スポンサーリンク

王様ランキング【第41話ネタバレ】鏡の計画からダイダは逃れることができるのか!?

スポンサーリンク

マンガハックで連載中の十日草輔先生の『王様ランキング』第41話のネタバレ。

前回の話では、ボッジが選んだ武器が何か分からないけど、稽古が始まって3ヵ月が立っていました。そして、稽古場からズウゥゥンと何かが落ちるような大きな音がしてましたね。

それでは、『王様ランキング』第41話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『王様ランキング』第41話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
王様ランキングネタバレ一覧はこちら

『王様ランキング』をeBookJapanでお得に読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

王様ランキング第41話のネタバレ!

 ズゥゥウ…ンと大きな音と揺れを感じたカゲは稽古場へと向かう。

稽古場の扉をドンドンと叩くと、デスパーが小さな隙間を開けて出てきた。

デスパーが開けた、わずかな隙間からボッジの目の前にある大きな岩が真っ二つに砕かれているのが見え、カゲは困惑した表情を浮かべる─。

 

秘薬を床に投げたダイダ

その頃、城ではダイダが秘薬を床に投げ捨てていた。

ダイダに秘薬を投げ捨てられたのを見て、ショックを受けている鏡。

とはいえ、鏡はダイダの性格から、少なからずこうなることは予測していた。

そして、カツーンカツーンとアピスが近づいてくる音を聞いた。

ダイダは、鏡にとってクモの巣に捕らわれたチョウ。計画からは逃れられない…。

 

ダイダは鏡に向かって「お前の好意をすまなかったな。許せ!」と言い、昔を思い出す。

ヒリング王妃に褒められるダイダに対して、王妃に怒られて泣き出すボッジ。泣き出したボッジの事を優しく抱きしめて慰めるもの王妃だった。

また自分が稽古で汗を流している間、遊んでいるボッジ。

それなのに試合ではボッジに攻撃を当てることができず、しまいにはボッスの遺言で国王に選ばれたのはボッジだったことに唇を噛みしめるダイダ。

ダイダは鏡に向かって、「必ずや、お前の期待に応えられる王様になってみせるぞ!」と言うと、鏡はフフフフと笑い出す。

何がおかしいのかとダイダが聞くと、まだ終わりではないと鏡が告げます。

次の瞬間、扉が開いてアピスが中に入ってきた。

ダイダは、ベビンはやられたのかと聞きますが、アピスは何も答えずにグッと槍を握る。

そして、バッとダイダに向かって走り出し、槍を突き出した!

「やめよ!」

その声を聞いたアピスはビタッと、槍がダイダに突き刺さる直前と止めた。

「このお声は……」と驚きの表情を浮かべて、アピスは鏡の方に振り返った─…。

 

>>『王様ランキング』第42話に続く

スポンサーリンク

王様ランキングをお得に読む方法

以上、『王様ランキング』第41話のネタバレでした。

ネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、eBookjapanなら『王様ランキング』をお買い得に読むことができますよ

  • 簡単登録無料
  • 別途料金は発生しません
  • 割引クーポンが豊富

無料 eBookJapanで『王様ランキング』を読む

リンク先:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/

初回登録で半額クーポン!

『王様ランキング』を無料で読む方法として、FODの登録して1300ポイントもらえる方法を利用すれば、漫画を無料で読むことも可能です。

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

王様ランキング第41話の感想・考察

大きな音はボッジが岩を砕いた?音のようですが…。

どんな武器をもっていたのかは、また見えなかったのですが、岩を砕くほどの強力な一撃をボッジは出せるようになっているみたいですね。

そして、久々にダイダの話の続きが見れることになりました。

アピスは鏡のことを知っているようで、しかも上の立場の人間の可能性があります。

まだ終わりじゃないって言ってたので、アピスを使ってダイダに何かするのかもしれません。

以上、『王様ランキング』第41話のネタバレ感想でした。

タイトルとURLをコピーしました