─…。

>>『王様ランキング』第67話・68話に続く

Sponsored Links

王様ランキングをお得に読む方法

以上、『王様ランキング』第64~66話のネタバレでした。

ネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、『王様ランキング』はAmazonのkindle版で購入するのがもっともお得に読めますよ!

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『王様ランキング』を安く読みたい方は単行本で購入するのではなく、電子書籍で購入することをおすすめします。

『王様ランキング』を無料で読む方法として、music.jpなど登録後すぐにポイントを貰えるサイトを利用すれば、漫画を無料で読むことも可能です。

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT無料登録後、すぐ600円分のポイント。
music.jp無料登録後、すぐ600円分のポイント。
FODプレミアム無料登録後、1ヶ月間で1300円分のポイント。(8のつく日にポイントがもらえます)

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

王様ランキング第64~66話の感想・考察

ダイダの心が変わっていく感じの話でしたね。

そして、暗闇の中で出会ったのは幼い頃のミランジョ。

もしかして、暗闇の中と鏡はつながっているんでしょうか?

ミランジョは過去に迫害されていたようですし、幼いミランジョの言葉から察するに、ボッスがその少女の味方をしてくれていたようですね。

「お姫様になる」という言葉もあったので、ボッスの妻になりたかったとか…?

まだ謎は多く、ずっと面白い展開が続きっぱなしなので次も楽しみです。

以上、『王様ランキング』第64~66話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.