スポンサーリンク

王様ランキング【第111話・112話ネタバレ】鏡とは何者?ボッスが語るミランジョとの過去…

スポンサーリンク

マンガハックで連載中の十日草輔先生の『王様ランキング』第111話・112話のネタバレ。

前回の話では、オウケンとの戦いで優勢かと思われたボッジだけど、針剣が効かず、体力が無限にあるオウケンに対し、ボッジはどんどん体力が消耗してしまいます。

逃げる事を助言するミランジョ。

しかし、ボッジは自分がやらなきゃ他のみんなが犠牲になると考え戦い続けるのです。

それでは、『王様ランキング』第111話・112話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『王様ランキング』第111話・112話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
王様ランキングネタバレ一覧はこちら

『王様ランキング』をeBookJapanでお得に読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

王様ランキング第111話のネタバレ!

オウケンの急所を突いて殺すことを躊躇するボッジ。

その横で、カゲはミランジョからオウケンは不死身だと聞かされていました。

オウケンと戦っている最中、ボッジはブンブンと首を振り殺さない別の倒し方を考えた様子。

ホッとするカゲだけど、ミランジョは倒す方法などなく、オウケンが不死身だということをボッジに伝えた方がいいとカゲに助言をした。

そうだったと慌ててボッジにオウケンが不死身だと叫ぶカゲ。

カゲがオウケンの追い付けない堀の上へ逃げて休むように伝え、その言葉に従い、塀の上へと逃げるボッジ。

それを見たオウケンは、すぐさま標的をボッジからゾックへと変更。

それに気づいたボッジは、休むヒマもなくゾックを助けるために塀から降りてしまった。

 

息を切らし、苦しそうに戦うボッジを見て、カゲはミランジョに倒す方法はないのか?と助言を求めたときに、カゲはなぜ鏡がオウケンが不死身だとか知っているのか疑問に思った。

カゲは、ミランジョに何者かと尋ねるのでした。

 

鏡とは何者か?

その頃、牢にいるボッスにベビンも鏡とは何者か、ボッスの真意を尋ねていた。

それを聞いてどうすのかと尋ねられ、ベビンはダイダ様を取り戻したいのだと答える。

ボッスはフッと笑って「それを私に言うか」と言ったあと、ベビンのことをジッと見て、自分は人の闇をたくさん見てきたから、見抜く努力もしてきたと語り始める。

前王妃やヒリング、四天王や側近の顔を思い浮かべ、「心の優しい者ばかりだなあ」と呟くボッス。

そして、ベビンをジッと見て、「お前は特にな」と伝えたあと、鏡の名はミランジョ。私が誰よりも大切に思う人だと言うのでした。

 

スポンサーリンク

王様ランキング第112話のネタバレ!

ボミランジョは私の子であり、母であり、そして師のような存在だ。

ボッスが語り始めると、心の中にいたダイダの目の前に映像が映し出された。

急に現れた映像に驚くダイダは、これは父の記憶なのかと思い、オレに見せているのか?オレに何かを求めているのかと思いながら、その映像を見る。

 

魔法立国ホウマ

ボッスは、若き頃に武者修行に出ており、そのときに魔法との戦い方を身に着けるために魔法立国ホウマという場所に訪れていた。

ホウマ国は神だけが使えた魔法を人間が使えるようにし、神々の勢力に初めてあらがった人間たち。

その時代というのは、神々が人間の国を支配し、奴隷にしていたらしく、ホウマの人々はいち早く世界の現状を知って立ち上がっていたのだ。

 

ベビンが知るホウマ国は、魔法を利用して悪逆非道の限りを尽くした国だった。

ボッスは「その国で出会ったのがミランジョだ」と答えた。

心の中でボッスの記憶を見ていたダイダは、母親に抱かれた子供の頃のミランジョを見て、目の前で寝ている仮面をかぶったミランジョのことを見る。

 

まだ未熟だったボッスは、加減をできずに魔法の使い手だったミランジョの父親を殺してしまった。

その戦いで深手を負ったボッスの傷を治してくれたのがミランジョの母だった。

ホウマの国の人々は皆優しく、特にミランジョの母は心配になるくらいのお人好し。

ボッスはなぜ自分を助けたのか尋ねても、何も答えることはなかった。そして、ボッスはホウマへとどまってミランジョの成長を見届けることに。

ミランジョは聡明で魔力が高い子で、母親に似て心優しい子であった。

 

神々との戦いが激しくなり、男はかり出されてボッスも協力し、ホウマ国の連戦連勝だったが一度でも負ければ総崩れになるほど神々の勢力は巨大だった。

そんな中で、同じ人間の隣国ギャクザと協力することになったホウマ。

ホウマの人々は、人はわかり合えると考えていたが、国が違えば文化が違うように、ギャクザはホウマとは真逆の考え方をしていたのだ。

ミランジョの母は、最期までそれに気づけなかったのだった─…。

 

>>『王様ランキング』第113話・114話に続く

王様ランキングをお得に読む方法

以上、『王様ランキング』第111話・112話のネタバレでした。

ネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、eBookjapanなら『王様ランキング』をお買い得に読むことができますよ

  • 簡単登録無料
  • 別途料金は発生しません
  • 割引クーポンが豊富

無料 eBookJapanで『王様ランキング』を読む

リンク先:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/

初回登録で半額クーポン!

『王様ランキング』を無料で読む方法として、FODの登録して1300ポイントもらえる方法を利用すれば、漫画を無料で読むことも可能です。

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

王様ランキング第111話・112話の感想・考察

ミランジョの過去がついに明かされそうな感じです。

ミランジョの母はとてもいい人だったらしいし、ミランジョも元々は明るくて優しいいい子だったみたいですが…、何が起きてしまったのでしょうか。

ギャクザという名前的に、おそらくヤクザ的な国と手を組んだ可能性があります。

ベビンがホウマを悪逆非道って言っているので、そこで神々との戦いの最中に裏切られ、ミランジョの顔や手足もやられてしまったのではないでしょうか…。

そう考えると、とても悲しいですね。

続きがどうなっていくのか、気になります。

以上、『王様ランキング』第111話・112話のネタバレ感想でした。

タイトルとURLをコピーしました