スポンサーリンク

王様ランキング【第30話ネタバレ】聖なる血と復活の宝玉で…

スポンサーリンク

マンガハックで連載中の十日草輔先生の『王様ランキング』第30話のネタバレ。

前回は、吹き出す毒ガスによってピンチになったボッジですが、なぜか死なずにすんで冥府騎士団に連れて行かれます。一方、ダイダは地下で作られた怪しい卵と対面します。

それでは、『王様ランキング』第30話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『王様ランキング』第30話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
王様ランキングネタバレ一覧はこちら

『王様ランキング』をeBookJapanでお得に読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

王様ランキング第30話のネタバレ!

卵から鳥の赤ちゃんが生まれ、ダイダが気持ち悪がっていると、その鳥はムクムクと成長していく。

家一個分ほどの大きさまで成長すると、ダイダに襲い掛かった。

ダイダが殴って、その鳥を吹き飛ばすと死神のような2人組が棒を使って鳥を抑え込んで、首だけを出せるような入れ物に入れると、鎌で鳥の首をズバッと切った。

鳥の首がゴロゴロと転がり落ちると、その首から血を抜き取る。

その血は聖なる血で、体の部分は燃やして復活の宝玉を取り出し、復活の宝玉を聖なる血にいれたら秘薬の完成だと言い、ダイダの前へと差し出す。

 

秘薬を飲ませようとする鏡

鏡が飲むように促すと、ダイダは不安そうな表情でこれを飲むのかと確認する。

これを飲めばボッス様の力、世界最強の力が手に入りますと告げる。

しかし、これは危険だ!飲むな!とダイダの直感がそう叫んでいた。

ダイダは、こんな怪しげなものは飲めないと言うと、鏡は自分を信じられないのかと聞きます。

少しの間沈黙した後、ダイダは「こればかりは無理だな」と答える。

ランキングを忘れたのかと言われ、忘れられないから、何年かかろうと努力するとダイダが言うと、そんな生易しいものではないと鏡が諭そうとする。

そんなことはゴーレムと戦ったときから骨身にしみて分かっていたが、これだけは無理だと言った。

それでもなお、鏡はその秘薬を飲ませようとする。

なら、お前が飲んでみろと言いますが、これは最強の血を引くあなただけの魔法の薬なのだと言い。最強になって王様ランキングを駆け上がり、世界の王になるのを想像するよう伝える鏡。

「それを飲む勇気さえあれば、簡単に実現できるのですよ」

その言葉を聞いて、飲むか迷うダイダだったが、特訓中にベビンが「何事も決して楽な道などありませぬ」と言ったのを思い出し、俺は飲まん!と決意した表情で言った。

仕方ありません…と呟く鏡。

 

>>『王様ランキング』第31話に続く

スポンサーリンク

王様ランキングをお得に読む方法

以上、『王様ランキング』第30話のネタバレでした。

ネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、eBookjapanなら『王様ランキング』をお買い得に読むことができますよ

  • 簡単登録無料
  • 別途料金は発生しません
  • 割引クーポンが豊富

無料 eBookJapanで『王様ランキング』を読む

リンク先:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/

初回登録で半額クーポン!

『王様ランキング』を無料で読む方法として、FODの登録して1300ポイントもらえる方法を利用すれば、漫画を無料で読むことも可能です。

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

王様ランキング第30話の感想・考察

卵の中身は、聖なる血とか灰の中から宝玉を取るとか、たぶんフェニックスですね。

ボッスの養分で作ったフェニックスだから、その血を含んだ秘薬を飲むことでボッスの力を手に入れるんだと思いますが、鏡が強引な手を使ってきそうです、

鏡は、なぜあそこまでしつこく飲ませようとするのか…。

鏡の世界から入れ替わろうとしているのかな?とも思いますね。

今回はボッジの話が全くありませんでしたが、次回どうなるのか楽しみですね!

以上、『王様ランキング』第30話のネタバレ感想でした。

タイトルとURLをコピーしました