漫画ネタバレ

俺だけレベルアップな件【最新63話ネタバレ】旬の元を訪ねた人物

最新話ネタバレ

ピッコマで連載してるDUBU先生、Chugong先生、Kisoryeong先生の『俺だけレベルアップな件』第63話のネタバレ。

前回の話では、ランクの再判定のため、旬はハンター協会を訪れます。水晶の前で判定を待ちますが、何度やっても旬の測定はエラーで判定不可能です。魔力が測れない旬はS級で、再測定は3日後です。近くで犬飼と話していた最上は、騒ぎに気が付き、旬の元へと向かうのでした。

前回ネタバレ
俺だけレベルアップな件
俺だけレベルアップな件【最新62話ネタバレ】再測定を受ける旬

ピッコマで連載してるDUBU先生、Chugong先生、Kisoryeong先生の『俺だけレベルアップな件』第62話のネタバレ。 前回の話では、メトゥスを倒し、呪われたランダムボックスの鍵を入手します。 ...

続きを見る

それでは、『俺だけレベルアップな件』第63話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『俺だけレベルアップな件』第63話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『俺だけレベルアップな件』ネタバレ一覧はこちら

『俺だけレベルアップな件』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

俺だけレベルアップな件 第63話のネタバレ!

ドアの所に現れた最上を見たスカウトたちは「最終兵器と呼ばれる男がどうしてここに!?」と驚く。

(あの人が最上真?)

最上真は火炎系魔法の頂点であり、魔法一つで軽々とビルを吹き飛ばすがゆえ、最終兵器と呼ばれるハンターだ。

旬(俺のあだ名の大元)

スカウトたちは、「ハンタースに入ることになってるのか?」「ハンタースは知ってたってこと?」「ハンタースの代表が直々に迎えに来るとは…」とコソコソと遠くから2人を見つめる。

犬飼(水篠ハンター…?本当にS級だったのか!?

驚く犬飼に対し、最上には測定不能や機械のエラーと叫ぶ騒ぎ声が聞こえていたのだ。

最上(あの男が10人目の…)

測定器がなくとも、目の間にいる旬が間違いなくトップレベルのハンターだということを最上は感じる。

最上(三日も待つ必要などない)

旬の方へと最上は歩み寄った。

最上「ハンタース代表の最上真と申します」

自己紹介し、旬の入るギルドについて訪ねようとした最上だが、「すみませんが急ぐので」と旬は横を通り過ぎる。

スカウトたちは「なんだ?」「まさか最上代表が断られたのか?」と驚く。

旬(三日後に最審査か…)

今の旬は悪魔城に行き治療薬を作るなど、やることは山積みなのだ。

 

最上を無視した旬と、駆けつけた大虎

最上「犬飼課長、僕ちゃんと彼にハンタースの最上だって名乗りましたよね?」

ゆっくりと最上は旬が出ていったガラスドアを振り返る。

最上(どうやら僕は自惚れていたようだ…)

ドアの方を見るが、すでにそこに旬はいない。

最上「音もなく消えてしまいましたね、暗殺系のハンターのようです」

もしも最上が旬を確保すれば、ハンタースはS級を三人持つことになり、日本はもちろん、世界トップクラスのギルドになれる。

最上が見つめていた入り口に大虎が現れた。

大虎「最上代表?」

最上「白川社長がどうしてここに…?」

大虎は最上に気がついた途端に唇を噛み悔しそうな表情を浮かべた。

白虎ビルからハンター協会までそれほど遠くないのだが、大虎が息を切らしているということは、変身して駆けつけたということだ。

最上(なるほど、白川は知っていたのか、ここで何が起こるのかを)

大虎が知っていたとなると、白虎ギルドの訓練中に起きた事故の“謎の助力者”が関係しているのか、と最上は考える。

最上(…見つけた、あの男だ)

そして大虎は旬に何もしなかったのではなく、何も出来なかったのだと思う。

最上(手懐けることができない性格だというのは、さっきの態度を見ればわかる)

大虎は(クソッ、遅かったか?よりによってこいつに知られるとは)と舌打ちをし、(面倒なことになった)と思うのだった。

 

旬は病院の母の元へと寄っていた。

母親は今にも目を覚ましそうな顔をして眠り続けている。

病名は“溺睡症”。

ゲートの出現後に見られるようになった病で、覚めることなく眠り続けるのだ。

旬「俺が必ず助けるから、もう少しだけ待ってて」

もっと強くならなければ、と旬は考える。

悪魔の城の中間のボスのレベルから見て、頂上のボスには敵うわけがなかった

犬飼「あの日、二重ダンジョンのモンスターを倒したのはあなただったんですか?」

病室から出た旬を犬飼が待っていた。

 

犬飼が訪ねてきた理由

犬飼「お陰で僕の目はあてにならないということに気づけました」

そんな犬飼に「またお会いしましたね」と旬は言う。

監視課の任務は、モンスターではなく人間の相手をすることであり、ハンターを監視し、法を犯す者がいれば処罰するのが役目なのだ。

それを聞いた旬は「監視課のお世話にならないようにしなきゃいけませんね」と言いながら犬飼の前を通り過ぎようとする。

しかし犬飼が言いたかったのは、監視課はハンターを取り締まることができる唯一の存在だということだ。

犬飼「そんな僕らもS級の前では無力ですが…」

旬に会いたがっている人物がいるので一緒に来て欲しいと申し出る。

犬飼「ハンター協会会長、後藤清臣がここに来ています」

そう言って廊下の奥を示すのだった。

 

旬(この人が…)

犬飼に案内され、旬は後藤の元を訪れた。

後藤「水篠ハンター、はじめまして、後藤清臣と申します

差し出された手を旬も握り返し、2人は座って話を始めた。

後藤は80を過ぎているが、引退したレスラーや関取のような体格をしていて、しかもS級覚醒者だ。

(ただ者じゃないな)

そんな旬に「S級判定、おめでとうございます」と後藤は言う。

しかし再測定判定がでただけで、S級に判定されたのではない。

後藤「実は再測定はさほど意味がないのですよ」

精密測定器は測定結果を細分化する機械であって、ランクを測るための道具ではないのだ。

上のランクの測定が可能だったなら、SS級やSSS級、ときりがないからだ。

旬「それじゃ、どうして…」

再測定というものがなぜ必要なのかと旬は聞いた。

後藤「猶予期間です」

それはハンター協会が旬のような者に、誰よりも先に会うことができるように、時間を稼いでいるのだ。

誰もが知っている通り、協会は規模の割には犬飼のような優れたハンターが多くはない

大型ギルドに行けば収入と名誉が保証されるため、協会に来たがる者は少ないのだ。

後藤「大型ギルドの精鋭攻撃隊のメンバーの名前は知られていても、犬飼の名を知る人はそう多くないでしょう」

犬飼はA級の中でもトップクラスのレベルなのだ。

後藤「そこで我々は本当に優れた覚醒者が協会を訪ねてきたときに備え、小さな仕組みを作っておきました」

それが再測定のことなのかと旬は思う。

後藤「単刀直入に言いましょう」

そう前置きして、後藤は話をする。

後藤「我々は企業ではないため、巨額を支給することはできませんが、その代わり、別の道に導くことはできます

旬はその意味を尋ねる。

後藤「水篠ハンターに…また違った力を授けることができるということです

両手を広げ、後藤は語るのだった。

 

>>『俺だけレベルアップな件』第64話ネタバレに続く

Sponsored Links

俺だけレベルアップな件など漫画を無料で読む方法

以上、『俺だけレベルアップな件』第63話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『俺だけレベルアップな件』を読むことができますよ

ピッコマなら無料で読める

俺だけレベルアップな件を無料で読む

※色々な漫画が用意されています

また、下記のような動画配信サービスを利用すれば、コミックも2~3冊無料で読めます。

サービス一覧
U-NEXT FOD music.jp
ポイント特典

600P / 40%還元

1200円以上購入で40%還元

1300P / 20%還元

8の付く日に400Pずつ

600P / 25%還元

まとめ買いで最大25%還元

無料期間
31日間 1ヶ月間 30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分は無料で漫画が読めます!
公式サイト 公式サイト 公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『俺だけレベルアップな件』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、俺だけレベルアップな件以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

俺だけレベルアップな件 第63話の感想・考察

すんなりと最上を無視した旬。

旬の今の目的は、母親へ飲ませる薬を作ることと、そのためのレベルアップですから、ギルドに所属するという事は考えていないのでしょうね。

それにどんどんレベルアップしていけば、ギルドに所属しなくても、自分一人でダンジョンに乗り込んで、影の軍団を使ってボスを倒すこともできます。

一人ギルドをつくっても良いのです。

しかし最上と大虎はまだまだ追いかけてきそうです。

そんな旬にハンター協会からも声がかかりました。

会長はS級の後藤で、元気そうですがもうお年のようですから、後継者を探していたのかもしれません。

収入と名誉は大型ギルドに行けば手に入ります。

後藤の言う違った力というのは何のことでしょうか。

次回更新され次第、『俺だけレベルアップな件』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『俺だけレベルアップな件』第63話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA , 2020 All Rights Reserved.